未経験からSE(システムエンジニア)転職を確実に成功させる方法

未経験からのSE・システムエンジニア転職

スマホやIoTなど身の回りのIT化が進む中、従来はIT業界と縁のなかった人でも将来性があり平均年収も高い、SE(システムエンジニア)やプログラマー職種への転職希望者が増えています。

これまで経験者中心だったSE採用も今やIT業界は人材不足。最近は異業種からプログラミングスクール経由で短期間でIT転職を成功させた人や、転職エージェントのサポートで未経験からIT業界に転職などの体験談も増加。以前より知識や経験を重視しないSE求人も増え、未経験からSEを目指す人にはチャンスです。

この記事では未経験からSE(システムエンジニア)転職を確実に成功させる方法を、SEの仕事内容や求められるスキル、転職成功事例からまとめました。合わせて、未経験からのSE転職に欠かせないおすすめの転職エージェントやプログラミングスクールも紹介します。

未経験でも転職可能?SE(システムエンジニア)の仕事内容

高収入や将来性が魅力とSE(システムエンジニア)の転職希望者は増えていますが、SEとプログラマー、他のIT職種との違いが分からないという人も多い様子。初めに、IT業界の未経験者向けにSEの仕事内容や必要なスキル、平均収入などの待遇面を確認しましょう。

SE(システムエンジニア)の仕事は開発だけでなく、業務内容は多岐に渡る

SE(システムエンジニア)の仕事はプログラミングという印象かもしれませんが、プログラミングやシステム開発はSEの仕事の一部で、業務内容は多岐に渡ります。プログラミングはもちろん、顧客との打ち合わせ、システム仕様設計やテスト、場合によっては顧客への請求・回収など、システム開発関連の業務を取りまとめ、スタッフ管理からスケジュール管理まで行うマネージャー的な仕事が、SE(システムエンジニア)の仕事です。

以下、一般的なシステム開発の流れに沿ってSEの仕事を確認します。
 

  1. 要件分析・定義
  2. 基本設計
  3. 詳細設計
  4. プログラミング
  5. テスト
  6. 稼働、運用・保守

要件分析・定義は顧客からのシステム開発要件のヒアリング、基本設計や詳細設計は要件をプログラミングに落とし込むシステム設計です。プログラミングの工程ではSEがプログラマーに指示を出しますが、小規模開発の場合はSE自身がプログラミングすることもあります。

同様にテスト工程もテスト要員や品質管理担当が中心ですが、SEがテストやプログラム修正を行う場面もあります。このように、SE(システムエンジニア)は全体の進捗管理やトラブル対応も含め開発のすべての工程にかかわります。

プログラマーとSE(システムエンジニア)の違いとは

プログラマーとSE(システムエンジニア)の一番の違いは、仕事内容の範囲。プログラミングが中心のプログラマーの仕事にマネジメント業務が加ったのがSEの仕事です。

SEはプログラマーの上位職にあたり、一般的にはプログラマーで入社、数年の経験を経てSEにキャリアアップします。このため未経験歓迎の求人もプログラマーが多く、実際はSE募集の場合もプログラマーから仕事を始めることもあります。

SE(システムエンジニア)に求められるスキルや資格

上記の通り、SE(システムエンジニア)に求められるスキルはプログラミング能力に加え、マネジメントやコミュニケーション能力。対外的なヒアリングや交渉や、開発工程で必要な社内スタッフとのやり取りなど、IT業界の職種の中でもコミュニケーション力を問われるのがSEの特徴です。またシステム開発ではスケジュール管理が重要で、進捗状況の把握、効率的なメンバー配置などマネジメント能力も求められます。

コミュニケーションが得意でない人は、SEよりもプログラマー向きかもしれません。反対にヒアリングが得意な営業経験者などは、IT知識やプログラミングスキルを習得すればSEとしてコミュニケーション能力を活かせます。またSEに限らずIT職種は常に新しい技術や資格取得が必要で、勉強やスキルアップが苦でない人におすすめです。

