テックアカデミーとAidemy~Python・AIプログラミングのおすすめはどっち?

テックアカデミー(TechAcademy)とAidemy(アイデミー)~Python・AIプログラミングのおすすめは?

自動運転や画像認識、レコメンド、ニュースやメールのフィルタリングなど人工知能(AI)を活用するWEBサービスやアプリケーションで使用されるプログラミング言語・Python。需要の増加にあわせ、テックアカデミー(TechAcademy)やAidemy(アイデミー)などPythonやAIプログラミングを学べるプログラミングスクールも増えています。

人工知能(AI)WEBアプリケーション開発だけでなく、ビッグデータの分析・解析、身近なモノにコンピューターを組み込みインターネットと繋げるIoTなど最先端のIT技術でも用いられるPythonやAIプログラミングは、エンジニアなら持っておきたいスキル。

このページではPythonやAIプログラミングを学びたい方に人気のプログラミングスクール、テックアカデミー(TechAcademy)とAidemy(アイデミー)を比較、料金プランや学習サポート、利用者による口コミ・評判の点でどちらがおすすめか解説します。

Python・AIプログラミングを学べるテックアカデミーやAidemyが人気の理由

最近、プログラミングスクールで人気のPythonやAIを学べるコース。このページで紹介するテックアカデミー(TechAcademy)やAidemy(アイデミー)もPython・AIプログラミングのコースを提供するプログラミングスクールです。初めにPythonやAIプログラミングの人気理由や学習が必要な理由を紹介します。

AI・人工知能プログラミングで学習が必要な言語Python(パイソン)

Pythonは、1991年にオランダ人プログラマーが開発したオープンソースのプログラミング言語。Pythonの特徴は文法がシンプルでコードが読み書きしやすく、少ないコード量で簡単にプログラムが書けるため、初心者でも比較的学びやすいプログラミング言語です。

近年は機械学習やディープラーニングなどAI・人工知能の実用化が進む「第3次AIブーム」。この分野で最も利用されるプログラミング言語がPython(パイソン)です。

機械学習やディープラーニングでPythonが人気の理由は、プログラミング経験は少ないがAI開発に携わることの多い数学の専門家などから、シンプルで読み書きしやすいPythonが好まれるため。

さらにPythonは、数学関連、画像・音声・動画処理、自然言語処理、WEB開発やデータベースなど各分野で利用できる「ライブラリ」と呼ばれる、コードをまとめたプログラムが豊富。また開発に役立つフレームワークも多く、Pythonでは複雑なコードを書かずに、高度な処理ができるシステムの構築も可能です。

AIでは数学的処理が多数必要ですが、ライブラリやフレームワークが充実したPythonを使えば、機械学習モデルの構築などが効率的に行えます。

Python・AIの需要に対し、スキル・実務経験を持つエンジニアが少ない

今後の日本は労働人口の減少が予想され、この社会的課題を解決する業務効率化や生産性向上に先端IT技術の活用は必要不可欠。このためAI(人工知能)やビッグデータ、IoTなど先端IT技術の利用が積極的に開始されています。

先端IT技術の需要が増す一方、日本国内では先端IT技術を担う研究者やエンジニア(先端IT人材)が不足(経済産業省「IT人材需給に関する調査」など)。中でもAIの研究・開発や導入で必要な人材(AI人材)が2030年に14.5万人も不足すると予想され、AI人材育成は急務です。

Pythonを使ったAIモデルの実装や、AI機能を搭載したシステムやソフトウェアソフトの開発需要に対し、スキル・実務経験のあるエンジニア人材が不足傾向のため、今後エンジニアを目指すならPythonの習得は就職・転職で有利と言えます。

Python・AIエンジニアの転職需要や年収

2020年7月現在、IT専門転職エージェント・レバテックキャリア公式サイトの求人件数をプログラミング言語別に確認すると、JavaやPHP、JavaScriptに続いてPythonが全体の4位。AIエンジニアへの需要の高さが分かります。

またPython・AI開発スキルを持つ人材は採用難易度も高く、AIエンジニアの年収は上昇傾向。日経XTECHによる「開発言語別・技術者年収ランキング」(2019年11月)ではPythonエンジニアの平均年収が608万円との結果もあります。

将来性や高い年収、学びやすさから、Pythonは未経験からのITエンジニア転職でおすすめのプログラミング言語の1つ。テックアカデミー(TechAcademy)やAidemy(アイデミー)など初心者でも参加可能なPython・AIを学習できるスクールも増え、今後プログラミングを学び、未経験からITエンジニア転職を目指す場合、Python習得はおすすめです。

