未経験からWEBデザイナーになるには?【在宅・フリーランスで働く】

未経験からのWEBデザイナー転職

IT業界の仕事の中でも華やかなイメージのWEBデザイナー。有名ブランドのおしゃれなWEBサイトからECサイトや情報サイトまで、インターネット上の多くのWEBサイトはWEBデザイナーがデザインしたものです。

プログラマーやエンジニアと比較し、IT知識だけでなくデザインセンスや流行への感度も求められるWEBデザイナーの仕事ですが、未経験からでも比較的転職成功しやすい職種で、正社員だけでなくフリーランスとして独立、在宅勤務、アルバイトも可能で、他のIT職種に比べ女性人気が高い点も特徴。

このページでは未経験からWEBデザイナーになるには?と題し、おすすめの転職成功方法やWEBデザイナーの仕事内容、必要なスキル・資格、給与・年収、転職成功事例をまとめました。同時に未経験からのWEBデザイナー転職でおすすめのスクールや転職エージェントも紹介します。

未経験でもなれる?WEBデザイナーの仕事とは

WEBデザイナーの仕事は主にWEBサイトのデザインや、それに関連する業務で、スマホアプリのデザインをWEBデザイナーが担当することも。未経験でもWEBデザイナーになれるのか、具体的な仕事内容や給与・年収、必要なスキル・資格を紹介します。

主な仕事はWEBサイトやアプリのデザイン制作業務

WEBサイト制作の過程で、WEBデザイナーは画像作成やページデザインの制作業務を担当。データベースやプログラムなどのシステム開発部分はWEBエンジニアなどのプログラマーが担当しますが、WEBサイトの仕組みの中でも、HTMLやCSS、JavaScriptに関連するプログラムの制作・修正はWEBデザイナーがかかわります。またWEBサイトだけでなく、スマホアプリの開発などでも同様です。

以下、一般的なWEBサイト制作の流れに沿ってWEBデザイナーの仕事を確認します。

  1. WEBサイトやスマホアプリの企画・設計
  2. 主要ページのデザイン制作
  3. デザインの決定
  4. 画像・テキストなどのコンテンツ作成
  5. HTML、CSSのコーディングやJavascriptによるプログラムの作成
  6. テスト公開
  7. 公開・運用

WEBサイト制作では、まずサービス目的を明確化、全体の画面構成や画面遷移図、各画面の簡単なレイアウトのラフ案をまとめるなどの業務は、WEBディレクターやプロディーサーやマーケティング担当者などが主に行い、WEBデザイナーはこれらの資料に基づきWEBサイトの各ページのデザインを制作します。

通常、WEBサイトの主要ページでデザイン案を複数制作し、それらをクライアントにデザイン案として提示、必要に応じて修正してデザインを決定します。このデザイン確定後に、WEBデザイナーはHTML、CSSによるコーディングに進みます。

またWEBサイトに掲載する画像などもWEBデザイナーが適宜加工し、アイコンやバナー画像を制作します。各ページのテキストコンテンツなどはライターなど別の担当者が制作しますが、これらのテキストコンテンツをコーディング済みのページに流し込み各ページを制作する業務はWEBデザイナーが担うことが多い業務です。

制作したWEBサイトをテスト公開した後は、各ページや画像のリンクに記述ミスが無いか、誤字脱字や文字化けなどの不具合がないかを確認し、問題がなければ本番環境にアップ、一般に公開します。

公開後の運用でも、ページ追加や各種キャンペーンに合わせたランディングページ制作など、WEBデザイナーが必要とされる業務があります。またWEBサイトのデザインには流行もあり、一般的には一定年数が経過後にデザインのリニューアルも。ECサイトなどでは、季節やキャンペーンに合わせてトップページ画像を入れ替えるなどの業務もあります。

WEBサイトのデザインの構成要素について

WEBサイトのデザインは1枚の画像としても制作できますが、実際はいくつかの要素で構成されます。WEBページの基本となるプログラミング言語・HTMLはWEBサイトに表示する文字や画像を指定する要素で、CSSはWEBサイトのデザイン情報をまとめた要素です。静的なWEBサイトであれば、HTML内にテキストコンテンツを記述し、CSSでフォントや背景などをデザインします。また、スライドショーなど必要に応じてJavaScriptを使用して動的なコンテンツを埋め込むことも可能です。

