RUNTEQ(ランテック)の評判・口コミ~WEBエンジニア養成プログラミングスクール

RUNTEQ(ランテック)

WEBサイトやECサイト構築など、WEB開発現場で人気のフレームワークRuby on Rails。スタートアップから大企業まで、多くの企業が使うRuby on Railsを中心にWEB開発スキルを学び、本気でエンジニア転職を目指す人に評判のオンラインプログラミングスクールがRUNTEQ(ランテック)です。

開発現場の仕事で必要なRailsのスキルを完全に習得できる学習カリキュラムや、現役エンジニア講師による徹底した学習サポートがあり、受講生限定の勉強会や交流イベントも盛んなRUNTEQは、初心者でもWEB開発現場で通用するレベルの技術や知識を学べると口コミでも評判のおすすめプログラミングスクールです。

このページでは、エンジニアとして転職できるレベルのRailsのプログラミングスキルを学びたい方におすすめのスクール・RUNTEQについて、利用メリットや各コースで学べる内容、2021年最新の受講料金、デメリットなどを、実際の利用者の評判や口コミと併せて紹介します!

RUNTEQでは無料オンライン説明会を開催中で、プログラミング学習方法の相談も可能。評判・口コミも重要ですが、ぜひ自分でもRUNTEQの良さを直接確認してみましょう!

RUNTEQ(ランテック)とは~WEBエンジニアを養成するオンラインプログラミングスクール

RUNTEQのロゴRUNTEQ(ランテック)はWEB開発企業の現場で必要なレベルのRuby on Railsのスキルを実践的に学べると口コミで良い評判のオンライン完結型WEBエンジニア養成プログラミングスクール。自社開発企業へWEBエンジニアとして就職・転職を目指すRUNTEQ受講生は、開発現場と同様の課題解決型カリキュラムで学習し、複雑なプログラムのコードを理解する力や自分で考えて主体的に開発する力を学べるのが特徴です。

RUNTEQを運営する株式会社スタートアップテクノロジーはRuby on Railsに特化したWEBサービス開発実績が豊富で、プログラミングスクール運営以外にもシステムの受託開発などを行う会社です。

RUNTEQではWEBエンジニアとしての就職・転職に有利な完全オリジナルのポートフォリオ作成に注力、また採用選考書類の添削や模擬面接、提携先企業の求人紹介など無料の就職・転職サポートも充実。特にプログラミング初心者・未経験者からエンジニアとして転職を目指す方にRUNTEQはおすすめと評判のプログラミングスクールです。

\WEBエンジニアを目指す方におすすめと評判/

RUNTEQ(ランテック)の無料説明会に参加してみる

※RUNTEQの説明会では学習方法や就職・転職の相談も可能です。

RUNTEQの良い評判・口コミ~利用メリットやおすすめ理由

RUNTEQの良い評判・口コミ~利用メリットやおすすめ理由

実際の開発現場で使えるスキルを学べるカリキュラムが口コミで良い評判で、現役エンジニアや企業の採用担当者からの評価も高いプログラミングスクール・RUNTEQ(ランテック)。最初にサービスの特徴や利用メリット、おすすめ理由を紹介します。

実践的と評判!WEB開発現場の実務に近いカリキュラムと学習内容

RUNTEQ(ランテック)を運営する株式会社スタートアップテクノロジーは、Ruby on Railsに特化したWEBサイト・WEBサービスの企画、開発、運営事業の経験を基にRUNTEQのカリキュラムを作成。実際の開発現場の実務に近い学習内容が特徴で、現場の仕事で使えるレベルと受講生だけでなく現役エンジニアからも口コミで評判です。

RUNTEQではアプリ開発やバグ修正、機能追加など実践的にプログラミングを学習、Ruby on Railsを使用する自社開発企業にWEBエンジニアとして就職しても困らないレベルのスキルや知識を習得可能と評判のスクールです。

現役エンジニアからもRUNTEQのカリキュラムは良いと口コミで評判

プログラミングの基礎スキル習得に留まるスクールでは、修了後に実際の開発現場で苦労する場合も多いのと比較して、RUNTEQ(ランテック)のカリキュラムは現場の仕事内容に近いと現役エンジニアや企業の採用担当者の口コミでも良い評判。非常に評価の高いカリキュラムや学習内容がRUNTEQの特徴です。

