Swift・スマホアプリ開発でおすすめのプログラミングスクール4選

Swift・スマホアプリ開発を学べるプログラミングスクール

日常生活に欠かせないスマホですが、SNSやメッセージのアプリや買い物・生活の便利アプリなどの利用が増え、日々新しいスマホアプリが増加。今後もスマホアプリ市場は拡大傾向で、アプリ開発エンジニアの需要も高い見込みです。

スマホアプリ開発で使用される主なプログラミング言語はJava、Swift、Kotlinなど。中でもAppleが開発したMac OSやiOSなどのアプリ開発用言語・Swiftは初心者でもプログラミングスキルを習得しやすい点が特徴で、プログラミングスクールで学ぶ人も増えています。

このページではプログラミング言語・Swiftの概要や特徴について紹介、Swiftやスマホアプリ開発を学べるおすすめのオンラインプログラミングスクール4校の料金やコース内容を比較します。

Swiftやスマホアプリ開発のプログラミングスクール選び・おすすめの方法

iPhone向けのスマホアプリ開発を学習したい人が増え、Swiftを学べるプログラミングスクールも増加。まずはプログラミング言語・Swiftの特徴や人気の理由、Swiftやスマホアプリ開発を学べるプログラミングスクールの比較でおすすめの方法を紹介します。

SwiftはAppleが開発したiOSなどアプリ開発向けプログラミング言語

Appleが2014年に発表、2015年にオープンソース化されたSwiftは、従来のApple製品のアプリ開発で使用されていたObjective-Cに代わるプログラミング言語。SwiftはObjective-Cと互換性もあり、Objective-C++、C言語と混在も可能で、使い勝手の良さが特徴の習得しやすい開発言語です。

2020年現在、SwiftはiOSやmacOS、Linuxに対応、Apple製品のiPhone・iPad(iOS)、iMacやMacbook(macOS)、 Apple Watch(watchOS)、Apple TV(tvOS)で動作するアプリ開発向けに使われています。

日本のスマホシェアはAndroidよりもiPhoneが高く、iPhoneアプリ開発の需要は今後も増加する見込みで、将来的にSwiftはWEBアプリ開発に使用される可能性も。一方でSwiftが使えるエンジニアは比較的少なく、プログラミングスクールでのSwiftのプログラミングスキルの習得は、就職や転職に有利な面もあります。

Swiftを使えるエンジニア・プログラマーは高収入で転職ニーズも高い

海外の最新のプログラミング言語別年収調査でもSwiftは上位で、日本だけでなく世界的にもSwiftを使えるエンジニアやプログラマーの転職市場でのニーズが高い様子。プログラミングスクールなどでSwiftを習得、スマホアプリの開発経験を積めば高収入のエンジニアやプログラマーとして転職を目指すことも可能です。

Swiftは初心者も学習しやすい点が特徴でプログラミングスクールでも人気

Swiftの特徴はコードが読み書きしやすい設計で、他のプログラミング言語の良い部分が取り入れられた言語。Swiftはコードを理解しやすく、習得難易度も比較的低いため初心者でも学習しやすい点が特徴のプログラミング言語です。

また一部のプログラミング言語では使用前に複雑な環境構築が必要ですが、Swiftは初心者でも簡単に開発環境の準備ができる点も特徴。App Storeで無償提供中のmacOS専用の開発ツール(統合開発環境)・Xcodeをダウンロードすれば、すぐにSwiftを使ったmacOSやiOSのアプリ開発に取り組めます。

Xcodeを使うと直感的にテキストやボタンの配置ができ、書いたSwiftのコードを即座に実行、時間をかけず動作確認も可能。XcodeによりSwiftでのプログラミングやアプリ開発を簡単に実現できます。

このためオンラインプログラミングスクールでも学びやすい点がSwiftの特徴で、スマホアプリ開発に興味のある方に人気の言語です。

Andoroidアプリの開発にはJavaのプログラミングスキルが必要

同じスマホアプリでも開発言語はオペレーティングシステムにより違い、iPhoneなどiOS向けアプリではSwiftが使用される一方、Android向けスマホアプリではJavaがよく使われ、開発にはJavaのプログラミングスキルが必要です。