またプログラム開発やシステム開発を必要とするWEBサイトでは、HTMLやCSSなどのデザインに加え、JavaやPHP、Rubyなどのプログラム言語による開発が必要です。プログラム言語により、プログラムをHTMLに直接埋め込むタイプや、外部プログラムを呼び出すタイプがあり、どのような仕組み・システムのWEBサイトかにより、WEBデザイナーの業務範囲が若干異なる場合もあります。

このためWEBデザイナーの仕事はWEBサイトのデザイン制作業務が主ですが、ある程度IT・システム開発の知識を持ち、WEBエンジニアやプログラマーともコミュニケーションを取りつつ、各プロジェクトごとにWEBデザイナー業務の範囲を確認しながら仕事を進めることも求められます。

WEBデザイナーに必要なスキルや資格・専門知識

WEBデザイナーはセンスが問われるデザインの仕事であると同時に、各種ツールを使いこなせたり、各種プログラミング言語知識も必要な専門職。需要も高く、スキルがあれば学歴不問で、新卒・第二新卒や未経験でも就職・転職が可能ですが、未経験からWEBデザイナーになるために必要なスキルや資格・専門知識を以下で解説します。

ADOBE PhotoshopやIllustratorを使った画像加工・制作の知識

WEBデザイナーの主な仕事の1つが画像の加工やバナー・アイコンなどの制作で、これら画像処理にはADOBE社のPhotoshopやIllustratorを使用することが多く、これらのソフトウェアを自在に扱えるスキルや知識が不可欠。画像加工だけでなく、WEBサイトのデザイン案もこれらの画像編集ソフトで制作します。

未経験からWEBデザイナーになるには、PhotoshopとIllustratorの習得は大前提。スマホでの写真加工が趣味という人でも、WEBデザイナーを目指す場合はさらに高いレベルのスキルが必要です。

HTMLやCSS、JavaScriptを使ったWEBサイトのデザイン・コーディングスキル

WEBデザイナーはチラシやポスターのデザインとは異なり、デザインをHTML、CSS、JavaScriptを使用してブラウザ上で表現するスキルが必要です。デザインを重視し過ぎるとHTMLやCSSでのコーディング難易度が高くなりすぎたり、意図せずユーザビリティやSEOに悪影響を出す場合も。WEBサイトや各ページの目的に応じて、ユーザーが使いやすいデザインを考え、それをHTMLやCSSでコーディング・実現することがWEBデザイナーの役割です。

HTMLやCSSは定期的に仕様が変わり、ブラウザのバージョンによって見え方が異なる場合も。このためWEBデザイナーは、HTMLやCSSの最新知識を絶えず学ぶ必要があるほか、各ブラウザの仕様の違いなどについての知識も必要です。

WEB関連の資格では初の国家資格!ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定

WEBデザイナーはポートフォリオなど作品をベースにスキルを判断されることが多く、未経験からのWEBデザイナー転職で必須の資格はありません。画像処理ソフトのIllustrator、Photoshopの能力認定試験もありますが、これらはある程度のスキルを持っていることが前提のもの。

一方、WEBデザイナーに関する資格として、国家資格・ウェブデザイン技能士があります。ウェブデザイン技能士はマークシート方式の筆記試験と課題選択方式による実技試験で構成され、1級~3級の3段階に分けられたウェブデザイン技能検定に合格と得られる資格。インターネットの仕組みなどWEBの基礎知識、知的財産権、HTMLやCSSなどのプログラム言語の知識などWEB制作にかかわる知識と技能を幅広く問われます。

ウェブデザインという名称の資格ですが、デザインスキルだけでなくWEBの基礎知識やスキルを確認する内容で、WEBデザイナーだけでなくWEBディレクターやプロデューサーなどを目指す方にもおすすめの内容。一方、WEBデザイナーは技能士資格よりもポートフォリオの評価も大切で、資格取得の時間はポートフォリオ作成に使ったほうがよさそうです。

このほか、色に関する幅広い知識や技能を図る色彩検定は、WEBデザインの実務にも役立つ知識を習得できます。商工会議所主催のカラーコーディネーター検定試験もデザイン未経験者がWEBで使用する配色の学習に有効。WEBに関する民間試験もありますが、未経験者のWEBデザイナー転職に有利というより、自分の知識の確認用に取得をする人が多いようです。