Python・AIプログラミングをオンラインで学べるおすすめスクール

プログラミングスクールには、プログラミング未経験の初心者でもAIモデルの構築に必要なスキル・技術を習得できるコースや、機械学習・ディープラーニングを基礎から学べるコースがあり、PythonやAIに特化したプログラミングスクールもあります。その中で特に人気・おすすめのテックアカデミー(TechAcademy)とAidemy(アイデミー)について以下で比較・紹介します。

テックアカデミー(TechAcademy)~人気のオンラインプログラミングスクール

テックアカデミー(TechAcademy)

テックアカデミー(TechAcademy)は短期集中でプログラミングやアプリ開発を学び、転職・就職支援付きでも評判のオンライン完結型プログラミングスクール。「日本e-Learning大賞」でプログラミング教育特別部門賞を受賞、累計受講生3万人以上の豊富な実績もテックアカデミーのおすすめ理由です。

テックアカデミーはオンラインレッスンのため受講場所が自由で、毎日午後3時から午後11時の8時間、チャットでの学習サポートも提供。地方在住の方や日中は仕事の方にもおすすめのプログラミングスクールです。

また全受講者に経験豊富な現役エンジニアがメンターとしてマンツーマンの学習サポートを提供。1回30分の面談・メンタリングの時間が週2回あり、チャットで聞きにくい学習中の質問や相談もできて安心です。さらにテックアカデミーの受講期間終了後も無期限で受講内容をWEBで確認できる点も利用者から高評価です。

最短期間4週間からPython・AIプログラミングコースを受講可能

テックアカデミー(TechAcademy)ではエンジニアとして就職・転職可能なレベルのITスキルが身につく20以上の短期集中コースを提供中で、Python・AIプログラミング関連のコースもあります。

テックアカデミーにはAI構築に必要な機械学習・ディープラーニングを学ぶ「AIコース」や、AI開発のプログラミング言語や機械学習の基礎知識を学ぶ「Pythonコース」、Pythonを使ったデータ分析手法を習得する「データサイエンスコース」があり、受講期間は学習目的や希望に合わせ最短4週間~16週間が選べます。

AI・Python・データサイエンスなど複数の勉強分野を組み合わせセット受講も可能

コースを組み合わせ、複数のプログラミング言語を一度に勉強できるセット受講がテックアカデミー(TechAcademy)ではおすすめ。セット受講では2セット割、3セット割など割引料金の適用で、お得な料金でAIを学べます。例えば、PythonとAIの2コースのセット受講でPythonの基礎から機械学習・ディープラーニングが学べ、これにデータサイエンスコースを追加して3セット受講もできます。

テックアカデミーのAIコースとデータサイエンスコースはPythonのライブラリを活用した実装が目的のコースで、Pythonプログラミング未経験の場合はPythonコースのセット受講がおすすめです。

テックアカデミー(TechAcademy)の無料体験レッスンも良い評判

テックアカデミー(TechAcademy)のレッスンやオンライン受講が自分に合うかの確認には、テックアカデミーのプログラミング学習無料体験がおすすめ。1週間の無料体験期間でHTML、CSS、JavaScriptの基礎を学び、テックアカデミーのオンライン教材やメンターのサポートなど学習システムを無料体験できます。

無料体験期間中も毎日午後3時〜午後11時の間、自由にテックアカデミーのメンターに質問でき、提出課題について何度もアドバイスがもらえると良い評判です。

Aidemy(アイデミー)~Pythonを本気で学びたい人向けの特化型スクール

Aidemy Premium Plan(アイデミープレミアムプラン)

テックアカデミーと違い、Pythonを使った人工知能(AI)開発に特化したプログラミングスクールがAidemy(アイデミー)。Aidemyの無料コースでは基礎・入門的な内容を学べて、Aidemy Premium Plan(アイデミープレミアムプラン)ではPythonプログラミング未経験者でも最短3ヶ月で、機械学習やディープラーニングを用いたWEBサービス・AIアプリ開発やデータ分析を実装レベルで学びます。

テックアカデミーと同様、AidemyもオンラインでAI・Pythonプログラミングを学習できるスクールで、Aidemy Premium Planは東京大学AIセンター長・國吉康夫教授による監修、専属のデータサイエンティストがチューター。PythonやAIを本気で学びたい人向けの日本トップクラスのプログラミング学習サービスです。

