未経験からプログラマー(PG)転職~おすすめのIT転職成功方法

未経験からのプログラマー転職

世の中のIT化が進むにつれ、これまでITと縁のなかった人も求人件数が多く高収入のプログラマー転職に興味を持つ人が増加。従来は専門学校や理系学部出身者が中心だったIT業界も、新卒だけでなく転職でもIT業界未経験者がプログラマー転職に成功する事例も増えてきました。

未経験からのプログラマー転職成功者が増えている背景にはIT業界の人材不足もあり、最低限のIT知識があればプログラミング実務経験を問わない求人もあり、今後もこの傾向が続きそうです。

このページではIT業界未経験でプログラマー転職に興味がある方を対象に、プログラマーの仕事内容、収入などの待遇、求められるスキルや資格、転職成功事例をまとめました。併せて未経験からのプログラマー転職を支援するプログラミングスクールやIT転職エージェントを紹介します。

未経験でも転職可能なIT職種・プログラマーの仕事とは

SE(システムエンジニア)やプログラマー、ネットワークエンジニアなど様々なIT職種の中で比較的未経験者が転職可能なのがプログラマー。ここでは、プログラマーの仕事内容や待遇、求められるスキル、資格などを詳しく紹介します。

プログラマーはシステム開発の中心、プログラミングを担当

プログラマーは名前の通りプログラミングを主に担当するシステム開発の中心メンバー。システム開発はSE(システムエンジニア)をリーダーに、複数のプログラマーがチームになり、ソフトウェア製品やWEBサービスなどを作り上げます。

以下、一般的なシステム開発の流れに沿ってプログラマーの仕事を確認します。
 

  1. 要件分析・定義
  2. 基本設計
  3. 詳細設計
  4. プログラミング
  5. テスト
  6. 稼働、運用・保守

SEは顧客からのヒアリングをもとに要件分定義をし、基本設計や詳細設計を作成、プログラマーは設計に基づき個々ののプログラム開発を行います。システム開発は通常複数名でチームを組み、プログラムを個別に作成するため、基本設計や詳細設計で整合性をとることが重要です。このためプログラミング作業中、設計で曖昧な点があればSEにフィードバック、他のプログラマーと連携することも重要です。

個別プログラムは作成したプログラマー自身が動作確認しますが、すべてのプログラムが仕様通りかはテスト要員や品質管理担当者が総合的なテストで確認します。仕様に合わない場合やバグが見つかればプログラマーが修正、再度テストし製品を仕上げます。

プログラマーは成長するとSE(システムエンジニア)へキャリアアップ

プログラマーとSE(システムエンジニア)の仕事は共通点が多く、IT業界未経験の場合、区別ができていない人も少なくありません。SEがシステム開発の全工程にかかわり、プログラミング以外のマネジメント業務も担当するのと比較し、プログラマーの仕事は主にSEの指示を受けプログラミングを担当。プログラミング以外にテストや仕様書の作成を手伝う場合もありますが、基本はSEやプロジェクトリーダーのマネジメントの下で働くと考えてよいでしょう。

未経験でも転職しやすいプログラマーは比較的年齢が若く、職歴も浅いエンジニアが中心ですが、会社内で経験を積み成長すればSEへのキャリアアップも。マネジメント業務が増えるSEは嫌で、プログラマーのままでいることを希望する人もいますが、プログラマーからの年収アップ方法はSEになるか、独立しフリーランスエンジニアになるのが一般的です。

プログラミング能力に加えてプログラマーに必要なスキルや資格

プログラマーの仕事に必要なのはプログラミング能力だけではありません。プログラマーはSEの指示を受けグループで作業することも多く、積極的にコミュニケーションを取るタイプでなくても人の話を聞き、チームワークを考えられる人はどの企業でも歓迎されます。

また、プログラマーに求められるスキルの1つが集中力。1つのシステムの完成には時間がかかり、黙々と一日中モニターに向かい作業することは当たり前。特に動作不具合の場合に記述ミスを探す作業などは根気と集中力が必要です。