WEBデザイナーの給与・平均年収~IT業界の他職種との比較

WEBデザイナーの給与や年収は他のIT系職種やインターネット関連職と比較して高いでしょうか?以下、経済産業省の「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」(2017年)から、WEBデザイナーや他のインターネット関連職種の平均年収の比較結果を紹介します。

職種 平均年収
コンテンツクリエイタ・デザイナー 411.0万円
(インターネット関連企業の)営業・マーケティング 682.1万円
WEBサイトのプロデューサー・ディレクター 792.9万円
エンジニア・プログラマー 592.2万円
(インターネット関連企業の)顧客サポート・ヘルプデスク 390.9万円

WEBデザイナーの平均年収は411万円と、他のIT業界の職種(営業・マーケティングやプロデューサー、エンジニア・プログラマー)と比較して低いのが実態です。ただし、WEBデザイナーはフリーランスや在宅ワーカー、副業やアルバイトなど案件単位で給与を得る人も多く、他職種と比較して正社員などフルタイムで働く人が少ないために平均年収が低く出ている可能性も考えられます。

いずれにせよWEBデザイナーになれば高収入という訳ではなく、WEBデザイナー転職後もスキル・能力を高める努力と勉強の継続が年収アップに必要と言えそうです。

未経験からフリーランスのデザイナーとして独立、在宅勤務も可能

一方、他のIT職種と比較してWEBデザイナーの場合は、実務経験が少ないIT業界未経験の状態でもフリーランスのデザイナー、副業やアルバイトで仕事ができる機会が多いのが特徴。独学やスクールでWEBデザインスキルを習得後、独立して在宅勤務も可能な点が魅力です。

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスでは、個人で請負可能なWEBデザイン案件も多く、未経験でも積極的に応募すれば案件を獲得できる可能性があります。もちろん、自分のWEBデザインスキルのPRや魅力的なポートフォリオ作成が必要ですが、自分で働き方を選びやすい点はWEBデザイナーの仕事のメリットです。

未経験からWEBデザイナーになるためにおすすめの成功方法

ここではWEBデザインを学ぶ方法や転職エージェントの利用など、未経験からWEBデザイナーになるためにおすすめの成功方法をまとめました。

独学でWEBデザインを勉強、派遣社員やアルバイトとして経験を積む

独学でWEBデザインを勉強し、未経験からでも派遣社員やアルバイトで、WEBデザイナーの仕事に就く方法もあります。費用は抑えられる反面、実務に必要なWEBデザインスキルや最新動向を得るのが難しく、費やす時間の割に成果が出にくいデメリットも。

特に未経験から独学で勉強すると、WEBデザインの成果物や自分のスキルについて客観的な評価を得られず、結果的にWEBデザイナー求人に応募しても採用されにくい場合もあります。また仕事が得られても時給や単価が低い場合もあり、他の方法に比べ独学でWEBデザインを勉強する場合はじっくり時間をかけて実務経験を積む必要がありそうです。

おすすめのプログラミングスクールでWEBデザインを学ぶ

未経験からWEBデザイナーになるには、プログラミングスクールでWEBデザインを学ぶ方法が最も効率的でおすすめです。特に、IT業界やWEBサイト・インターネットの知識が少ない場合、WEBデザイナーの仕事で必要なパソコンのスペックやソフトウェア、環境設定など1から教えてくれるスクールを利用すれば、未経験でも短期間に実践で活躍できるスキルを習得可能です。

またプログラミングスクールでWEBデザインを学ぶ方法は、システム開発やSEO、マーケティングなども意識した実践的なWEBデザインを学べる点もおすすめの理由。さらに就職・転職サポートがあるスクールであれば、修了後、すぐにWEBデザイナーとして仕事を始めることも可能です。

以下、当サイトおすすめのWEBデザインを学べるプログラミングスクールを紹介します。

最短4週間でデザイナーのスキルを習得!TechAcademy(テックアカデミー)

テックアカデミー・WEBデザインコース

オンライン完結型でプログラミングやアプリ開発が習得可能と評判のテックアカデミー(TechAcademy)はWEBデザインコースも人気。パーソナルメンターが付き、週2回のマンツーマンレッスンで短期間にオリジナルWEBサイトが公開できるレベルまで指導します。

