【2020年最新】学習がおすすめの人気プログラミング言語ベスト5

プログラミング言語のおすすめは?

IT業界で最も基本的な技術・プログラミング。SE、プログラマー、WEBエンジニアにとって、どのプログラミング言語を習得しているかはキャリアや年収につながる重要な要素です。

パソコンの時代からスマホやタブレットに移行、同時に必要なプログラミング言語も変わりました。2020年現在はスマホで利用するゲームやアプリ、AIや人工知能、機械学習関連のプログラミング言語の需要増加が予想され、おすすめのプログラミング言語も変化。システムエンジニアやプログラマー、WEBエンジニアの基本技術であるプログラミングですが、将来性のあるプログラミング言語を学習すれば年収アップも期待できそうです。

このページでは、2020年に学びたい人気・おすすめのプログラミング言語を紹介、各言語別の平均年収や転職求人件数、将来性などの観点で最新情報を紹介、徹底解説します。

プログラミング初心者が勉強するなら、おすすめ言語はどれ?

プログラミング初心者からIT業界への転職希望者は増加傾向の一方、慢性的な人手不足を抱えるIT業界では実務経験不問の求人も増加。今後はプログラミングスクール卒業直後の初心者プログラマーが採用されるケースも増えそうです。

ただしプログラミング言語には多くの種類があり、使用可能な言語次第で収入や案件・仕事数に差があります。求人が多いプログラミング言語ほど勉強の難易度が高いという特徴はなく、PHPなど初心者向けプログラミング言語でもWEBサイトの開発でよく採用され、高収入を得られるプログラミング言語もあります。

以下、プログラミング言語別のITエンジニア人数や平均年収、求人数、フリーランス案件数について2020年現在の最新データを紹介、学習・習得がおすすめの人気プログラミング言語はどれかを確認します。

プログラミング言語別のITエンジニアの人数

総合IT人材サービスを提供するレバテックの転職部門・レバテックキャリアが2019年12月に発表した最新のITエンジニア動向総まとめを参考に、プログラミング言語スキル別のITエンジニア人数を確認します。

プログラミング言語スキル別のITエンジニア人数

レバテックキャリアに登録中のITエンジニアが利用可能なプログラミング言語別に人数をランキングにすると、圧倒的1位がJava(42.0%)。次いでPHP(10.5%)、C#・C#.NET(9.2%)、C言語、JavaScriptという結果。
 
JavaやPHPはWEBサービスでの利用も多く、ITエンジニア人口や求人数が多い点が特徴で、習得がおすすめのプログラミング言語です。C#はWindowsアプリやiPhoneアプリ、Androidアプリの開発で使用され、GUIのきれいなアプリが作れる点が特徴の人気プログラミング言語。C言語は様々な環境の開発に使え、プログラミングの基礎学習におすすめのプログラミング言語ですが、初心者には習得難易度が高い点が特徴です。

プログラミング言語別の平均年収

2020年に勉強を始めるなら求人数に加え、高収入のプログラミング言語を選ぶのもおすすめ。プログラミング言語別の平均年収を、日経XTECHが2019年11月に発表した最新の「開発言語別・技術者年収ランキング」から紹介します。

日経XTECH年収調査

調査対象者の平均年収は641万円と、国税庁の「民間給与実態統計調査」による全職種対象の平均年収より200万円ほど高く、ITエンジニアの平均年収は一般職より高いのが現状で、プログラミング言語別の年収比較では、1位JavaScript、2位SQL、3位C/C++、R、4位VBA、5位Pythonという結果。

JavaScriptが1位の理由は、サーバーサイドJavaScriptのNode.jsやフレームワーク技術者の需要増加が高年収につながった様子。また3位のR言語は、統計解析やデータサイエンスで使われるプログラミング言語で、ソースコード自体の難易度は低めですが統計分析以外ではあまり使わないやや特殊なプログラミング言語

5位のPythonはAIや機械学習で利用が多いプログラミング言語で将来性も高く、最近は初心者でも参加可能なPython・AI特化型のスクールで学べるなど学習環境も充実。初心者でも習得しやすいおすすめプログラミング言語の1つです。

プログラミング言語別の転職求人件数(2020年9月現在)

プログラミング言語習得後の転職などで重要な求人件数ですが、IT転職エージェント・レバテックキャリアの公式サイトで掲載中の求人件数からプログラミング言語別の人気ランキング(2020年9月現在)を作成しました。転職求人件数から、需要が高いおすすめのプログラミング言語を探ります。