Javaは汎用性が高く、スマホアプリ以外にもゲームやWEBアプリなどで広く使われる言語で、転職サイトの求人案件も多い点が学ぶメリットですが、Swiftと比較すると習得難易度の高い言語。さらにJavaのプログラミングには環境構築が必要で、初心者には難しい作業です。

以上の理由から、プログラミング未経験でスマホアプリ開発を勉強したい人におすすめの言語はSwift。Javaを勉強したいプログラミング初心者の場合は、学習サポートが充実した評判の良いプログラミングスクールの受講がおすすめです。

教室・通学かオンラインかプログラミングスクールの受講形式を選ぶ

Swiftを使ったiPhoneアプリ開発を学べるプログラミングスクールを選ぶ際、まず確認すべきが受講形式。教室へ通学するプログラミングスクールや、オンラインのプログラミングスクールがありますが、住んでいる場所や生活スタイルでおすすめの受講形式が変わります。

通学型プログラミングスクールの良さは対面で講師に質問でき、すぐに回答をもらえたり、他の受講生と交流して学習モチベーションを維持しやすい点。コンピュータ操作に自信がない初心者や、直接指導を受けたい人におすすめですが、教室の場所や受講時間の制約もあり、通学時間・費用も含めた検討が必要です。

一方、オンラインでSwiftを学べるプログラミングスクールは場所を選ばず、どこでも受講でき、自分の都合の良い時間や隙間時間を利用して学習できる点がメリット。多くのオンラインスクールがチャットでの質問対応などオンラインでの学習サポートを提供しています。

プログラミングスクールヘの通学が難しい地方在住者、在職・在学中、また子育て中で忙しい方にも受講しやすいおすすめはオンライン完結型のプログラミングスクールです。

複数のスクールの無料体験レッスンに参加、学習内容を比較する

Swiftやスマホアプリ開発を学べるプログラミングスクールを選ぶ際に一番おすすめの方法は、複数のスクールの無料体験レッスンに参加して学習内容を比較すること。講師やカリキュラム、教材、レッスンの雰囲気を実際に体験して確認できるので、まずは説明会や無料体験レッスンへの参加がおすすめです。

またプログラミングスクールの無料体験レッスンでは、Swiftの学習方法や受講内容について現役エンジニアに直接質問できる場合も。WEBサイトの説明では分からないSwiftの開発や学習ポイントなども質問でき、実際に無料体験レッスンを受けてのプログラミングスクールの比較がおすすめです。

Swiftコースの評判・口コミが良いプログラミングスクールかを確認

各プログラミングスクールがSwiftの学習におすすめかを判断する方法は、受講経験者による評判や口コミ情報の確認。ネット上の受講体験や感想などから、各プログラミングスクールの良い面や悪い面が分かります。

例えばTwitterの口コミを確認すると、下記のようにオンラインプログラミングスクールのテックアカデミー(TechAcademy)でSwiftコースを受講する方の口コミを確認でき、評判の良い様子が分かります。

Swift・スマホアプリ開発でおすすめは、いつでも都合の良い時間に学べるオンラインのプログラミングスクールで、口コミの評判も良い下記4校。いずれも無料体験や無料説明会があり、参加がおすすめです!

Swift・スマホアプリ開発を学べるおすすめプログラミングスクール4校

Swift・スマホアプリ開発をオンラインで学べる、当サイトおすすめのプログラミングスクール4校を比較・紹介します。

人気・おすすめオンラインスクール4校のSwiftコース受講料金比較

以下、当サイトがSwiftの学習・習得でおすすめする人気オンラインスクール4校のコース受講期間と料金の比較表です。

Swiftを学べるオンラインスクール 受講期間と料金
TechAcademy・iPhoneアプリコース 4週間(1ヶ月):149,000円
8週間(2ヶ月):199,000円
※学生向けの料金割引あり
CodeCamp・アプリマスターコース 8週間(2ヶ月):178,000円
※他、4ヶ月・6ヶ月コースもあり
侍エンジニア塾・デビューコース 4週間(1ヶ月):99,600円
12週間(3ヶ月):239,200円
※学生向けの料金割引あり
Playground・Swiftコース 入会金49,800円、月額料金550円で利用可能