テックアカデミーのWEBデザインコースは、未経験でWEBデザイナーになりたい人はもちろん、デザインの基礎を学びたいWEBエンジニア、デザインスキルをレベルアップしたい既存のWEBデザイナーも利用するレベルの高いコース。質問にすぐ回答してもらえるチャットサポートや回数無制限の課題レビューも好評です。

また、通学型のWEBデザインスクールは教室が東京のみの場合が多い一方、オンライン完結のテックアカデミーなら地方から受講可能な点もメリット。WEBデザイナー求人やフリーランス案件は在宅可能なものもあり、東京以外の大阪、福岡や名古屋在住の方でも受注可能。オンラインスクール完結型なら地方在住はデメリットになりません。

デザインの基本原則からHTML、JavaScript、画像加工までWEBデザイナーに必要な知識を未経験から最短4週間で習得可能なテックアカデミーのWEBデザインコース。受講開始日が決まっているので、気になる人は早めのお問い合わせで席を確保するのがおすすめです!まずは公式サイトで詳細を確認、オンラインの無料体験レッスンも受講してみましょう。

未経験のためのWEBデザイナー養成スクール!テックキャンプ・デザイナー転職

テックキャンプ・WEBデザイナー転職

テックキャンプ・デザイナー転職未経験から10週間でプロのWEBデザイナーを目指すWEBデザイナー養成スクール。デザインやコーディングの学習だけになりがちなWEBデザイナースクールが多い中、WEBサイトの企画・設計から学べる実践的なカリキュラムが受講可能です。

テックキャンプ・デザイナー転職の特徴は、条件を満たせば、WEBデザイナーとして転職できなかった場合に授業料金が全額返金される点。学習完了後の転職支援も徹底サポートされ、未経験からでもプロのWEBデザイナーを目指して学習に集中できます。

東京の渋谷にある教室とオンラインの両方でWEBデザインを学べて、専属ライフコーチによるアドバイスで挫折せずに継続できると評判のテックキャンプ・デザイナー転職。未経験からWEBデザイナーを目指す方は、無料カウンセリングで詳細を確認してみるのがおすすめです。

テックキャンプ・デザイナー転職コースのおすすめ理由や評判・口コミ

東京のWEB制作会社で実務に近いスキルを学べる!デジタルハリウッドStudio by LIG

デジタルハリウッド STUDIO by LIG

デジタルハリウッドStudio by LIG(デジハリLIG)は7万人のクリエイターの卒業実績があるデジタルハリウッドと東京にあるWEB制作会社の株式会社LIGが業務提携して実現した実践的なWEBデザイナー養成スクール。未経験でも卒業後にWEBデザイナーとして就職・転職や独立できると口コミでも評判です。

デジハリLIGの特徴は、実際の制作現場で必要なデザインスキルを現役WEBデザイナーから直接学べる点。単なるWEB制作でなく、他のスクールでは教えない現場で本当に必要な技術を習得可能で、制作現場であるLIGのオフィスも近く、IT・WEB業界に広いネットワークがあるから転職・就職にも有利です。

デジハリLGIのカリキュラムは前半3ヶ月でWEBデザインの基礎を学び、後半3ヶ月は卒業制作の形でWEBサイト制作の一連の流れを体験できる内容。この間にポートフォリオを作成する人も多く、卒業後は未経験からWEB制作会社へのデザイナー転職やフリーランスで活躍する人材を多く輩出しています。

通学とオンラインの組み合わせで受講するため東京以外の方は利用が難しい点と、やや受講料金が高い点がデメリットですが、未経験から即戦力の技術を得られるのは大きなメリット。効率的にWEBデザイナーに必要なスキルを習得したい方はデジハリLIGのオンライン無料説明会への参加がおすすめです!

デジタルハリウッドStudio by LIG(デジハリLIG)のおすすめ理由や評判・口コミ

未経験OKの求人探しには大手やIT専門転職エージェントの利用がおすすめ

独学やプログラミングスクールでWEBデザインを学習後、WEBデザイナー実務未経験でもOKの求人探しでは、大手転職エージェントやIT専門転職エージェントの利用もおすすめです。求人情報が豊富な大手転職エージェントには、未経験歓迎求人も多く、IT業界専門の担当カウンセラーがおすすめの求人を紹介してくれます。またIT業界専門転職エージェントでは非公開案件も多く、専門性の高い求人が見つけられます。