日々最新技術がアップデートされるIT業界、プログラマーに限らずリサーチや資格取得など常に学習を続けられることも大切なスキル。システム開発会社やSIerは資格取得のサポートが充実している会社も多く、学習支援として資格試験受験料の支給や合格者に報奨金が出る場合もあり、給与アップをモチベーションに勉強ができるプログラマーほど年収アップも可能です。

未経験からのプログラマー転職におすすめの資格は基本情報技術者試験

プログラマー未経験で実務経験がない場合や、プログラミングスクールを利用せず転職を考えている場合、おすすめの資格は基本情報技術者試験。国家資格の基本情報技術者試験は合格率20%台の難関試験ですが、未経験でもIT基礎知識があることを証明できるIT業界では基本の資格。試験勉強過程でハードウェアからソフトウェア、データベースまで情報処理にかかわる知識をくまなく学習できるため、転職後も無駄になりません。

このほか、国家資格では応用情報技術者試験やデータベーススペシャリスト、ベンダー系ではオラクルやシスコなどが提供する資格もありますが、実務未経験のプログラマー転職の場合はこれら上位資格の取得よりプログラミング言語の習得がおすすめ。資格取得にあてる時間と費用はプログラミングスクールに使用するのがおすすめです。

プログラマーの年収・給与~SEや他職種と比較

プログラマーの年収や給与はSE(システムエンジニア)や、他職種と比較するとどうでしょうか?2018年度の賃金構造基本統計調査を基にプログラマーの平均年収をプログラマーの上位職に当たるSEと、条件の近い他職種と比較しました。

職種 平均年齢 平均年収
SE・システムエンジニア 38.6歳 551.2万円
PG・プログラマー 32.3歳 418.3万円
販売店員 39.9歳 330.7万円
娯楽接客員 36.4歳 332.4万円
理容・美容師 32.3歳 302.3万円

SEと比較するとプログラマーの年収は約100万円以上少ないですが、平均年齢が5歳以上若く、IT業界での経験年数も給与に影響しそうです。プログラマーは比較的年齢の若い世代が中心で、経験を積んだ後は年収アップ可能なSEを目指す人が多いと推測できます。

プログラマーと平均年齢が近い他職種と年収を比較すると、販売店員や接客、理容・美容師の場合は平均年収が300万円~330万円と、プログラマーとは100万円近い差。プログラマーは若くても比較的高い給与が得られる職種と言えます。

プログラマーの残業時間や労働時間は会社やプロジェクト次第

残業時間が多いイメージが強いIT業界ですが、プログラマーの残業時間、労働時間は多いでしょうか? 年収と同じく、2018年度の賃金構造基本統計調査で確認しました。

プログラマーの1ヶ月当たり労働時間は所定の162時間に加え、超過実労働時間数(残業)15時間、労働時間の合計は177時間。統計全体の平均労働時間164時間、残業時間11時間、労働時間合計175時間と比較し、大幅な超過はありません

しかし、プログラマーは会社規模や雇用形態により残業時間が大きく異なり、データだけで単純に残業時間が多くないと言えません。またプロジェクトの締め切り間近は残業時間が多く、それ以外の時期は比較的定時に帰れるなど、時期次第で労働時間が上下することも。

プログラマーの残業や労働環境が気になる人は、面接前に詳細を確認できる転職エージェントの利用や、転職サポート付きのプログラミングスクールの活用がおすすめです。転職先での実際の働き方を事前に確認した上で応募しましょう。

増加が期待される女性プログラマー

特に女性の転職希望者が注目するプログラマーの女性比率ですが、これも年収や残業と同様、賃金構造基本統計調査のデータで確認できます。2018年度はプログラマーの労働者数84,360人に対し、男性66,250人、女性18,110人と女性比率は約21.5%。女性比率は高いとは言えないものの、年々増加傾向です。

プログラマーは在宅勤務やフリーランスとして独立も可能なことから女性が活躍しやすい職種。IT人材不足もあり、今後ますます女性プログラマーの増加が期待されます。

未経験が採用されやすい派遣エンジニア、その実態や正社員雇用との違い

プログラマーには正社員以外に派遣エンジニア、フリーランスとして働く方法があります。スキルや経験が必要なフリーランスに対し、派遣エンジニアは未経験者も採用されやすく、プログラマー経験を積むのにおすすめの方法の1つです。