ランキング プログラミング言語 求人件数(レバテックキャリア)
1位 Java 1,246
2位 Perl, PHP 821
3位 JavaScript 663
4位 Python 518
5位 C# 514
6位 Ruby 472
7位 C, C++ 397
8位 HTML 267
9位 Swift 253
10位 SQL 233
11位 VB, VBA, Delphi 128
12位 Scala 89
13位 R 54

求人数でもJavaが圧倒的に需要の高いプログラミング言語で、他の転職情報サイト・リクナビNEXTでも1位はJavaと、求人数の点ではJavaの学習がおすすめ。5位以下で注目は6位のRuby(472件)と9位のSwift(399件)で、IT専門転職エージェントで件数が増えつつある求人。学習しやすさや平均年収の高さなどの特徴を考えると、こちらもおすすめのプログラミング言語です。

プログラミング言語別のフリーランス案件数(2020年9月現在)

転職よりも高いスキルやプロフェッショナル性を要求されるフリーランスのITエンジニアを目指す場合、人気・おすすめプログラミング言語は違うでしょうか。こちらもフリーランスエージェント・レバテックフリーランスに掲載中の案件数(2020年9月現在)からプログラミング言語別のランキングを作成しました。

ランキング プログラミング言語 求人件数(レバテックフリーランス)
1位 Java 1,659
2位 JavaScript 1,194
3位 Perl, PHP 1,092
4位 SQL 513
5位 C# 473
6位 HTML 463
7位 Ruby 440
8位 Python 379
9位 C, C++ 261
10位 Swift 239
11位 Go 180
12位 VB, VBA, Delphi 158
13位 Scala 64

フリーランス案件数でもプログラミング言語・Javaが一番人気で、5位以下には転職求人と同様、RubyやPython、Swiftなどのプログラミング言語があり、フリーランスのITエンジニアとしての需要や将来性も十分にあり、おすすめ。

特にAppleが開発したiPhoneアプリ開発向けのプログラミング言語Swiftは、2014年の発表以降、短期間で需要が増加しています。初心者向けにはオンラインスクールでも学べる開発言語で、1から勉強できる学習環境も整っています。またSwiftに限らず、スマホアプリやゲーム開発で使われるプログラミング言語は人気が高い傾向があります。

2020年最新!学習・習得がおすすめのプログラミング言語ベスト5

プログラミング言語別のエンジニア数、平均年収、転職求人件数、フリーランス案件数から、2020年に学習・習得したいおすすめプログラミング言語を特徴や学習方法と合わせてまとめました。独学以外の学習方法や、初心者の習得難易度も考慮した2020年最新のベスト5です。

  1. Java~求人件数が多く、利用範囲の広い万能プログラム言語
  2. PHP~WEBサービスの利用実績多数、初心者向けで求人も多いプログラミング言語
  3. Python~将来性のある、2020年以降のAI・機械学習で欠かせない言語
  4. Ruby~日本語情報が充実、WEBアプリケーション開発におすすめのプログラミング言語
  5. Swift~iPhoneのゲームアプリ開発で人気のプログラミング言語

Java~求人件数が多く、利用範囲の広い万能プログラム言語

各ランキングで上位のプログラミング言語Javaは、どの言語を学習すべきか迷ったらJavaというほど安定の、2020年も人気・おすすめの言語。独学では学習難易度の高い開発言語ですが、求人件数が多く、利用範囲の広さを考えればプログラミングスクールを利用してでも習得したいおすすめのシステム開発言語です。

WEBサービスからゲーム、Androidアプリまで多くのシステムが利用するプログラミング言語

サンマイクロシステムズ(現在はオラクルに買収)が開発したオブジェクト指向型のプログラミング言語・Javaは、動作環境に依存しない点が特徴で、幅広い分野の製品開発で利用され、最近はWEBサービスや、Androidアプリ・ゲーム開発でも人気です。

Javaは銀行システムなど高い信頼性が必要なシステム開発でも採用され、広範囲で利用可能な点が特徴のプログラミング言語。正社員転職でもフリーランスでも圧倒的な求人・案件数に、プログラミング言語別年収ランキングでも上位のJavaは高収入も期待でき、おすすめです。

初心者でJavaエンジニアを目指す場合、実質無料のプログラミングスクールも

Javaの基本概念は本やWEBで学習できる一方、プログラムの実行環境の構築なども必要なため、実務レベルのJavaの独学での習得難易度は高め。特に仕事のある社会人が効率よく学ぶには、プログラミングスクールの利用がおすすめです。