受講期間3ヶ月でPython・AIプログラミングを開発・実装レベルで学べる

テックアカデミーと比較して、Aidemy Premium Planは理論より実践重視、受講者に独自のPython実行環境を提供し、教材・テキストもAIプログラミングの実装方法が中心。また受講中に企業の採用担当者向けのポートフォリオとして利用できる、自分独自のAIプログラミングの成果物を作成でき、転職にも有利です。

また受講期間は最短3ヶ月で、期間中は20種類以上の有料コースがすべて受け放題。AI・Pythonプログラミングを本気で学びたい方には十分な量の学習教材も魅力です。

24時間のチャットサポートやメンターによる週2回のメンタリング

Aidemy Premium Plan(アイデミープレミアムプラン)では現役AIエンジニアの専属メンターがSlack上のチャットで学習をサポート。質問には24時間以内に必ず返事があるなど、専属チューターの学習サポートで安心して早くAI・Pythonプログラミングの学習が進められます。

また週2回、1回25分のメンターとのビデオチャットによるメンタリングの時間中にも学習全般のサポートや疑問・質問へのサポートを受けられるほか、課題で提出したコードの添削など丁寧な学習サポートもおすすめのポイントです。

機械学習やデータ分析、自然言語処理など学習目的に合うコースを選択可能

Aidemy Premium Plan(アイデミープレミアムプラン)は、「AIアプリ開発」「データ解析」「自然言語処理」など学習目的に合うコースをパッケージで受講できる点がおすすめで、また受講期間中は画像認識や自然言語処理、WEBサービス・AIアプリ開発などの学習講座も自由に選び放題で受講可能。

自分の目的に合わせてコースをカスタマイズ、オーダーメイドのコース受講も可能なため、PythonやAI技術の基礎から応用まで幅広い内容を学習できます。

基礎知識や学習内容でコースが細分化されたテックアカデミーと比較して、Aidemy(アイデミー)は実装重視で、またAI・Pythonプログラミング関連の講座を受け放題で学習できる点がポイント。知識よりプログラミング・開発重視の方におすすめのプログラミングスクールです。

アイデミー(Aidemy)プレミアムプラン~受講者の評判やおすすめ理由の詳細へ

テックアカデミーとAidemy Premium Planの価格・料金やコース内容を徹底比較

Python・AIプログラミングの習得におすすめのテックアカデミー(TechAcademy)とAidemy Premium Plan(アイデミープレミアムプラン)ですが、コースの価格や料金プラン、また具体的な各コースの学習内容を比較、目的別にどちらがおすすめのプログラミングスクールかを比較します。

テックアカデミーとAidemy Premium Planの受講期間や学生・社会人別の価格比較

テックアカデミー(TechAcademy)は最短4週間の受講が可能で、また1コースだけを受講、PythonやAI・人工知能の基礎知識だけを学ぶことも可能。比較してAidemy Premium Planの場合の最短受講期間は3ヶ月です。

PythonやAIプログラミングの基礎を安い価格・料金で、短期間で学びたい方向けのおすすめはテックアカデミーですが、基礎から実装まで本格的に学ぶ場合のおすすめはAidemy Premium Plan

テックアカデミーでもPythonの基礎からAI構築、データ分析などをすべて学べる3コースのセット受講が可能ですが、最短受講期間が24週間と長く、料金もAidemy Premium Planと同程度に高くなります。

受講期間   テックアカデミー
1コース
テックアカデミー
2コースセット
テックアカデミー
3コースセット
Aidemy
Premium Plan
有料コース受け放題
4週間
(1ヶ月)
社会人価格 139,000円  
学生料金 109,000円
8週間
(2ヶ月)
社会人価格 189,000円 248,000円
学生料金 139,000円 188,000円
12週間
(3ヶ月)
社会人価格 230,000円 288,000円 429,000円(6ヶ月) 480,000円
学生料金 169,000円 218,000円 299,000円(6ヶ月) 420,000円
学習時間の目安
(1週間)
15~30時間 15~20時間 初心者:14~23時間
エンジニア経験者者:7~11.5時間

※価格は2020年7月現在のテックアカデミー(TechAcademy)・Aidemy各公式サイトの最新情報です。

テックアカデミーは複数コースのセット受講割引がおすすめ

テックアカデミー(TechAcademy)はAidemy Premium Planと比較して、料金設定が低めで受講しやすい点がメリットですが、1コースの受講では学習内容が限定されるため、割引料金となる複数コースのセット受講がおすすめ。Python+AIコースや、Python+データサイエンスコースなど2コースを受講する2セット割や、3コースすべてを受講する3セット割がお得です。