TechAcademy(テックアカデミー)のiPhoneアプリ開発講座

TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademy(テックアカデミー)が提供するスマホアプリ開発講座・iPhoneアプリコースは、最短1ヶ月の短期集中でSwiftのプログラミングやアプリ開発を学べるコース。受講場所や時間を選ぶ必要がないオンライン完結型プログラミングスクール・TechAcademyは、現役エンジニアの学習サポートも評判で、無料の転職・就職支援も特徴です。

オンラインでSwiftを学び、開発したiPhoneアプリをAppleStoreで公開

TechAcademy(テックアカデミー)のiPhoneアプリコースは、iOSエンジニアとして転職を目指す人にもおすすめの講座。オンラインでSwiftプログラミングを基礎から学び、実際に4つのiPhone向けスマホアプリ開発を体験できる実践型レッスンです。

コース修了までにオリジナルスマホアプリのAppStoreでの公開を目標に学習を進め、自分だけのスマホアプリを開発できるカリキュラムで、TechAcademyはSwiftやiOSのアプリ開発ツールXcodeの他、Git/GitHubやFirebaseなどiPhoneアプリ開発の実務で使えるスキルも学べるプログラミングスクールです。

現役iOSエンジニアのメンターが学習サポート、チャットの質問対応も

TechAcademy(テックアカデミー)が人気オンラインスクールである理由の1つが、現役エンジニアの専属メンターによる学習サポートで、初心者でも安心して受講できると口コミでも評判のプログラミングスクールです。

iPhoneアプリコースでは、Swiftやアプリ開発に精通したiOSエンジニアがビデオチャットでマンツーマンのメンタリング、チャットの質問対応、無制限で課題をレビューするなど手厚い学習指導が評判です。TechAcademyでは1週間の無料体験や無料カウンセリングを実施中で、まずはお試し利用がおすすめです!

\人気のオンラインスクール!/

TechAcademy(テックアカデミー)の評判・口コミやおすすめ理由を徹底解説!

CodeCamp(コードキャンプ)のアプリマスターコース

CodeCamp(コードキャンプ)

受講者のレッスン満足度が94.6%と非常に高いオンラインプログラミングスクール・CodeCamp(コードキャンプ)は、累計受講者数3万人以上で、未経験でも短期間でプログラミングスキルを習得できる学習カリキュラムが特徴。iOSとAndroid両方のアプリ開発が学べる講座、コードキャンプのアプリマスターコースでは、現役エンジニアのマンツーマン指導でSwiftのプログラミングスキルやアプリ開発スキルを習得できます。

プログラミング未経験でもSwiftで自分だけのスマホアプリを開発できる

CodeCamp(コードキャンプ)のアプリマスターコースのレッスンでは、プログラミング未経験でもSwiftを使用した自分だけのスマホアプリ開発に挑戦。課題のアプリ開発を経験しつつ、SwiftのプログラミングやXcodeの使い方、iPhoneアプリの開発方法などのスキルを学びます。

多くのプログラミングスクールのアプリ開発コースではiOS、Androidのどちらかを選んで受講しますが、CodeCampでは1つのコースでSwiftとJavaを学べる点が特徴で、現役エンジニア講師のマンツーマン指導で、自分だけのオリジナルアプリを開発できるオンラインプログラミングスクールです。

CodeCamp(コードキャンプ)受講前にレッスン無料体験がおすすめ

CodeCamp(コードキャンプ)では、受講前にオンラインでプログラミング学習方法を実際に体験できる無料体験レッスンを提供、無料体験レッスンを受けると割引クーポン1万円分の特典もあり、必ず利用がおすすめ。無料体験レッスンに参加して、他のプログラミングスクールとコードキャンプを比較してみましょう。

またCodeCampではレッスン受講や学習サポートの対応時間帯が毎日午前7時~午後11時40分と長い点もメリットで、都合の良い時間に学習しやすい点でもおすすめのプログラミングスクールです。

\初心者でも安心のマンツーマンレッスン!/

CodeCamp(コードキャンプ)のおすすめ理由や評判・口コミ

侍エンジニア塾~マンツーマンでSwiftを学べるプログラミングスクール

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾は日本で初めてマンツーマンレッスンを採用したプログラミングスクール。各受講生ごとのオーダーメイドのオリジナルカリキュラムが特徴で、口コミの評判も良いスクールです。通学・対面授業かオンライン受講を選べ、地方在住者や通学が困難な人にもおすすめ。レベルの高い現役エンジニア講師が多い点も評判です。

基礎からSwiftのプログラミングを習得、スマホ向けのオリジナルアプリを開発したい方におすすめのプログラミングスクールで、最短1ヶ月の受講が可能、比較的料金が安い点もメリットです!