テックアカデミー・転職保証コース

オンライン完結型のプログラミングスクールで、短期集中でJavaを学習できると評判でおすすめなのがTechAcademy。Javaエンジニア転職保証コース・TechAcademy Pro(テックアカデミープロ)は、プログラミング未経験・初心者でも12週間の集中学習でJavaのITエンジニアとして転職できるコース。終了後、6ヶ月の転職サポート期間に転職・就職できない場合は受講料金が全額返金で、仮に就職が決まらなくても実質無料の点もおすすめ。

活躍の場の広い人気・おすすめのプログラミング言語Javaを、短期間で効率的に学べるTechAcademyで習得、ITエンジニア転職を目指しましょう!

Javaを学べる!テックアカデミー(TechAcademy)受講者の評判やおすすめ理由

PHP~WEBサービスの利用実績多数、初心者向けで求人も多いプログラミング言語

WEBサービスで利用実績が多く、Javaの次に求人数が多いプログラミング言語がPHP。シンプルな構文で初心者も学習しやすい点が特徴で、初めてプログラミングを学ぶ方におすすめ。平均年収も高く習得難易度を考えればお得な言語です。

難易度は低めで学びやすい一方、海外での利用は減少傾向

PHPはインターネット初期、WEBサービス開発言語の代表的な存在でよく利用されたプログラミング言語。PHPはHTMLで書かれたWEBページに埋め込んで利用できる特徴があり、HTMLやSQLとセットで学ぶのがおすすめです。問い合わせフォームやショッピングカート、ログイン機能などWEBサービスの基本機能を開発しやすく、WordPressもPHPを利用して開発されるなど、フリーランス案件も多いおすすめのプログラミング言語です。

比較的難易度は低めで学びやすい一方、海外ではPHPで開発されたWEBサービス(Facebookなど)が他のプログラミング言語に置き替えられ、利用は減少傾向の側面も。しかし、プログラミング初心者がWEBサービスの基本を学ぶのに最適な開発言語で、PHPはWEBエンジニアの最初のステップにおすすめのプログラミング言語です。

PHPを学ぶならWEBサービスを基礎から学べるCodeCampがおすすめ

CodeCampのロゴ

PHPは本やWEBでも情報を得やすく、すでに他のプログラミング言語を習得済みや、HTML・JavaScriptに詳しい人は独学でも勉強可能。一方、IT業界未経験者やプログラム知識の無い人はHTMLから学ぶ必要があり、短期間で習得したい人はWEBサービスを基礎から学べるプログラミングスクールの利用がおすすめです。

人気のオンラインプログラミングスクール・CodeCampが提供するWEBマスターコースでは、HTML、CSS、JavaScript、jQuery、PHP、MySQLとPHP以外にもWEBサイト開発で必要な基本のプログラミング言語スキルをまとめて習得可能。WEBサイト作成経験がなくてもショッピングサイトや検索サイトを開発できるなど、初心者向けにおすすめです。

社会人でも勉強しやすいオンライン完結型プログラミングスクールで、無料の体験レッスンや、経験豊富なITエンジニアによるマンツーマン指導も評判。初心者がPHPやWEBシステム開発を学ぶのにおすすめのプログラミングスクールです。

PHPを学べる!コードキャンプ(CodeCamp)のおすすめ理由や評判・口コミ

Python~将来性のある、2020年以降のAI・機械学習で欠かせない言語

IT専門転職エージェントやフリーランスエージェントで求人数が増加傾向のPythonは2020年に習得したいプログラミング言語の1つ。Python人気は年々高まり、プログラマーの年収も増加傾向で将来性のある開発言語。AIや機械学習で必要なプログラミング言語ですが、習得難易度が比較的低い点もおすすめのプログラミング言語です。

入門レベルのPythonを無料で学べるオンラインサービスもおすすめ

Python(パイソン)の特徴は少ないコード量で簡単にプログラムが書ける点で、習得しやすく初心者向けにもおすすめプログラミング言語。開発言語PHPがWEBサービスでの採用実績が豊富なのに対し、PythonはAIや機械学習分野で利用が進み、将来性も期待できます。

Pythonの入門レベルを学ぶならAI・人工知能学習サービスのAidemy(アイデミー)の無料講座がおすすめ。Aidemyは会員登録後、学びたい講座を有料で受講するオンラインプログラミングスクールですが、Python入門・機械学習概論・ディープラーニング基礎の3コースは完全無料で学べ、プログラミング初心者が試すにはおすすめのサービスです。

