PE-BANK(ピーイーバンク)の評判・口コミ~フリーランスにおすすめ!

PE-BANK(ピーイーバンク)

PE-BANK(ピーイーバンク)は、1989年設立とフリーランスエージェントの中でも早くからサービスを提供する老舗エージェント。北海道から九州・福岡まで全国9拠点でフリーランスエンジニアに案件を紹介、サポートサービスを提供しており、PE-BANK歴5年以上のエンジニアが44%と利用者の満足度が高い点が口コミでも評判です。

またWEBサービスやゲーム開発に強いフリーランスエージェントが多い中、PE-BANKの強みは業務系の常駐案件。Javaや.NET(VB・C#)、インフラ系案件が全体の45%を占め、また登録者の平均年齢41歳と他のフリーランスエージェントと比較しやや高めの傾向も特徴。長期で案件に取り組みたいITエンジニアにおすすめのエージェントです。

このページでは、東京を含む日本国内各地で業務系のフリーランス案件を探すITエンジニアにおすすめのフリーランスエージェント・PE-BANK(ピーイーバンク)について、利用メリットやおすすめ理由、デメリット、利用者による評判・口コミをまとめて紹介します。

目次

PE-BANK(ピーイーバンク)とは~老舗のフリーランスエージェント

PE-BANKのロゴPE-BANK(ピーイーバンク)は、1989年設立の老舗フリーランスエージェントサービス。北海道から東京、大阪、福岡まで9拠点で広範囲なエリアをカバー、取引企業数は約1,000社、案件数は常時5万件以上、就業中のエンジニア数は2,025名(2019年8月時点)と、規模の大きなフリーランスエージェントです。

特に他のフリーランスエージェントに少ない地方案件に強い点が口コミでも評判で、またPE-BANKは登録中のエンジニアへの手厚いサポートでも評判のフリーランスエージェントです。

地方での独立や業務系専門のITエンジニアにおすすめのサービス

PE-BANK(ピーイーバンク)は業務系案件に強みを持つフリーランスエージェントで、非公開も含めて常時5万件以上の案件には官公庁や地方の大手企業案件もあり、秘匿性が高い常駐案件が中心

PE-BANKはWEBサービスやゲーム・アプリ開発よりも、業務系専門のITエンジニア向けのサービスで、業務系システム開発の経験が豊富なエンジニアにおすすめのフリーランスエージェント。特に地方では正社員転職に加えてPE-BANKに登録してフリーランスや独立も考えれば、キャリアの選択肢が広がります

運営会社・株式会社PE-BANKについて

PE-BANK(ピーイーバンク)を運営する株式会社PE-BANKは、前身が首都圏コンピューター協同組合という労働組合であるフリーランスエージェント。1989年に組合員15名からスタートし、ITエンジニアの働き方改善に力を入れてきた経緯があり、現在も福利厚生や教育制度などフリーランスエンジニアへの手厚いサポートが口コミでも良い評判です。

サービス名 PE-BANK(ピーイーバンク)
運営会社 株式会社PE-BANK(PE-BANK, Inc.)
本社所在地 東京都港区高輪2-15-8
支店・営業所 北海道支店(札幌)・東北支店(仙台)・中部支店(名古屋)・関西支店(大阪)・京都営業所・岡山支店・広島支店・九州支店(福岡)
事業内容 ・有料職業紹介事業(フリーランス案件紹介)
・労働者派遣事業

PE-BANK(ピーイーバンク)の良い評判~利用メリット・おすすめ理由

PE-BANKのメリット

PE-BANK(ピーイーバンク)利用歴5年以上の登録者が約45%を占めるなどフリーランスのITエンジニアから信頼が高く、充実したサポートも口コミで良い評判のフリーランスエージェント・PE-BANK。最初に他のエージェントとの比較でPE-BANKの利用メリットやおすすめ理由を紹介します。

北海道・福岡など地方を含む9拠点のフリーランス向けサービス

ゲーム開発やアプリなどWEB系案件に強いフリーランスエージェントでは東京の案件が多いのが特徴の一方、業務系案件に強いPE-BANK(ピーイーバンク)は地方都市も含む9拠点でフリーランス向けに仕事情報を提供、サービスを提供している点が特徴です。

PE-BANKのサービス拠点は東京、札幌、仙台、名古屋、京都、大阪、岡山、広島、福岡と北海道から九州まで広くカバー。登録エンジニアの約半数は関東圏ですが、製造業の多い名古屋を中心とした中部圏も約10%、他のエージェントでは少ない中国・四国地方在住のフリーランスエンジニアも登録しています。