\WEBエンジニアを目指す方におすすめと評判//

RUNTEQ(ランテック)の無料説明会に参加してみる

※RUNTEQの説明会では学習方法や就職・転職の相談も可能です。

初心者も経験者も自分のスキルレベルに合わせて学べる3つのコース

RUNTEQ(ランテック)では、プログラミング初心者も独学の学習経験がある方も、効率良く学べる3つのコースを提供。自分のスキルレベルに合わせて受講内容や期間、学習時間の異なるコースを選び、徹底的にプログラミングスキルを学べる点もおすすめのスクール。各コースの概要は以下の通りで、詳しい情報は無料オンライン説明会で確認できます。

RUNTEQのWEBマスターコース~プログラミング未経験者・初心者向け

RUNTEQのWEBマスターコースはプログラミング未経験・初心者から自社開発企業へのWEBエンジニア就職を目指すコースで、HTML・CSSの基礎からRailsチュートリアル、Ruby on Rails基礎・応用、API、Vue.jsまでを学習するコース。受講期間は最大9ヶ月で、期間中の学習時間の目安は850時間です。

RUNTEQのRailsマスターコース~事前にHTML・CSSを学習済みの方が対象

RUNTEQのRailsマスターコースは、事前にHTMLやCSSの基礎は学習済みだが、RubyやRailsを基本から学びたい方が対象のコース。WEBアプリケーション開発を通してRubyやRailsのプログラミングを基礎から学び、WEBエンジニアとして就職・転職を目指せる評判のコースです。

Railsチュートリアルから学習を開始するコースで受講期間は最大8ヶ月

RUNTEQのRailsマスターコースはRailsチュートリアルの学習から開始し、Ruby on Railsの基本から応用、API、Vue.jsなどを学びます。受講期間は最大8ヶ月、受講時間の目安は750時間です。

RUNTEQのRailsエンジニアコース~独学などでRubyの基礎を学習済みが対象

RUNTEQのRailsエンジニアコースは、独学などでHTMLやCSS、Rubyの基礎(Railsチュートリアルレベル)について事前学習済みの方が対象のコース。他のスクールでRubyの基礎を学び、途中で挫折したという方にもおすすめのコースです。

Railsの基本的な書き方から応用までを学ぶコースで受講期間は最大6ヶ月

RUNTEQのRailsエンジニアコースでは、Ruby on Railsの基礎と応用、API、Vue.jsがカリキュラムに含まれ、Railsの基本的な書き方から応用までを学ぶことが可能。受講期間は最大6ヶ月、学習時間の目安は650時間で、他のコースと比較して短期間で学習し、エンジニアを目指せるコースです。

現役エンジニアが講師で学習環境やサポートも充実と口コミで評判

RUNTEQ(ランテック)の講師は全て現役エンジニアで、開発現場の最高技術責任者(CTO)経験者も在籍。受講生は月2回オンライン面談があり、技術的な質問や学習方法へのアドバイス、就職・転職相談などができ、学習中の疑問の解消、モチベーションアップに役立つと口コミでも良い評判。またオンラインの質問対応や勉強会、補講など、充実したプログラミング学習環境やサポートもRUNTEQの特徴です。

課題の自動コードレビュー、チャットの質問対応で効率的な学習が可能

受講生が書いた課題のコードチェックに自動コードレビューを採用しているのもRUNTEQの学習サポートの特徴。スクールの営業時間外でも課題のコードの間違いを確認でき、レビュー待ちがなく効率的に自分で学習できると評判です。

また学習中の疑問はRUNTEQの現役エンジニア講師にチャットで質問でき、平日11時~22時、土曜10時~18時と長時間対応可能で、質問の対応も早いと口コミで評判。チャットで分かりにくい回答はオンライン通話の画面共有で講師が対応するなど、充実した学習環境や徹底したサポートもRUNTEQのおすすめポイントです。

カリキュラム以外の勉強会やイベントも勉強や就職に役立つ情報が多いと評判

カリキュラムでのプログラミング学習以外に、RUNTEQ(ランテック)ではオンラインの勉強会や補講、受講生限定イベントに参加できるメリットも評判。毎週開催の現役エンジニア講師による勉強会では、初心者がつまずきやすい点について解説もあります。

