IT転職のおすすめエージェントを徹底比較!2020年最新版

IT転職のおすすめエージェントを徹底比較

営業や事務など一般職と比較して、転職やフリーランスとしての独立でキャリアアップや年収アップに成功する人も多いIT業界。最近は紹介や転職サイトでなく、転職エージェントを利用した効率的な転職活動が増えています。

SEやプログラマーなどIT系職種の専門エージェントから、広報や営業なども含めIT業界の幅広い職種で人材サービスを提供するエージェント、応募書類の添削や採用面接の練習なのサポートが強みのエージェントなど、企業により特徴が異なり、どこに登録・利用するのがおすすめか迷ってしまうITエンジニアも。

そこでこのページは、IT転職の成功のためにエージェント利用をおすすめする理由やメリット、エージェントの比較ポイントに加え、2020年に利用をおすすめしたいIT転職エージェントをランキング形式で紹介します。

目次

IT転職成功のカギ~エージェント利用をおすすめする理由

IT転職成功のカギ

ITエンジニアやWEBクリエーターの転職でエージェント利用をおすすめする理由とは何でしょうか?残業が多い環境を変えたい、自分のスキルや経験が年収に反映されていないなど、IT業界での転職動機・理由を踏まえ、IT転職成功のカギとなるエージェント利用のおすすめ理由をまとめます。

登録すれば希望条件に合う求人案件が無料で紹介される

転職エージェント利用をおすすめする1つ目の理由は、転職にかかる手間や時間の削減。残業が多いITエンジニアや、休日出勤もあるインフラ系エンジニアの場合、他職種と比較して「転職活動の時間を作りにくい」とのITエンジニアの口コミが多数あります。

一般的な転職活動は、情報サイトで求人を検索、問い合わせ・応募、面接、採用結果、という流れを個々の会社ごとに行います。応募のたびに提出書類を作成、面接時間を調整、と煩雑な作業が都度発生。仕事中でメールや電話の返事ができず、面接時間を決めるのも一苦労です。

転職エージェントに登録、一度履歴書や職務経歴書を作成しコンサルタントと面接をすれば、条件に合う仕事をエージェントが探し、案件の紹介や応募書類の準備、面接時間の調整をサポート。ITエンジニアは主に確認だけになり、面倒な作業をコンサルタントが代行してくれます。エンジニアの都合も考慮し、現在の仕事への影響を最小限にできます。

転職は急がないが、良い条件があれば会社を変わりたいと考えているITエンジニアも、転職エージェントに登録しておけば思わぬ好条件で転職できる可能性もある点がおすすめ理由の1つです。

経験やスキルを活かしたIT転職で年収アップが期待できる

転職エージェント利用の2つ目のおすすめ理由は、年収アップが期待できる点。特に経験豊富なITエンジニアは、エージェントで適正年収を査定すると現職より年収アップ可能な場合も多く、この金額をもとに転職活動をすれば収入増の可能性が高まります。

転職エージェントは企業と転職希望者の条件をマッチングするので、希望年収を大きく下回る求人はよほどでない限り紹介されません。また、自分からはしづらい採用企業との年収交渉もコンサルタントが担当。IT業界経験者のコンサルタントがいる転職エージェントを選べば、求人とスキルのマッチング力も高く、満足度の高い転職ができおすすめです。

IT転職サイトに無い求人も!キャリアアップにつながる非公開求人

転職エージェント利用をおすすめする最大のポイントは、転職サイトにない求人(非公開求人)の存在。エグゼクティブと呼ばれる高収入・重要ポジションへの転職、新規事業や重要プロジェクトなど秘匿性の高い求人は転職サイトに掲載されません。この転職エージェントが持つ非公開のIT求人は、キャリアアップにつながる可能性が高い、おすすめの求人情報である場合が多いのです。

求人数を見ても、転職エージェントの求人数は転職サイトを上回ります。採用にかかる時間や手間、募集広告掲載費用や面接対応を考え、採用企業側もコスト削減できる転職エージェントの利用が増えています。特にターゲット人材に絞った採用をしたい企業は、事前にスクリーニングした応募者数名から選べる転職エージェントの利用が多いようです。

実際、求人案件数を同じリクルートが運営する転職サイトとエージェントで比較すると、リクナビNEXTの約8,400件に対し、リクルートエージェントは非公開案件も含め約86,000件(2020年7月時点の各公式サイト)。転職エージェントの求人数は全般的に多く、また非公開案件の多い転職エージェントは案件数だけでなくキャリアップの面でも利用価値が大きく、登録がおすすめです。

転職エージェントを選ぶ際の比較ポイント一覧

転職エージェントの比較ポイント

IT転職成功のカギを握るエージェント選び、どのポイントに注目し、おすすめを比較すべきでしょうか?以下、転職エージェントを選ぶ際の比較ポイント4点をまとめて紹介します。

比較ポイント1:希望条件(スキルや待遇など)に合う求人数

まず最初に確認すべき求人数。全体の求人数だけでなく、スキルや経験、待遇などの条件に合致した求人が多いIT転職エージェントであれば、転職成功の確率が高まります。総合人材サービスを提供する転職エージェントの場合、IT関連職の募集が十分あるかの確認もしましょう。

多くの転職エージェントが公式サイトで求人情報を公開中で、登録前に求人内容の確認がおすすめ。WEBサイトに条件に合う求人がなくても非公開求人もあるため、転職エージェント選びの際は非公開求人の件数も確認・比較しましょう。

比較ポイント2:口コミ、評判など各エージェントのおすすめ理由を確認

実際の利用者の口コミは、IT転職エージェント選びの参考になります。募集内容と実際の仕事が違ったなどの口コミが多ければ、マッチング力の低いエージェントかもしれません。逆にこまめな連絡があるなど、良い評判が目立てば転職成功率も高くなります。