PE-BANKは、業務系のシステム開発スキルや経験が豊富なITエンジニアで、特に地方で仕事を探す方から口コミで評判の良い、おすすめのフリーランスエージェントです。

地方在住の客先常駐プログラマーやSEの転職にもおすすめと評判

PE-BANKはフリーランスで活躍中のITエンジニアはもちろん、客先常駐で経験を積んだプログラマーやSEにもおすすめ。特に地方の場合、正社員転職以外のキャリアの選択肢として、PE-BANKを利用したフリーランスとしての独立をおすすめする口コミや良い評判もあります。

未経験から客先常駐エンジニアとして採用された後、年収アップのために正社員転職を考えがちですが、地方を含め全国9拠点でサービス展開するPE-BANKなら高単価のフリーランス案件が見つかる可能性も高く、正社員転職と合わせて検討がおすすめ。ちなみに、PE-BANKの相談・カウンセリングは無料です!

PE-BANK(ピーイーバンク)の詳細・無料カウンセリングは公式サイトへ

高単価・低マージン、利用歴で増える分配率が口コミで良い評判

PE-BANKはマージン率を公表している数少ないフリーランスエージェントの1つで、透明性が高いエージェントとして口コミでも評判。正確には、PE-BANKではすべての契約が顧客(企業)・株式会社PE-BANK・フリーランスエンジニアの3者間での共同受注契約となり、契約書面でPE-BANKとフリーランスエンジニア、双方の報酬を確認できます。

またPE-BANKでは、事前にマージン率=フリーランスエンジニアが受け取る分配率を公式サイト上で公開しています。

PE-BANKのマージン(分配)率
PE-BANKが公式サイトで公開中のマージン(分配)率

分配率はPE-BANK利用歴が長いフリーランスエンジニアほど上がり、高単価で年収もアップ。報酬受け取り回数が25回以上の場合はフリーランスエンジニアの分配率が92%(マージン率8%)と低マージンがメリットで、PE-BANKが口コミで良い評判の理由です。

マージンを公表する他のフリーランスエージェントサービスと比較しても、PE-BANKのマージン率は低く高単価で、利用歴が長いエンジニアが多いのも納得です。

フリーランスエージェント選びでは案件数に加えてマージンも重要

フリーランスエージェントの比較では案件数の比較が重要ですが、マージンや福利厚生などサービス内容比較も重要。フリーランスエンジニアがエージェントに支払うマージンは、営業や事務の代行費用や福利厚生の費用と言えますが、低マージンで福利厚生面のサポートが少ないエージェントの場合もあります。

一方、PE-BANKの口コミや評判を確認すると、低マージンに加えてITエンジニア向けの各種サポートも充実した最高のフリーランスエージェントとの評価もあります!

また口コミ情報を確認すると、多くのフリーランスエンジニアが複数エージェントに登録、案件を探している様子が分かります。案件・登録エンジニア数ともに多いレバテックフリーランス、充実したサポートに加えて低マージンで年収アップが期待できるPE-BANKなど、強みの異なるフリーランスエージェントを数社登録、案件を比較するのがおすすめです。

スキル・年収アップ可能な案件が豊富、非公開案件も全体の9割と多い

業務系のフリーランス案件に強いPE-BANKは、取引先に官公庁や大手企業も多く、開発自体を公表できない非公開案件が全体の9割と多い点が特徴。公式サイトで公開中の案件数は一部のみのため、案件の紹介を受けるにはPE-BANKへの無料登録・エントリーが必要です。

PE-BANKの案件は常時5万件以上。新たな技術に挑戦、スキルアップできる案件や、年収アップ可能な高単価案件が見つかる可能性も高い点が、登録をおすすめする理由です。

業務系システム開発の経験があるITエンジニアは、まずはPE-BANKに無料登録、具体的に紹介可能な案件の確認がおすすめ。キャリアアップにつながる案件に出会えると口コミでも評判です!