未経験でも応募可能!経験不問のWEBデザイナー求人例

未経験でも応募可能な求人は、どんなスキルや条件を求められるのでしょうか?大手転職エージェントで実際に募集されている、具体的なWEBデザイナー求人例を紹介します。

募集職種 WEBデザイナー
勤務地 東京
給与・年収 310万円~420万円
応募資格 Photoshop、Illustratorの使用経験(ただし実務経験は不問)、ポートフォリオの提出は必須
仕事内容 各種制作物のデザイン制作(入社後は1人1人にメンターが付き、OJTで業務を学べます)
未経験OKでもツールの使用経験やポートフォリオの提出が採用の条件

上記の求人情報ような未経験OKのWEBデザイナー求人を見つけることはできますが、実務経験不問の求人案件でもPhotoshopなどの画像加工ソフトやデザインツールの使用経験やポートフォリオの提出は採用の必須条件。もちろんWEBページデザインの実務経験があれば歓迎されます。

つまり未経験歓迎・実務経験不問のWEBデザイナー求人に応募は可能な一方、Photoshop、Illustratorの基本操作の習得は必須で、また企業に採用されやすいポートフォリオはどのような内容かは事前に把握が必要です。

この点、転職エージェントを利用すれば提出する応募書類にアドバイスがもらえたり必要な面接対策も。またプログラミングスクールを利用すればWEBデザイナー就職・転職で活用可能なポートフォリオ作成まで指導してもらえる点がおすすめです。

応募書類の添削や面接対策などのサポートも転職エージェントの利用メリット

WEBデザイナー転職で転職エージェントを利用するメリットには、応募書類の添削や面接対策などの転職サポートが挙げられます。転職エージェントのコーディネーターは業界経験者が多く、会社の採用担当者が求める応募者をよく理解しており、個々に合う仕事紹介だけでなく、応募書類の添削や転職活動へのアドバイスにより採用・内定率が高まります。

転職エージェントは経験者向けと考える方もいますが、未経験者だからこそ丁寧なサポートのある転職エージェントの活用が、WEBデザイナーとしての転職成功におすすめポイントです。

未経験からのWEBデザイナー就職・転職の成功事例

未経験からWEBデザイナーになるためにおすすめの方法を紹介しましたが、実際に未経験からのWEBデザイナー就職・転職の成功事例も多数あります。以下で代表的な事例を紹介します。

IT業界未経験の女性主婦がフリーランスのWEBデザイナーとして活躍

IT業界もWEBデザインも全くの未経験で旅行業界勤務だったAさんは、自社でWEBサイト制作にかかわったことをきっかけにWEBデザイナーを目指し始めました。まずはプログラミングスクールに入学、実践的なカリキュラムでWEB制作の基本を学び、IT・WEB業界の知り合いができたことがよかったと言います。

スクール卒業後からフリーランスのWEBデザイナーとして仕事をこなし、現在はWEB制作会社で勤務中。女性としてWEBデザイナーになって良かった点は、結婚・出産を経て主婦になった後も同じ仕事が続けられていることだそう。実務未経験からWEBデザインの世界で活躍、成功された事例です。

一般事務の派遣社員からWEBデザイナーとして転職

派遣社員で一般事務をしていたBさんは、家庭の事情で在宅勤務可能な仕事を探す中、WEBデザイナーに興味を持ったそう。IT業界未経験でしたが、一念発起して独学でWEBデザインを勉強。未経験でWEBデザイナーとしての転職活動には不安があったため、IT業界に強い転職エージェントに登録、活用されたそうです。

独学でWEBデザインスキルを高め、転職エージェントのアドバイスをもとにポートフォリオを作り込み、実務未経験にもかかわらず採用企業に高評価され、見事WEBデザイナー転職に成功しました。

まとめ:未経験からWEBデザイナーになるには

WEBデザイナーは性別や年齢に関係なく、やる気とスキル次第で就職・転職や、独立・フリーランスも目指せる職業。特に女性は、結婚や子供ができてもキャリアを諦める必要はなく、在宅でも続けられるおすすめの仕事で、アルバイトから正社員まで幅広い求人があるのも魅力。

独学でもWEBデザインは学べますが、WEBデザイナー養成スクールなどを利用、効率良く技術習得やポートフォリオ作成を進めることが未経験からWEBデザイナーになる近道。プログラミングスクールの無料説明会・無料体験レッスン、転職エージェントの無料相談に参加、まずは第一歩を踏み出すことがおすすめです!