派遣エンジニアは、派遣会社に登録し契約単位で働く登録型派遣と、派遣会社に正社員または契約社員として雇用後に外注先に派遣される常用型派遣の2種類があります。

登録型派遣のプログラマーは他の派遣職種と比較して時給は高い一方、契約がないときは無収入。また、未経験でも採用されやすいとはいえ即戦力が必要で、プログラミングスクールを出たばかりや、独学でプログラミングを習得した人が経験を積むには短期間の登録型派遣の利用がおすすめ。収入が不安定なので、将来を考えれば登録型派遣で経験を積んだ後は正社員プログラマーか、フリーランスを目指すとよいでしょう。

常用型派遣エンジニアは派遣先がない場合も通常収入が途絶えず、福利厚生を利用可能な場合も多く、派遣と正社員雇用の両方のメリットがあります。ただし、契約社員の場合はプログラマーとしての派遣先がなくなれば契約終了の場合も。こちらも数年働いた後は社内で正社員を目指すか、転職の検討がおすすめです。

登録型・常用型どちらの派遣も、さまざまな職場・プロジェクトを経験できるメリットがあり、プログラマーとしてキャリアアップする手段の1つとしておすすめで、将来フリーランスエンジニアになりたい人も経験のためと割り切り、派遣エンジニアから始める方も多くいます。

未経験からプログラマーへ~IT転職の成功事例

プログラマーはIT業界の中でも比較的未経験者が転職成功しやすい職種で、成功事例もSE(システムエンジニア)と比較して多め。ここではIT業界未経験からプログラマー転職成功事例を参考として紹介します。

プログラミング未経験のアルバイトからWEBエンジニアに転職成功

高校卒業後、正社員にならずアルバイト生活を送っていたAさんは、未経験でもエンジニアになれるという広告を目にしたことをきっかけに、WEBエンジニアを目指すことに。ところがプログラミングスキルはもちろん、コンピュータ知識も少なく、自分でインターネットを利用する程度。プログラミングスクールに入学後、最初はプログラミングの授業についていくのがやっとだったそうです。

一方、コンピュータ漬けの日々を繰り返す中で確実にスキルを身につけ、見事IT企業からプログラマーとして内定を得ました。学歴や知識がなく、プログラミング未経験でも、努力して学習すればプログラミングを習得、プログラマー転職に成功できる事例です。

文系大学の新卒からプログラミングスクールを経てプログラマー就職

文系大学の学生だったBさんは、就職活動前に自分の知識やスキル不足を痛感、できることを模索する中、プログラミングに出会いました。当初はプログラミングを就職活動の武器と考えていたものの、実際に取り組む中で「形にすること」の楽しさを見出したそう。

オンラインプログラミングスクールでプログラミングを学んだ後、プログラミングスクールの就職支援サービスで、プログラマーとして就職に成功しました。現在はさらに別のプログラミング言語を習得中で、今後はフリーランスとしての独立も視野にいれているそうです。

集中して勉強すれば誰もが習得可能なのがプログラミング。未経験、学歴がない、文系だからとあきらめるのでなく、まずは挑戦してみるのが一番のようです。未経験からプログラマーを目指す場合、プログラミングスクールの無料体験や1ヶ月など短期コースから始めてみるのもおすすめです。

未経験からのプログラマー転職を支援!おすすめの成功方法

成功事例を読み、未経験でもプログラマー転職できる可能性を感じた方も多いのではないでしょうか?以下、プログラミングスクールやIT専門転職エージェントを利用、未経験からプログラマー転職に成功するおすすめの方法を紹介します。

ITエンジニア転職保証のあるプログラミングスクールで学習

未経験からプログラマー転職に成功するおすすめの方法が、プログラミングスクールの利用。転職成功事例のように、コンピュータの知識がない状態からでも集中的に学習し、プログラミングスキルを習得する人も数多くいます。

特にITエンジニア転職保証のあるプログラミングスクールであれば、仕事を辞めてプログラミング学習に集中することが可能。以下、口コミでも良い評判のプログラミングスクールの特徴や転職保証・受講料金返金制度などを紹介します。