営業代行によりフリーランスエンジニアは仕事に時間を集中できる

PE-BANKは営業代行サービスに強く、フリーランスエンジニアは仕事に時間を集中できる点がメリット。特に大手フリーランスエージェントは案件紹介、キャリア相談、就業中サポートで担当が違うことも多い一方、PE-BANKは一人の担当者によるサポートが特徴。各フリーランスエンジニアのスキルや強み、希望条件を理解したPE-BANKの専任担当者がサポートしてくれる点がメリットです。

ITエンジニアがフリーランスを選ぶ理由には年収・キャリアアップだけでなく、家庭との両立やスキルを磨く時間の確保などの場合も。PE-BANKでは各エンジニアの事情を理解した営業担当者が案件を紹介、希望条件に合う案件の紹介や案件参画中のサポート、契約終了1ヶ月前から次の仕事の紹介など、フリーランスエンジニアが営業活動をせずに済む丁寧なサポートが口コミでも評判です。

フリーランスエージェントの利用メリットは営業と事務の外注化

フリーランスエンジニアの悩みの1つが案件確保で、案件に集中すると営業時間が確保できず、継続して仕事を得ることが難しいとの口コミも。一方、PE-BANKなどのフリーランスエージェントはエンジニアの代わりに営業を代行するサービスであり。マージンや手数料は広告料や外注費用。エンジニアは案件に集中できる点が利用メリットです。

正社員エンジニアなら、案件獲得は営業、請求書や事務処理は総務や経理が担当、ITエンジニアは開発に集中できます。フリーランスエンジニアの場合は、PE-BANKのようなフリーランスエージェントを活用し、営業や事務を外注するのがおすすめの方法です。

確定申告や福利厚生など、充実したサポートも口コミで評判

PE-BANKはフリーランスエンジニアの組合から生まれたフリーランスエージェントで、充実したサポートも特徴。営業代行に加え、フリーランスとしての独立に対するリスクや不安を解消するサービスなど、手厚いサポートも口コミで良い評判の理由です。

例えば、確定申告ではPE-BANKの委託税理士が説明会から各種書類の作成指導、税務署への提出代行、決算書の作成まで指導。税務相談もでき、フリーランスとして独立直後でも不安なく確定申告手続きが可能と評判です。

またPE-BANKの福利厚生では定期健康診断サポートなどの健康面だけでなく、フリーランスエンジニア専用クレジットカード、医療費給付や事業資金の貸付など、PE-BANK独自のサポートも。フリーランスエンジニアが安心して生活できる各種サポートも、PE-BANKの利用メリットであり、おすすめ理由です。

正社員並みの教育制度を利用可能な点もメリット・おすすめ理由

SIerなどのIT関連企業で働く正社員エンジニアの場合は資格取得制度や教育制度を利用可能なのと比較し、フリーランスの場合は自分で学習機会を作る必要があり、試験費用やITセミナー受講費用も自己負担。フリーランスになって新しい技術や資格を勉強する時間が減ったとの口コミも少なくありません。

一方、PE-BANKは正社員並みの充実した教育制度も評判で、フリーランスエンジニアのスキルアップを支援。IT資格取得支援対象の資格試験(情報処理技術者、オラクルマスター、CCNAなど)に合格すると授業料全額補助、不合格でも半額補助を受けられます。ITエンジニアの必須スキルになりつつある英語もTOEIC、英検の受験料補助を利用可能です。

ITセミナー受講支援では、IT関連のセミナーや勉強会の1回あたりの受講料を半額、年間5万円までの補助も。またIT関連書籍の割引購入やオンライン英会話の授業料割引なども利用メリット・おすすめ理由です。

PE-BANKは、資格取得やスキルアップを続けたいフリーランスエンジニアにとって、無料登録だけで案件紹介と教育制度の両方が手に入る、おすすめエージェントです!

PE-BANK(ピーイーバンク)の詳細・無料カウンセリングは公式サイトへ

PE-BANK(ピーイーバンク)の評判・口コミから分かったデメリット

手厚いサポートと低マージンで利用歴の長いITエンジニアが多いPE-BANK(ピーイーバンク)ですが、一方で利用者の評判や口コミを確認するとデメリットや注意点もあります。

WEBサービス、ゲーム、アプリ開発案件は少ない点がデメリット

PE-BANKの強みは業務系案件で、WEBサービス、ゲーム、アプリ開発のフリーランス案件は少ない点がデメリット。Android、iOS案件もあるものの、他のフリーランスエージェントと比較して数は少なめです。

官公庁や大手企業などでの業務系常駐案件を探す場合は、PE-BANKはスキルと経験を活かせる案件が多く見つかるエージェントですが、WEBサービスやゲームを作りたいWEBエンジニアは他のフリーランスエージェントがおすすめです。

経験豊富なエンジニア向けで業務未経験では紹介が少ない点に注意

PE-BANKは経験豊富なエンジニア向け案件が中心で、業務未経験やプログラミングスクール卒業直後の初心者レベルの場合は紹介可能な案件が少ない点に注意が必要。PE-BANKは実務経験2年以上が目安ですが、短期間でも十分な実力があると判断されれば紹介案件がある場合も。