Aidemyは価格が高いがテックアカデミーには無い返金制度が安心

テックアカデミー(TechAcademy)と比較して、Aidemy Premium Planは受講価格がやや高い一方、期間中はPythonやAIプログラミングについて20以上の有料コースすべてが受け放題と学習内容が多い点がおすすめポイント。またテックアカデミーに無い全額返金保証制度があり、実際の受講後に期待と違う、満足できない場合は、受講開始後2週間以内の申し出で全額返金される点が安心です。

テックアカデミーのAI・Python関連コースの学習内容と習得できるスキル

テックアカデミー(TechAcademy)のAI・Python関連コースは以下の3コースで、いずれも最短4週間から受講できます。各コースの学習内容や習得できるスキルは下記のとおりです。

Pythonコース~AI・機械学習の基礎を学ぶ

Pythonを学んで機械学習の基礎を習得できるTechAcademyのコース。機械学習の中から「教師あり学習」にフォーカスし、ビットコインの価格変動予測など、受講中に4つの機械学習プログラムを開発し、実践的に学習します。プログラミング初心者やPython未経験者はまずこのコースの受講がおすすめです。

AIコース

Pythonの代表的な機械学習のライブラリであるscikit-learnやKerasなどを使い、画像認識や評判分析、レコメンデーションなどを実装するTechAcademyのコース。機械学習・ディープラーニングを実際に体験しながら理解できます。

使用するPythonの機械学習ライブラリ/scikit-learn:回帰分析やクラスタリングなどロジックを実行、Pandas:データの集計・分析を行う際に利用、Keras:画像やテキストデータなどの分析、TensorFlow:画像認識や音声認識技術に利用されるGoogle開発のライブラリ。

データサイエンスコース

データサイエンスの基本であるモデルを構築しながら学習。Pythonのライブラリ、NumPyやPandasなどを使ってデータ分析のスキルを習得します。

使用するPythonの機械学習ライブラリ/scikit-learn:回帰分析やクラスタリングなどロジックを実行、Pandas:データの集計・分析を行う際に利用、NumPy:数値計算を効率的に行う。

Aidemy Premium Planのコース内容(学習内容や習得できるスキル)

Aidemi Premium Planは、TechAcademyと違って受講目的に合わせたオーダーメイドのカリキュラムの作成も可能ですが、あらかじめAI・Pythonの学習目的ごとに3つのパッケージプランも用意されています。

AIアプリケーション(機械学習を用いたWEBサービス)開発コース

AI・機械学習を用いたWEBサービスやアプリケーションの構築を体験できるAidemy Premium Planのコース。

学べるITスキル/HTML、CSS、JavaScript、jQuery、ChartJS、Flask、ディープラーニングを用いた画像認識、Heroku、GitHubなど。

データ分析コース

スクレイピングによるデータ取得から解析技術を学び、最終課題としてオリジナルデータを活用したデータ分析までを体験できます。

学べるITスキル/Pandas:データの前処理のライブラリ、Numpy:高速計算ライブラリ、教師あり学習(分類)、教師あり学習(回帰)、教師なし学習、時系列解析、データビジュアリゼーション、Webスクレイピングなど。

自然言語処理コース

機械学習・ディープラーニングとともに自然言語処理を学び、Twitterのテキスト情報を自動取得して解析、株価の変動影響を予測する課題に取り組みます。

学べるITスキル/Pandas:データの前処理ライブラリ、Matplotlib:グラフ描画ライブラリ、データスクレイピング、機械学習概論、教師あり学習(分類)、教師あり学習(回帰)、自然言語処理、時系列解析、株価予測など。

アイデミー(Aidemy)プレミアムプラン~受講者の評判やおすすめ理由の詳細

テックアカデミーとAidemyの学習サポート(質問可能な時間帯など)の違い

テックアカデミー(TechAcademy)もAidemyもオンライン完結型のプログラミングスクールだけに、学習サポートは気になりどころ。オンラインの質問受付時間帯やメンターによるメンタリングの時間など、サポート内容の違いを比較します。

テックアカデミー(TechAcademy) Aidemy Premium Plan(アイデミープレミアムプラン)
毎日午後3時から午後11時
・Slackのチャットで質問可能
・時間外でも質問をしておけば、対応時間内に回答がある
質問可能時間帯 毎日24時間、Slackのチャットで質問可能
・24時間以内に回答が受けられる
・週2回(1回30分) ビデオチャットでのメンタリングの時間 ・週2回(1回25分)
・現役のITエンジニア メンター AIやPythonに精通、特化した現役エンジニア