東京でJavaプログラマーを目指すならTechAcademyの転職保証コースがおすすめ

TechAcademy Pro・転職保証コース

短期間に集中してプログラミングが学べると評判のオンライン完結型プログラミングスクールTechAcademy(テックアカデミー)。コース終了後、転職・就職ができない場合は授業料が全額返金されるエンジニア転職保証コースが口コミでも人気です。

TechAcademyの特徴はブートキャンプと呼ばれるプログラミング学習コース。豊富なカリキュラムと実務経験豊富な現役エンジニアによるマンツーマン指導で、プログラミング未経験者や初心者でも短期間でプログラミングを習得可能です。

中でもプログラマー転職を目指す方におすすめのエンジニア転職保証コース・TechAcademy Pro(テックアカデミープロ)は、プログラミング未経験でも12週間で東京のIT企業にJavaプログラマー転職を目指すコース。対象が30歳以下で、スクールが紹介する企業に転職可能という条件に注意が必要ですが、受講期間終了後6ヶ月以内に転職内定が得られなければ受講料金が全額返金されます。

プログラミング未経験だが東京のIT企業にプログラマーとして転職したい場合、まずはTechAcademyの無料体験がおすすめ。地方在住者も参加可能なオンライン完結型スクールのTechAcademyで、WEBプログラマーを目指しませんか?

TechAcademy Pro(テックアカデミープロ)受講者の評判やおすすめ理由をもっと詳しく

転職エージェント運営、未経験からプログラマーになれる完全無料のプログラマカレッジ

プロエンジニア(PtoEngineer)

IT専門転職エージェントのプロエンジニア(ProEngineer)が運営する無料のプログラミングスクール・プログラマカレッジ。プログラミング未経験でもスクールの転職支援でプログラマーになれると口コミで評判です。

プログラマカレッジは通学型のプログラミングスクールで、コンピュータの基礎知識に加え、WEBシステム開発に必要な技術を短期間で習得可能。JavaやPHPを中心に実践的なシステム開発スキルを学べることが特徴ですが、人気の理由は受講料金が完全無料の点。無料とは言え、質の高い授業を受講でき、卒業生の就職率も96.2%と高い点もおすすめです。

プロエンジニアのプログラマカレッジの対象は、東京の研修施設に通学可能な30歳以下限定ですが、プログラマーに必要なスキルの習得や転職支援、求人紹介まですべてのサービスが無料で、20代の第二新卒、フリーターの方に特におすすめのプログラミングスクール。通学可能で未経験からプログラマー転職に挑戦したい方は無料相談から始めてみては?

プロエンジニア・プログラマカレッジ受講者の評判やおすすめ理由をもっと詳しく

成長が期待できるAI分野でPythonプログラマーを目指すならAidemy

Aidemy Premium Plan(アイデミープレミアムプラン)

Aidemy(アイデミー)は転職保証はないものの、今後需要が増えると予測されるAI・機械学習分野で利用されるプログラミング言語Pythonが学べる評判のプログラミングスクールで、成長分野のプログラマーを目指す方におすすめです。

Aidemyはプログラミング言語Pythonに特化したプログラミング学習サービスで、独学で学ぶのが難しいAIや機械学習、ディープラーニングなど最新技術を実践レベルで学べると口コミでも評判。オンラインスクールのため、地方在住者や日中は仕事がある場合も自由な時間に学べます

プログラミング・IT業界が未経験でもAidemyで学び、AIプログラマーとして転職に成功する人もいます。またAidemyでは無料でPython入門などの基礎コースを受講でき、まずはお試しで利用してみるのもおすすめ。無料コースで興味が持てれば、講座を受講し放題のアイデミープレミアムプランに切り替え、プログラマー転職を目指すのがおすすめです。

Pythonを習得しAI・機械学習分野でプログラマーを目指す場合、まずはAidemyの無料相談を利用してみましょう!