SE(システムエンジニア)転職に有利な資格は基本情報技術者試験

未経験者でもSE(システムエンジニア)転職を目指す人が持っていたい資格は基本情報技術者試験。年2回しか試験がなく合格率も約22%(2019年5月情報処理推進機構発表データ)の難関試験ですが、試験勉強の過程で情報処理やITの基礎知識を幅広く学べ、合格すれば知識を証明できるIT業界で必須の資格。転職サポートのあるプログラミングスクールを利用せずSEへの転職活動をする場合、持っていれば有利な資格です。

このほか国家試験であるデータベーススペシャリスト、プロジェクトマネージャー試験、システムアーキテクト試験、ベンダー資格であればオラクルマスターやCCNAもSEが持っていたい資格ですが、プログラマーやSE転職後、キャリアアップのための取得もおすすめです。

SE(システムエンジニア)の年収は他のエンジニア職種と比較してどう?

SE(システムエンジニア)の平均年収は高いと言われますが、実際はどうでしょうか?以下、2018年度の賃金構造基本統計調査からSEとプログラマーの平均年収を比較します。

職種 平均年齢 平均年収
SE・システムエンジニア 39.4歳 551.2万円
PG・プログラマー 32.5歳 418.3万円

プログラマーと比較し、SEは平均年齢が約7歳上で勤続年数も12年以上の方のデータで単純比較できないものの、約130万円高いのがSEの年収で、全業種の平均年収と比較してもSEの年収は高めです。

気になるSE(システムエンジニア)の残業時間や労働時間

以前はSE(システムエンジニア)に限らずIT業界は残業が多いと言われました。特に開発納期の期限が近いと徹夜や休日出勤もあり、過酷な労働環境なのではと転職前に不安を感じる声も。

超過実労働時間数(残業時間)も賃金構造基本統計調査で確認できますが、2018年度のデータでは、SEの1ヶ月あたり労働時間は所定の158時間に加え、超過実労働時間数(残業)16時間。全体の平均労働時間は164時間、残業時間が13時間で実際は平均と同程度かやや短め。

ただしSEは在宅作業なども可能で、単純に労働時間が短いと言い切れません。また中小規模の会社は残業が多い傾向や、社内SEは比較的残業が少なめ、主に請負開発の会社は残業が多いなど、会社により残業時間に差があります。IT専門転職エージェントでは応募前に詳細を確認できるので、労働環境を重視する人は転職エージェントの利用がおすすめです。

女性SE(システムエンジニア)の比率は低めだが、実は女性におすすめ

女性がSE(システムエンジニア)転職を目指す際に気になるのが、SEの女性比率。こちらも前述の賃金構造基本統計調査を確認すると、ITエンジニアの男女比は男性82%、女性18%。女性SEは約2割という結果です。

SEは在宅やフリーランスも可能な職種で、プロジェクトによっては労働時間も比較的柔軟で有給が取りやすい場合もあり、ポジション次第でSEも女性にとって働きやすい職種。WEBデザイナーやWEBプログラマーは女性が増加傾向で、今後は女性SEの増加も期待されます。

正社員、派遣エンジニア、フリーランスなど多様なSE(システムエンジニア)の雇用形態

SE(システムエンジニア)の働き方は正社員だけでなく、最近は業務請負会社に勤務、顧客企業のオフィスに常駐で働く派遣エンジニア(客先常駐エンジニア)も増えています。

派遣型の客先常駐エンジニアは未経験でも採用されやすいメリットがある一方、常駐先のないときは給料が減額される場合もあり、安定した収入を得られない場合も。経験のためと割り切り派遣のSEになるのはよいですが、安定した高収入を考えれば正社員のSEが理想です。

またプログラミング能力やシステム開発の実務経験次第では、独立しフリーランスで働くことも可能な点はSEのメリット。派遣エンジニアとして数年経験を積み、正社員に転職、最終的に独立を目指すというキャリアプランが描ける点はSEの特徴です。