またオンラインでRUNTEQ受講生制作のポートフォリオのレビュー会やコードレビュー、スタートアップ企業の講演などもあり、プログラミングの勉強や就職・転職活動に役立つ知識や情報が多いのもスクールの特徴。

オンラインプログラミングスクールでありながら講師や生徒同士のコミュニケーションも活発で、RUNTEQ受講生や修了生の交流もあり、RUNTEQは学習意欲を維持しやすいと口コミで良い評判です。

手厚い就職支援・転職サポート~スタートアップや自社開発の求人紹介

採用担当経験のあるキャリアアドバイザーによる職務経歴書や履歴書の添削、模擬面接など、就職支援や転職サポートも手厚いと評判のスクール・RUNTEQ(ランテック)。自社開発のスタートアップ企業と提携、実際に求人も紹介しています。

他のプログラミングスクールと比較してRUNTEQのカリキュラムは転職活動で有利な完全オリジナルのポートフォリオ制作に注力。企画からシステム設計のレビューなど現役エンジニア講師のサポートも評判で、転職に強いのがRUNTEQのおすすめ理由であり特徴です。

実際に多くの修了生が自社開発企業へエンジニアとして転職していると口コミで評判

自分のスキルがWEB開発企業が求めるレベルかを確認できる「企業選考カリキュラム」というRUNTEQ(ランテック)独自の技術試験があり、試験に合格すると提携企業の求人紹介が受けられるメリットも。

開発現場で即戦力となるWEBエンジニアの養成で評判のRUNTEQは、業界未経験者やプログラミング初心者でも自社開発企業に就職・転職が可能。実際に多くのRUNTEQ修了生がRailsの開発企業へエンジニアとして転職成功しているとの口コミもあります。

\WEBエンジニアを目指す方におすすめと評判//

RUNTEQ(ランテック)の無料説明会に参加してみる

※RUNTEQの説明会では学習方法や就職・転職の相談も可能です。

RUNTEQの各プログラミングコースの受講料金(2021年最新)

RUNTEQ各コースの最新受講料金

RUNTEQ(ランテック)が提供する3つのプログラミングコースの2021年最新の受講料金が以下で、自分のスキルレベルにより対象のコースや受講期間、受講料金が違います。

RUNTEQの各コース WEBマスターコース Railsマスターコース Railsエンジニアコース
受講期間 5ヶ月~9ヶ月 4ヶ月~8ヶ月 3ヶ月~6ヶ月
料金(税込) 437,800円 382,800円 327,800円

自社開発企業への転職・就職に強いRUNTEQは、開発現場の実務レベルの実践的な学習カリキュラムや現役エンジニア講師による学習サポート、受講生限定の勉強会やイベントなどが口コミで評判のサービス。実務未経験から即戦力のエンジニアになれる、十分な学習時間と徹底した指導やサポートがあり、RUNTEQの受講料金は良心的と言えます。

RUNTEQ(ランテック)の詳細・無料説明会申し込みは公式サイトから

RUNTEQの悪い評判・口コミから分かったデメリット

以上、WEBエンジニアとして就職できるレベルのスキルや知識を習得可能なRUNTEQ(ランテック)は口コミの評判も良い一方、中にはやや悪い内容の評判・口コミも。以下、RUNTEQのデメリット・注意点として紹介します。

他スクールと比較してカリキュラムの難易度が高く、時間が必要

RUNTEQ(ランテック)の口コミを確認すると、カリキュラムの基礎学習部分でも他のプログラミングスクールと比較して難易度が高く、長い学習時間が必要な点がデメリット。一方、カリキュラムの学習内容や課題をこなせば確実にスキルアップでき、十分な学習時間を確保して本気でスキルを習得したい人にRUNTEQはおすすめのスクールです。

基礎レベルのプログラミングスキルは独学で事前学習がおすすめ

RUNTEQ(ランテック)はプログラミング初心者・未経験者向けのコースもあり、未経験から学びたい方にもおすすめですが、主には学習サイトProgateなどでHTML・CSSやRubyの基礎レベルのスキルを事前に独学した人のレベルアップが目標のプログラミングスクール。