地方の業務系案件でキャリアを積みたいが、今の業務経験では不安な場合はPE-BANKの無料面談・カウンセリングに申し込み、早めの相談がおすすめです。

PE-BANK(ピーイーバンク)のサービス利用までの流れ

以上、PE-BANK(ピーイーバンク)の利用メリットやおすすめ理由、デメリットを口コミの評判とあわせて紹介しました。以下、PE-BANKのエージェントサービスを利用し、フリーランスエンジニアとして働くまでの流れを紹介します。

STEP1:PE-BANK(ピーイーバンク)公式サイトで無料登録

PE-BANKの登録フォーム

まずはPE-BANK(ピーイーバンク)公式サイトの申し込みフォームから無料登録をします。名前、性別、生年月日、メールアドレス、電話番号とエリアの入力だけの簡単な登録で、任意で希望条件やスキルを入力すれば、条件に合う案件紹介に最適な担当から連絡がもらえるため、早く案件探しをしたい方は詳細の入力がおすすめです。

PE-BANK(ピーイーバンク)の詳細・無料カウンセリングは公式サイトへ

STEP2:会社説明、個別面談・カウンセリング

PE-BANK担当者と個別面談・カウンセリングを行います。個別面談はオンライン面談の対応も可能で、職務経歴やスキル、希望条件がヒアリングされ、エンジニアに最適な案件が提案されます。

PE-BANKは各拠点で案件紹介やキャリア相談のイベント、適職フェアを随時開催中で、フリーランスになることを迷う方、疑問がある方は気軽に参加がおすすめ。現在はオンラインで対応しており、気になる方はPE-BANK公式サイトでスケジュールを確認しましょう。

STEP3:フリーランス案件の提案

PE-BANKが営業活動代行で獲得した案件から、エンジニアのスキルや経験、希望条件に合う案件が提案されます。公式サイトでは掲載されない非公開案件には官公庁や大手企業案件もあり、思わぬスキルアップ・年収アップが可能な案件の紹介も。

STEP4:取引先企業との打合せ・合意

PE-BANKの営業担当が提案した案件で気になる仕事があれば、取引先企業との打ち合わせへ。PE-BANKでは取引先企業との契約内容を報酬も含めすべて公開しており、条件の確認・合意後、三者間で契約を締結します。

STEP5:プロ契約手続き・案件へ参画

条件合意後のプロ契約手続きなど、案件ごとの契約手続きなどの事務作業はPE-BANKが代行。契約開始後の請求書の作成・送付、入金確認などもすべて代行してくれるので、エンジニアは案件に参画後もプロジェクトに集中できます。

PE-BANKは、フリーランスエンジニアの仕事が途切れないよう、契約終了1ヶ月前には次の案件を紹介。PE-BANKで仕事歴を積み、報酬受け取り回数が増えると、フリーランスエンジニアの分配率が増えて年収も増加。PE-BANK歴10年以上のプロエンジニアも多いのも納得です!

PE-BANK(ピーイーバンク)の特徴まとめ~地方で業務系案件を探す方におすすめ

PE-BANK(ピーイーバンク)は北海道や名古屋、福岡も含む全国9拠点でサービスを展開、業務系案件が強みのフリーランスエージェント。長く続けるほど分配率が上がる(マージン率が下がる)システムや充実した教育制度や福利厚生が口コミでも評判で、地方で常駐案件を探すフリーランスエンジニアにおすすめのサービスです。

PE-BANKを利用メリット・おすすめの理由を改めてまとめると、以下の通りです。

  • 北海道から九州・福岡まで、全国9拠点でフリーランス向けのサービスを提供
  • 利用歴にあわせて増える分配率で低マージン・高単価が評判、年収アップも可能
  • 非公開案件も含め常時5万件以上と豊富な案件数も特徴
  • 営業代行サービスで、エンジニアは仕事に集中できるのがメリット
  • 確定申告から福利厚生まで、口コミで評判の充実したサポート
  • 正社員並みの教育制度もおすすめ理由

PE-BANKは業務系案件の経験を活かしフリーランスになりたいITエンジニアや、官公庁・大手企業案件でスキルアップ・年収アップを目指すフリーランスエンジニアにおすすめのサービスで、正社員並みの福利厚生や教育制度も口コミで評判。ぜひ一度無料カウンセリングをお試しください

PE-BANK(ピーイーバンク)の詳細・無料カウンセリングは公式サイトへ

他のおすすめフリーランスエージェント情報は、別記事「フリーランスエージェントのおすすめ徹底比較」をご確認ください!