未経験からSE(システムエンジニア)転職に成功した事例

以上、SE(システムエンジニア)の仕事は多岐に渡り、転職難易度が高い面もありますが、未経験からSE(システムエンジニア)転職を成功させた事例も増えています。以下で、IT業界未経験者のSE転職成功事例を参考までに紹介します。

販売営業職から大手動画配信会社にSE(システムエンジニア)として入社

Aさんの前職は不動産販売の営業職だったAさんは、将来の独立に役立つとプログラミングスクールを受講し、そこでプログラミングの魅力に目覚めたたそう。プログラミング経験は趣味でHTMLを少し学んだ程度のほぼ未経験の状態から、プログラミングスクールのコースを2ヶ月受講後、スクールのエンジニア転職サポートで見事に大手動画配信会社のSE(システムエンジニア)として内定を得ました。

転職成功の一番の要因は、プログラミングスクールのキャリアアドバイザーのサポートだったとAさんは言います。エンジニア転職に向けた面接対策で自分のアピールポイントを客観的に見つけてもらったり、何社かのSE転職で面接に失敗、諦めかけた時もキャリアアドバイザーの励ましのおかげで最終的に転職に成功できたそう。

現在は社内のSE(システムエンジニア)として、マネージャーのポジションを目指しているのこと。IT業界以外の営業職職種からでも、プログラミングスクールを利用、転職アドバイスにより短期間でSEに転職成功できた事例です。

地方銀行からAIなど先端技術を活用するシステム開発会社へ転職した女性の事例

Bさんは大学卒業後に地元の地方銀行に就職した女性。プログラミング未経験でしたが、一念発起してプログラミングスクールに通学、2ヶ月でITエンジニアとして転職活動ができるレベルに到達したそうです。最終的に、AIなど先端技術を活用したソリューションを提供するシステム開発会社への転職に成功しました。

転職成功の一番の理由が、まず自分がエンジニアになることを最優先にしたこと。当然、転職活動では事業内容や待遇面も気になる一方、技術力が上がればもっと会社も選べるし、給与も上がると信じ、まずはエンジニアとして採用してもらえる、自分の技術を磨ける会社を中心に転職活動をしたそうです。

結果的に、高い技術力を持つ会社にSEとして転職成功され、未経験からエンジニアのキャリアを開始されています。

プログラミングに少しでも興味があれば、未経験でも、やりたいことが決まっていなくても、まずはプログラミングの勉強から一歩踏み出してみるのがおすすめ。SE(システムエンジニア)転職は難しいと迷う人でも、まずはプログラミングスクールの無料体験や短期コースから試してみてはいかがでしょうか?

未経験からのSE(システムエンジニア)転職でおすすめの成功方法

成功事例を読み、「自分もできるかも!」と感じた人もいるのではないでしょうか?以下、未経験からSE(システムエンジニア)転職を成功させるおすすめの方法を2つ紹介します。

ITエンジニア転職保証のあるプログラミングスクールに通う

未経験からSE(システムエンジニア)転職を成功させるおすすめ方法は、プログラミングスクールの利用です。SE転職の成功事例にあったように、システム開発の知識がない状態でも短期間でプログラミングスキルを習得でき、エンジニアとして転職活動が可能です。

プログラミングスクールでおすすめは、ITエンジニア転職保証付きコース。プログラミングスキルの習得だけなく、転職サポートもあるため、安心してプログラミングの勉強に集中できるメリットがあります。以下、転職保証や受講料返金制度で評判のおすすめプログラミングスクールを紹介します。

テックキャンプ・エンジニア転職:30代未経験でもITエンジニアとして転職を保証

未経験でも実践的なプログラミングスキルが身につくと評判のプログラミングスクールがテックキャンプ・エンジニア転職です。専属メンターによる学習サポートを得られ最短10週間でプログラミングを習得でき、終了後はキャリアアドバイザーが転職をサポートします。

テックキャンプ・エンジニア転職の受講者の99%が転職に成功(2019年8月時点)という実績だけでなく、万一ITエンジニアの内定が出なかった場合は受講料を全額返金。受講生の96%がカリキュラムを修了させるという、真剣にIT転職を成功したい人が集まるのがテックキャンプ エンジニア転職です。やや高額ですが、高いスキルを求められる企業への転職実績も多く、十分に元が取れると口コミでも評判です。

テックキャンプ・エンジニア転職は通学型だから同期の仲間もでき、他のスクールでは保証対象外の30代未経験でも対象なのが大きなメリット。SE(システムエンジニア)転職を成功させたい人はテックキャンプ・エンジニア転職の無料相談から始めてはいかがでしょうか?