このためRUNTEQのカリキュラムは基礎レベルの学習内容でも比較的課題が難しく、受講をスムーズにするには、プログラミングの基礎の事前学習がおすすめ。RUNTEQ受講に興味があってもレベルについて不安な方は、無料のオンライン説明会に参加、まずは相談から始めましょう。

RUNTEQ(ランテック)の受講やRailsの仕事にはMacが必要

RUNTEQ(ランテック)は受講で使用するコンピュータにMacを指定しており、Windowsユーザーは受講開始までにMacの用意が必要な点がデメリット。Rails開発はMacと相性が良く、WEB開発企業ではMac使用率が高い点も考えると、購入費用がかかる点はデメリットですが、Macに慣れておけばエンジニアとして転職後の会社での仕事がスムーズです。

費用の分割払いができないため、一括での支払いが必要

RUNTEQ(ランテック)は受講費用の分割払いができないため、受講開始前に一括での支払いが必要です。費用を節約するには自分でRailsチュートリアルまでを学習、料金の安いRailsエンジニアコースを受講する方法もおすすめです。

RUNTEQ(ランテック)のサービス利用までの流れ

以上、RUNTEQ(ランテック)のメリットや各コース料金、口コミでの評判を紹介しました。次に、サービス利用の具体的な流れを紹介します。

STEP1:RUNTEQ(ランテック)公式WEBサイトへアクセス

まずはRUNTEQ(ランテック)の公式WEBサイトにアクセスし、プログラミング学習やサービス内容を確認します。Railsエンジニアとして自社開発企業への就職・転職を希望し、RUNTEQのサービスに興味のある方は、公式WEBサイトで無料オンライン説明会の申し込みがおすすめです。

RUNTEQの説明会申し込みフォーム

RUNTEQの説明会予約方法は、名前とメールアドレスをフォームで入力、WEBサイトで表示される候補日程から希望日程を選択するだけと簡単です!

RUNTEQ(ランテック)の詳細・無料説明会申し込みは公式サイトから

STEP2:無料のオンライン説明会に参加

RUNTEQ(ランテック)の説明会はオンラインで実施中で、自宅からでも気軽に参加できます。RUNTEQのWEBサイトでは分からなかったサービス内容について質問できる上、学習方法や就職・転職実績についても確認・相談ができると評判です。自分の学びたいことやコースの詳細など、オンライン説明会で担当者に相談してみましょう。

STEP3:RUNTEQ(ランテック)への料金支払い・受講開始

無料のオンライン説明会後、RUNTEQ(ランテック)での受講を決めたら、料金を支払い学習開始です。RUNTEQ入学申し込み手続きは公式サイト上で行なえます。

プログラミングスクール・RUNTEQ(ランテック)の特徴まとめ

RUNTEQ(ランテック)は、開発現場で使えるレベルのRuby on Railsのスキルを習得可能なカリキュラムと、現役エンジニア講師の学習サポートが口コミで評判のWEBエンジニア養成プログラミングスクールです。

自社開発企業への就職・転職に強く、勉強会やRUNTEQ受講生と卒業生の交流イベントなどもあり、RUNTEQは受講生や現役エンジニアの口コミ評価が高い点も特徴のスクールです。

RUNTEQの特徴や利用メリット、おすすめ理由をまとめると以下の通りです。

  • WEB開発現場の実務レベルのカリキュラムで実践的なプログラミング学習が可能と評判のスクール
  • 現役エンジニアが講師で、コードレビューなどの学習サポートも充実
  • カリキュラム以外にも勉強会やポートフォリオレビューなどのイベントも
  • 手厚い就職支援・転職サポートやスタートアップ・自社開発企業の求人紹介も

Ruby on RailsのプログラミングやWEB開発スキルを学び、自社開発企業への転職を目指す方は、口コミでも評判のRUNTEQは必ず確認がおすすめのプログラミングスクール。まずは公式WEBサイトにアクセス、RUNTEQの無料オンライン説明会への参加がおすすめです!

\WEBエンジニアを目指す方におすすめと評判//

RUNTEQ(ランテック)の無料説明会に参加してみる

※RUNTEQの説明会では学習方法や就職・転職の相談も可能です。
他のおすすめプログラミングスクール情報は、別記事「プログラミングスクール徹底比較!2021年のおすすめは?」をご確認ください!