本気で学ぶならPython特化型のプログラミングスクールがおすすめ

Aidemy Premium Plan(アイデミープレミアムプラン)

Aidemyの無料コースで学べる内容は基礎・入門的な内容のみのため、本気でPythonを学ぶなら、おすすめはAidemyのプレミアムプラン。AI・人工知能を学習できるPython特化型のプログラミングスクール・Aidemyでは実装レベルのAIプログラミングを勉強でき、また専属チューターのサポートも充実。未経験でも実務で通用するAIスキルを学べる、人気・おすすめのスクールです。

Aidemyのプレミアムプランでは学習期間別のプランを選択、開始後は各コースの授業をオンラインで受講し放題。初心者であれば最初に無料カウンセリングを受け、AIアプリ開発コースやデータ分析コース、自然言語処理コース、LINEチャットボット開発コースなど、パッケージ化されたコースでの学習がおすすめです。受講期間中にコースを修了した場合は無料でコースを追加、勉強を継続可能な点もおすすめです。

今後、高成長が見込まれるAIやIoT市場。Aidemyのプレミアムプランで将来性の高いおすすめプログラミング言語PythonやAIプログラミングを習得、稼げるITエンジニアを目指しましょう!

AI・Pythonプログラミングにおすすめ!アイデミープレミアムプラン(Aidemy Premium Plan)

Ruby~日本語情報が充実、WEBアプリケーション開発におすすめのプログラミング言語

求人件数、フリーランス案件数はランキング上位でないものの、平均年収はJavaを上回る結果もある、おすすめのプログラミング言語がRuby。日本人のまつもとゆきひろ氏が開発したオブジェクト指向スクリプト言語のRubyはコーディングしやすく、フレームワーク(Ruby on Rails)の利用で効率的にWEBアプリケーションを開発可能な点も特徴です。

他のプログラミング言語はオリジナルの資料が英語の場合が多いですが、Rubyは日本語資料が充実しており、初心者が学習しやすいおすすめのプログラミング言語です。

日本企業のWEBサービスで利用実績豊富、スマホアプリ開発も可能

Rubyは日本企業のWEBサービスの利用実績が豊富なプログラミング言語で、代表例はクックパッドや価格.comなど。Ruby on Railsを使えば比較的簡単なコーディングでWEBアプリが作成できる点が人気・おすすめの理由で、iOS、Android用のゲームなどスマホアプリ開発も可能です。

Rubyは少ない記述量で、読みやすいプログラムが作成できる点も特徴で、プログラミング経験者はWEBの情報などで独学も可能ですが、プログラミング未経験者の場合はWEBサービスの基礎から学べるプログラミングスクールの利用がおすすめです。

転職成功率の高いプログラミングスクール・テックキャンプなら10週間でRubyを学べる

テックキャンプ・エンジニア転職(旧テックエキスパート)

Rubyを短期間で学びたい人は、プログラミングスクールのテックキャンプ・エンジニア転職コース(旧テックエキスパート)がおすすめ。テックキャンプ・エンジニア転職では転職できなければ全額返金、転職成功率99.0%(2019年8月時点)と未経験者のIT転職向けにプログラムを提供する、通学とオンラインを組み合わせたスクール。

全額保証対象には条件がありますが、正社員経験のない方がコース終了後にITエンジニアとして採用された実績なども十分。習得可能なプログラミング言語もRubyに加えHTML・CSS、JavaScript、SQLも含まれ、インフラ構築やサービス設計などWEBサービスの基礎をまとめて学べます。初心者でもWEBエンジニアを目指せるおすすめのプログラミングスクールです。

WEBエンジニアになりたいプログラミング初心者は、おすすめプログラミング言語Rubyの学習をテックキャンプ・エンジニア転職の無料カウンセリングから始めてはいかがでしょうか?