テックキャンプ・エンジニア転職のおすすめ理由と評判・口コミをもっと詳しく

DMM WEBCAMP:転職保証付きのキャリアサポートが評判

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)

DMM WEBCMAP(ウェブキャンプ)はプログラミング未経験者でも3ヶ月で高いエンジニアスキルが身につくと評判の通学型プログラミングスクールです。スクール終了後3ヶ月以内に転職できない場合は受講料金が全額返金されるので、安心してプログラミングスキルの習得に集中できる点がおすすめ。教室は東京・渋谷と大阪・難波の2か所で、SE転職希望で通学可能な人はぜひ確認しましょう。

DMM WEBCMAPのおすすめ理由は転職・就職保証付きキャリアサポートだけではありません。実践的なカリキュラムで3ヶ月でプログラミングを習得でき、利用者の転職成功率は98%(2019年4月時点)。在職中に転職活動は行うのが一般的ですが、高い転職率のDMM WEBCMAPだから会社を辞めてプログラミングスキル習得に集中することも可能。メンターの丁寧な指導は口コミの評判も良く、プログラミング初心者でも手厚いサポートがある点はメリットです。

DMM WEBCMAPには転職保証付きコースに加え、授業料金が一部還付されてお得な教育訓練給付金対象コースも。転職保証付きコースの対象年齢外でも、給付金受給条件を満たす人にはおすすめです。無料相談が可能なので、DMM WEBCMAPに通学可能な人は一度確認をおすすめします!

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)転職保証付きコースの口コミ・評判をもっと詳しく

新卒・第二新卒のSE(システムエンジニア)転職ならギークジョブ

ギークジョブ(GEEK JOB)

20代・未経験でSE(システムエンジニア)転職を目指す方におすすめが、ギークジョブ(GEEK JOB)。特に未経験エンジニア転職支援コースは未経験から短期でIT企業へ転職できる、評判のプログラミング学習コース。現役エンジニアからの個別指導と並行してキャリアコンサルタントから転職サポートがあり、転職成功率も97.8%と高い実績です。

未経験から最短1ヶ月でITエンジニアへ転職を目指す未経験エンジニア転職支援コースは、なんと受講料金が無料!基本は通学型のプログラミングスクールなので、通学可能で年齢など利用条件を満たす人におすすめのコースです。

ギークジョブの教室は東京都内で、午前10時から午後9時まで利用可能と、就業中の方も利用可能な点もおすすめ。興味がある人はまずは無料体験に申し込みしてみましょう。

ギークジョブ(GEEK JOB)エンジニア転職無料コースの評判・口コミをもっと詳しく

転職保証には20代の未経験限定など年齢制限や利用条件に注意

上記で紹介した3社はどれもSE(システムエンジニア)転職におすすめのプログラミングスクールですが、転職保証や受講料全額返金を受けるには、利用条件を満たす必要があります。

例えば、テックキャンプ・エンジニア転職で全額返金を受けるには、コースを期間内に終了し、6ヶ月以内にキャリアサポートから紹介した企業に就職または転職ができない場合という条件があります。カリキュラム未終了者や課題未提出の場合や、就職活動セミナーを無断欠席した場合などの条件もあり、利用前の確認がおすすめです。

DMM WEBCMAPで転職保証制度が適用されるのは受講条件を満たす30歳未満まで。30歳以上の方の場合は、教育訓練給付金対象コースが利用できるか確認してみましょう。