どちらのプログラミングスクールも、現役エンジニアによるマンツーマンレッスンやビデオチャットでのメンタリング、チャットでの質問受付などが充実。一方、総合的なプログラミングスクールのテックアカデミーと比較して、AidemyはPython・AI特化型。メンターにPython・AIに強いエンジニアが多い点が強みで、高いレベルでPython・AIプログラミングを学びたい方にはTechAcademyよりもAidemyがおすすめです。

利用者による口コミ・評判の比較

次にテックアカデミー(TechAcademy)やAidemy Premium Plan(アイデミープレミアムプラン)についてWEB上の口コミや評判をまとめました。

それぞれの利用者による口コミ・評判の特徴の比較は以下の通りです。

TechAcademyの口コミ・評判 Aidemy Premium Planの口コミ・評判
・働きながらでも受講しやすい
・メンターは経験豊富で指導の質が高い
・機械学習などが学べるAIコースの内容が素晴らしい
・受講料が高めだが、学習内容のレベルも高い
・AIエンジニアとして転職も可能な、実務レベルのスキルが身につく
・基礎から学べるので挫折しにくい
・動画など難しい内容も理解しやすい教材で、楽しく学習が続けられる

テックアカデミー(TechAcademy)の口コミ・評判

実際にTwitterに投稿されているテックアカデミー(TechAcademy)の口コミや評判を紹介します。

テックアカデミーは現役エンジニアによるマンツーマンのメンタリング、丁寧な学習サポートが口コミで良い評判。難しい課題でも問題解決まで何度もチャットでメンターに質問や相談ができ、その対応の良さも評判で、テックアカデミーのPythonコースやAIコース受講者の口コミからはメンターやレッスンの質の高さが伝わります。

学習サポートや実践的なカリキュラムに対するテックアカデミー(TechAcademy)Pythonコース受講者の満足度も高いことが口コミでの評判から伝わります。

Aidemy Premium Plan(アイデミープレミアムプラン)の口コミ・評判

TwitterのAidemy Premium Plan(アイデミープレミアムプラン)受講者の口コミ情報を確認すると、利用をおすすめする口コミが多く、評判が良い樣子。

未経験でもPython・AIプログラミングが学べるAidemyですが、挫折せずに機械学習を基礎から実装レベルまで学べると良い評判で、AI・機械学習エンジニアを目指し、一からPythonを学びたい方にAidemy Premium Plan(アイデミープレミアムプラン)はおすすめです。

まとめ~Python・AIプログラミング学べるTechAcademyとAidemyの比較

以上、Python・AIプログラミングを学べるプログラミングスクール、テックアカデミー(TechAcademy)Aidemy Premium Plan(アイデミープレミアムプラン)を比較・紹介しました。このページの内容のまとめは以下の3つのポイントになります。

テックアカデミーとAidemy、Pythonを学ぶならおすすめはどっち?

結論としてPythonやAIプログラミングを学ぶのに、テックアカデミー(TechAcademy)とAidemy(アイデミー)のどちらがおすすめかは学習目的で違います。テックアカデミーがおすすめなのは「JavaやRubyなどPython以外のプログラミング言語も同時に習得したい方」や「AIやPython、機械学習の基礎を短期間で安い費用で学びたい方」。逆にAidemyがおすすめなのは「AIエンジニアとしての転職が目標で基礎よりPython・AIの実装を学びたい」方です。

テックアカデミー(TechAcademy)でPython・AIを学べるコースは?

幅広くコースを提供するプログラミングスクール・テックアカデミー(TechAcademy)でPython・AIを学べるコースは、Pythonコース、AIコース、データサイエンスコースの3つ。このうち最も基礎の内容を学べるのがPythonコースで、最短4週間の受講も可能で料金が安い点が特徴です。またTechAcademyはオンラインで学習を完結できる点や無料体験も可能なレッスンが口コミで良い評判です。

Python・AIエンジニアとして転職を目指すならAidemyがおすすめ?

TechAcademyと比較してPython・AIプログラミングの実践に特化、数多くの学習コンテンツやオーダーメイドカリキュラムに対応可能なAidemy Premium Planは、特にPython・AIエンジニアとして転職を目指し、実務レベルのスキル・開発経験を身につけたい方におすすめ。最短3ヶ月で転職可能なレベルのPython・AIスキルを習得できますが、十分な勉強時間の確保も必要です。詳細はオンラインの無料相談会で確認できます。

他のおすすめプログラミングスクール情報は、別記事「プログラミングスクール徹底比較!2020年のおすすめはどこ?」をご確認ください!