テックキャンプ・エンジニア転職のおすすめ理由と評判・口コミ

Swift~iPhoneのゲームアプリ開発で人気のプログラミング言語

求人件数・フリーランス案件数ともにまだ少ないですが、将来性の高さと初心者の学習・習得難易度から2020年のおすすめプログラミング言語の1つがSwift。海外の求人情報サービスindeed.comが発表した言語別給与統計ではPython、Rubyを抑えて1位を獲得、今後高収入を狙える可能性もあるプログラミング言語です。

Appleがアプリ開発向けに作成、初心者でも学習しやすいのが特徴

Swiftは2014年にAppleが発表したオープンソースのプログラミング言語で、iOS、Mac OSなどApple社のデバイス用アプリの開発に利用されます。SwiftはMacやiPhoneのアプリ開発者増加を目的に作成されたプログラミング言語で習得しやすく、シンプルなコーディングが特徴でプログラミング初心者にもおすすめ。

Appleのスマホやタブレット、スマートウォッチ、Apple TVなどのデバイス向けのアプリ開発需要は今後も高いと予測され、Swiftは将来性もあるおすすめプログラミング言語です。

Swiftをオンラインで学べるTechAcademyのiPhoneアプリコース

習得しやすい開発言語とはいえ、プログラミング初心者がSwiftを短期間で効率的に学ぶにはプログラミングスクールの利用がおすすめです。

実践的なプログラミングをブートキャンプで習得できると人気・評判のプログラミングスクール・TechAcademyのiPhoneアプリコースは、作成したアプリのApp Store公開まで可能なおすすめのコース。期間内にゲーム、タスク管理、Instagramと同等機能を持つアプリなど4種類のアプリ作成を通し、転職・就職だけでなくアプリ開発で起業も可能な実践的なSwiftスキルの習得を目指します。

TechAcademyはオンライン型プログラミングスクールで勉強時間や場所が縛られず、学生から社会人まで幅広く人気。SwiftだけでなくiPhoneアプリ作成に必要なXcodeやGit/GitHub、Firebaseも習得でき、週2回マンツーマンのメンタリングも評判でおすすめです。ブートキャンプ終了後は、起業成功者を多数輩出しているアプリコンテストもあり、やる気維持の仕組みも充実しています。

転職・就職に加え、アプリ開発で起業や副業希望の人にもおすすめの、2020年注目のプログラミング言語Swift。Swiftの習得は無料体験もあるTechAcademyのiPhoneアプリコースがおすすめです!

テックアカデミー(TechAcademy)受講者の評判やおすすめ理由

WEBエンジニアを目指すならJavaScriptやHTML、CSSの習得は基本

2020年に限らずWEBエンジニアを目指す人に必要なHTMLやCSS、JavaScriptのスキル。WEBサービスの開発ではJava、PHP、Python、Ruby、Swiftなどと同時に習得していることが前提の基本的なプログラミング言語です。

独学でも学べるWEB開発の基本スキル、HTMLとCSS

WEBサイトの開発は、デザインやコンテンツ内容、動作のためのプログラム、データを格納するデータベースなどから成ります。例えば、Javaなどのプログラミング言語でプログラムを開発、データベース管理にはSQLの知識が、またページ作成にはHTMLのコーディングや、CSSのデザインスキルが必要です。

HTMLとCSSは開発環境も簡単に用意でき書籍やWEBの情報も多いため、独学で十分に学べるプログラミング言語ですが、定期的なバージョンアップも。最新情報を学ぶにはCodeCampのWEBマスターコースのように、PHPなどの開発言語とまとめてWEB開発を学べるコースでの習得も効率的でおすすめです。

JavaScriptで高収入を得るにはNode.jsとフレームワーク習得が必要

JavaScriptはブラウザ側での動作用に開発されたプログラミング言語で、ポップアップウインドウの表示や画像の自動スライドに利用されるなどWEBサイト開発の基本技術ですが、HTMLやCSSとは少し事情が違います。

年収や求人数でランキング上位にくるJavaScriptの技術者は、ブラウザ側の動作(フロントエンド)だけでなくNode.jsというサーバー側のJavaScriptやフレームワークも習得しています。

サーバーサイドJavaScript を利用すればPHPやJavaと同じようにJavaScriptをサーバー側で使えるようになり、小規模で即時性の高いアプリ(チャットやメッセンジャーなど)を開発可能。複雑なアプリや大規模なゲーム開発のニーズからフレームワークの需要が増加しましたが、複数の種類がありすべてのJavaScriptやフレームワークが高収入とは限らないため注意が必要です。

単純にJavaScriptができると言っても、クライアントサイドで動作するレベルは独学で学べるため、高収入や好条件の求人にはつながりません。JavaScriptを強みにするには他のプログラミング言語同様、プログラミングスクールなどでフレームワークの習得がおすすめです。

他のおすすめプログラミングスクール情報は、別記事「プログラミングスクール徹底比較!2020年のおすすめはどこ?」をご確認ください!