ギークジョブの未経験エンジニア転職支援コースも年齢制限があり、受講対象は就活中の大学生や20代社会人のみです。また、コース終了後ギークジョブ提携外の企業への就職や、ギークジョブから紹介された会社の内定を断ると違約金が発生する場合もあります。30代でギークジョブを利用する場合は有料のプログラミングコースを修了後、就職・転職が決まればギークジョブから受講料金がキャッシュバックされるシステムもあります。

未経験でも応募可能なSE(システムエンジニア)求人

プログラミングスクールを利用せずSE(システムエンジニア)転職を希望する場合は、IT転職専門エージェントを活用し未経験歓迎求人を探すのがおすすめです。

未経験歓迎求人の多い大手のIT業界専門転職エージェントを活用

ワークポートレバテックキャリアなど大手IT業界専門の転職エージェントは未経験歓迎求人の件数も多くおすすめです。また企業常駐型のSE(システムエンジニア)よりも、社内SEは企業側に育成の仕組みもあって未経験者が転職可能な場合も。もし未経験から社内SEに絞って転職成功を目指す場合、下記の社内SE転職ナビの利用がおすすめです。

未経験者が応募可能な社内SE(システムエンジニア)求人も!社内SE転職ナビ

社内SE転職ナビ

社内SE転職ナビは名前の通り社内SE(システムエンジニア)転職を希望するエンジニアのための転職エージェント。IT転職専門エージェントの中でも特に社内SE案件に特化した人気のサービスです。

公開案件約1,100件(2020年4月時点)、転職支援実績は約15,000人、1人あたり7.3社の社内SE求人紹介数の実績があり、社内SEを目指すならば必ず確認したい転職エージェント。保有案件数が多く、未経験者が応募可能な社内SE求人もあります。

未経験でも大手IT企業の社内SE(システムエンジニア)などに転職可能なサービス

社内SE(システムエンジニア)は教育システムやマニュアルが用意されている場合も多く、同じSEでも特に未経験でも応募可能な案件があります。また社内SE転職ナビのキャリア相談では適職を提案してくれると評判で、実際に未経験からの社内SE転職実績も豊富。

社内SE転職ナビのサービスエリアの東京と大阪で社内SE転職を希望する場合は一度相談がおすすめで、カジュアル面談やスカイプ面談など、気軽に相談しやすいサービスです!

社内SE転職ナビのおすすめ理由や評判・口コミをもっと詳しく

IT転職エージェントを利用しSE(システムエンジニア)転職する場合は資格取得を

プログラミングスクールではなく、IT専門転職エージェントをしてSE(システムエンジニア)転職を希望する場合、注意することがあります。複数応募者がいた場合、未経験歓迎の案件でも知識ゼロだと書類が通らない可能性です。

時間や場所の都合でプログラミングスクールが利用できない場合でも、基本情報技術者試験を取得しているか、勉強中が望ましいです。まだ受験していなくても勉強中をアピールできれば熱意を評価されることもあります。特に30代以上でIT業界未経験の場合、試験に合格しIT知識をアピールできれば、社会経験があることが強みなります。

キャリア相談で評判の良いIT専門転職エージェントを選ぶと、不足しているスキルや強みのアピール方法をアドバイスしてもらえます。口コミや評判なども確認し、自分に合った転職エージェントを見つけるのが未経験からSE転職を成功させる秘訣です。

まとめ:未経験からSE(システムエンジニア)転職を成功させるために

未経験からSE(システムエンジニア)転職を成功させるために、SEの仕事内容や必要なスキル、成功事例、プログラミングスクールやエージェントのおすすめの利用方法を紹介しました。特定の業種や職種に限らず転職者が増える中、未経験からSEへの転職成功者も増加しています。転職保証のあるプログラミングスクールなど、SE転職を成功させる方法が多数あります。

SEなどIT職種は常に勉強し続ける姿勢が必要で、積極的に資格取得やプログラミングスキルの習得ができる人はSEの適性がありそうです。プログラミングスクールやIT専門転職エージェントを上手く活用、SE転職を成功させましょう!