アイデミー(Aidemy)プレミアムプラン~受講者の評判やおすすめ理由をもっと詳しく

転職保証には20代未経験者など年齢制限や利用条件の内容に注意

上記で紹介したTech Academy、プログラマカレッジだけでなく転職保証コースは年齢制限や転職企業の限定などの条件があり、多くは30歳以下が対象。利用前の条件内容の確認が必要です。

また転職先の会社が東京だけの場合も多く、地方での就職を考えている場合、オンラインスクールで教育訓練給付金対象のコースがないか探してみるのもおすすめです。Aidemyのように転職保証はなくても入門コースが無料のスクールもあり、未経験でプログラマー転職を目指すならば、まずはお試しで一歩踏み出してみましょう。

未経験応募OKなプログラマー求人ならIT専門転職エージェント利用がおすすめ

実務未経験でもプログラマー求人に応募したいという方はIT専門転職エージェントの利用もおすすめ。IT専門転職エージェントは案件数が豊富で未経験でも応募OKや未経験歓迎の求人もあります。以下、未経験者向けのキャリアアドバイスや応募書類作成、面接サポートで評判の良い転職エージェントを紹介します。

IT業界最大級の求人数、東京・大阪・福岡の転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアはITエンジニアとWEBクリエイター専門の転職エージェント。IT業界特化の転職エージェントの中でも最大手のレバテックキャリアは、東京だけでなく大阪、福岡でもサービスを展開、求人案件数は常時4,000件以上。非公開求人案件も多く、レバテックキャリアだけの求人案件も多く、高収入はもちろん大手企業の紹介も可能です。

登録から求人紹介、キャリア相談、応募書類の作成、面接対策、アフターサポートまで無料で利用できますので、プログラマー転職の前に、まずは無料相談から始めてみてはいかが?

レバテックキャリアの強みは案件数以外にキャリア相談と転職先の独自情報

レバテックキャリアの強みは案件数だけでなく、元エンジニアのキャリアコンサルタントによる転職相談も。最新技術の話も可能な専門性の高さ、個人のアピールポイントを引き出すヒアリングで年収アップにつながる求人を紹介してくれると口コミでも良い評判です。

またレバテックキャリアは紹介先企業の現場の情報も豊富で、プログラマーとしての働き方も把握。転職希望エンジニア向けの独自の情報提供もあり、転職先の職場環境を気にする人はレバテックキャリアの利用を強くおすすめします。

レバテックキャリアの利用メリットや口コミでの評判をもっと詳しく

IT転職エージェントを利用しプログラマー転職する場合は資格取得を

プログラミング未経験者がIT転職エージェントを利用しプログラマー転職を希望する場合、未経験可能でも全く知識がない状態では紹介を得られないことがある点に注意が必要。第二新卒など20代前半などは例外の場合もありますが、最低限基本情報技術者試験などを取得済みなことが望ましいです。

独学でプログラミングを学んだと言うだけではプログラマーとしての能力の判断が難しく、客観的に判断できる資格があれば有利。自作のWEBサイト、WEBシステムをポートフォリオとして見せられれば資格や職歴の代わりになります。

IT専門転職エージェントのキャリアコンサルタントは、丁寧なヒアリングで自分の強みやアピールポイントもアドバイスしてくれます。キャリア相談に定評のあるエージェントの利用が未経験者のプログラマー転職成功に繋がります。

初心者歓迎企業や派遣エンジニアの求人は大手転職エージェントでも

実務未経験や初心者歓迎、派遣エンジニアの求人を探す場合は、リクルートエージェントやマイナビエージェントなど大手転職エージェントもおすすめです。大手転職エージェントは求人数が多く、一般企業のシステム管理担当や常時募集の派遣エンジニア案件などが見つかる場合も。

プログラマー実務未経験者の場合、IT専門転職エージェントと大手転職エージェントと複数登録すると転職成功の確率が高くなりおすすめです。

まとめ:未経験からプログラマー転職を成功させるために

未経験からプログラマー転職に成功するための方法を、プログラマーの仕事内容や必要なスキル・資格、成功事例、おすすめプログラミングスクールとIT転職エージェントの利用方法と併せて紹介しました。学歴や職歴よりも能力重視なのがプログラマー転職。プログラミングスクールを利用したプログラム言語の習得や、IT関連の資格を取得すれば未経験でも転職成功が可能です。

経験がないからプログラマー転職は無理と諦める前に、プログラミングスクールの無料体験や、IT転職エージェントの無料転職相談など、まずは一歩踏み出すのがおすすめです!