自分だけのオリジナルカリキュラムとマンツーマンレッスンが評判

侍エンジニア塾のメリットは、各自のスキルや目的、受講期間などを基に作成されるオーダーメイドのオリジナルカリキュラム。Swiftを学びiPhoneアプリ開発ができるエンジニアを目指すことが目標なら、そのためのカリキュラムが作成され、Swiftプログラミング、Xcodeの使い方を含むスマホアプリ開発をマンツーマンレッスンで学べます

侍エンジニア塾の多くの講師が実務経験の豊富なエンジニアで、レベルの高い講師が受講生を丁寧に指導、初心者でも安心してSwiftやiPhoneアプリ開発を学習できるプログラミングスクールです。

受講は最短1ヶ月、現役エンジニア講師の指導でオリジナルアプリを開発

侍エンジニア塾では最短1ヶ月の受講が可能で、現役エンジニア講師のマンツーマンの指導でスマホのオリジナルアプリを開発します。実践を通してSwiftのスキルを学びつつ、転職や案件獲得に繋がるポートフォリオの作成も重視する点が他のプログラミングスクールのアプリ開発カリキュラムとの違いで、侍エンジニア塾では要件定義を含め、完全に自分だけのオリジナル開発ができる点が評判です。

侍エンジニア塾は、Swiftを学んで開発したいスマホアプリがある方におすすめのプログラミングスクール。無料体験レッスンもあり、一度参加がおすすめです!

\オリジナルのスマホアプリを開発できる!/

侍エンジニア塾のおすすめ理由や評判・口コミを徹底解説!

Playground~完全オンライン・安い料金でSwiftを習得できるスクール

Playground

Playgroundは他のプログラミングスクールと比較して安い料金でSwiftを習得できる注目のサービス。入会金49,800円と月額料金550円のみで、SwiftプログラミングとiPhone向けのスマホアプリ開発が学べる完全オンラインの学習サービスです。

学ぶよりも速くアプリを作るを重視した学習内容がメリット

他のオンラインスクールと比較して、Playgroundはプログラミング言語Swiftを学ぶというより、速くスマホアプリを作ることを重視した教材が特徴。Swiftの基礎知識の習得に時間をかけず、すぐにスマホアプリを開発できる独自のカリキュラムと学習内容がメリットです。

またPaygroundの運営会社はSwiftによるスマホアプリの受託開発も行う会社。現役エンジニアが実務で得た知識をもとにしたカリキュラムはSwiftに加えてXcodeやFirebaseも学べる内容で、教材が常に最新バージョンの情報に更新されている点も安心。学習中の質問にも現役エンジニアが対応してくれます。

7日間の完全返金保証制度で、無料お試しも可能なオンラインスクール

またもう1つのメリットが7日間の完全返金保証制度で、まずはPlaygroundのサービス・教材を利用、自分に合わないとなった場合も安心。料金が安い上に、最初の7日間は無料お試しも可能なおすすめのオンラインスクールです。

\学ぶより、スマホアプリを速く作リたいなら!/

7日間の無料お試しも可能なPlayground・公式サイトへ

以上、Swiftを学べるおすすめのプログラミングスクールを紹介しました。比較的難易度の低いSwiftは独学での学習も可能ですが、行き詰まった時に質問・解決できない点がデメリット。プログラミングスクールを利用すれば現役エンジニアのメンターのサポートや、開発したオリジナルアプリの公開方法まで学べる点がおすすめです!

他のおすすめプログラミングスクール情報は、別記事「プログラミングスクール徹底比較!2020年のおすすめはどこ?」をご確認ください!