最近ではTwitterなどインターネットで簡単に口コミや評判を確認でき、また当サイト・IT転職でイイミライの各転職エージェントの解説ページでも口コミや評判を紹介中です。ぜひ参考にしてください。

比較ポイント3:採用企業との面談や応募書類添削などコンサルタントのサポート・支援

フリーランスや人材派遣と違い、一度転職が決まれば付き合いが終わる転職エージェント。サポートは重要でないと考える人もいますが、職務経歴書など応募提出書類の添削や、企業面談前の打ち合わせ・同行などコンサルタントのサポート次第で採用率が高くなります。

面談でうまく自己PRができない若手ITエンジニアがコンサルタントのサポートで面談成功、採用されたなどの話もあり、特に初めての転職や経験が少ないエンジニアは、アドバイザーやコンサルタントの手厚いサポートが得られる転職エージェントの利用をおすすめします。

比較ポイント4:転職エージェントごとの強み(サービスエリア、経験、業種など)

IT転職エージェントを選ぶ際は何が強みかの確認もおすすめです。特に中小規模の転職エージェントは各社で特徴が異なり、自分が重視するポイントに強みを持つエージェントを選べば、転職成功率も高まります

レバテックキャリアなどIT業界専門の転職エージェントならば、ITエンジニア専門の求人が多いだけでなく業界に詳しいコーディネーターのサポートも。経験が少ないITエンジニアは、マイナビエージェントITなど20代若手エンジニアに強みを持つ転職エージェントの方が求人が多く、おすすめの場合もあります。

また東京など関東での転職を対象とするエージェントが多く、大阪などの関西や九州、名古屋はサービス外というエージェントも。出身地にUターン転職したいなど転職先のエリアが重要な場合、総合転職サービスを提供するエージェントを選ぶのがおすすめです。

IT業界特化の転職エージェント・おすすめランキング

IT業界に特化した2020年最新の転職エージェントをランキング順に紹介します。IT業界特化型エージェントでは、専門性の高い経験豊富なコンサルタントのサポートや年収アップが期待できる求人が豊富な一方、対象地域が限られた中小規模エージェントも多いのが特徴です。

レバテックキャリア~関東・関西・福岡で展開するITエンジニア・WEBデザイナー専門転職エージェント

レバテックキャリア

レバテックキャリアはITエンジニア・WEBデザイナーの転職やフリーランスとしての独立を支援するレバテックの転職エージェントサービス。平均年収アップ率60%、非公開求人を含む重要ポジションへの転職案件などが5,000件以上(2020年7月現在の公式サイト情報)と実績、案件数ともに充実のおすすめエージェントです。

転職のレバテックキャリアだけでなく、新卒向けレバテックルーキー、未経験者向けレバテックビギナー、ハイクラス転職のレバテックエキスパートなど、ITエンジニアのスキルや経験に合わせた複数のサービスを持つレバテックだから、目先の転職だけでなく将来のキャリアプランを考慮したアドバイスがもらえると口コミでも評判です。

まtレバテックキャリアは東京以外に横浜、大阪、福岡にも事業所があり、首都圏以外で仕事を探すITエンジニアにもおすすめの転職エージェント。これらの都市圏で転職を考えるITエンジニアは登録しておくべきエージェントです。

レバテックキャリアの利用メリットや口コミでの評判

Geekly(ギークリー)~大手に負けない求人数、IT・WEB・ゲーム業界特化の転職エージェント

Geekly(ギークリー)の求人例

IT・WEB・ゲーム業界に特化した求人紹介で評判の転職エージェント・Geekly(ギークリー)非公開案件が10,000件以上(2020年7月現在の公式サイト情報)、またギークリーだけの独占案件も多く、他社で希望条件に合う求人がないというITエンジニアに満足度の高い転職ができると評判。

マッチングを科学してきたギークリーは、独自のノウハウで登録から内定まで平均1ヶ月と転職のスピードにも強みを持ちます。エンジニアだけでなくIT業界の営業、コンサルタント、管理職の求人も豊富なギークリーは、SEなど技術職だけでなく、IT業界で働きたい他職種の人にもおすすめの転職エージェントです。

東京を中心とした首都圏の求人のみの点がデメリットですが、東京のIT業界での転職希望者は登録がおすすめです。

Geekly(ギークリー)の概要と評判・口コミ

Tech Stars Agent~ITフリーランスに強いMidworks運営会社による転職エージェントサービス

Tech Stars Agent(テックスターズエージェント)

Tech Stars AgentはIT・WEB・ゲーム系特化型の転職エージェントで、運営会社はITフリーランス向けのエージェントとして評判のMidworks(ミッドワークス)と同じ株式会社Branding Engineeer。転職かフリーランスか迷う場合など、柔軟に転職活動をしたいITエンジニアにおすすめの転職エージェントです。

無料のキャリア相談や面接対策などのサポートも万全で、過半数が元ITエンジニア出身者のアドバイザーから的確なアドバイスがあると口コミでも評判。他社を比較して案件数が少ない点がデメリットですが、20代後半から30代の若手で将来を考えた転職活動をしたいITエンジニアは登録をおすすめします。

Tech Stars Agent(テックスターズエージェント)のメリット・デメリット

IT業界に強い総合転職エージェント・おすすめランキング

業種や職種を問わず転職活動をサポートする総合転職エージェント。大規模サービスの強みを生かし、求人数が多く、全国に展開するエージェントが多くあります。その中でも特にIT・WEB・ゲーム業界に強い総合転職エージェントをおすすめ順のランキングで紹介します。

WORKPORT(ワークポート)~転職決定人数No.1、業界出身コンサルタントが転職支援

ワークポート(WORKPORT)

転職決定人数No.1の実績(リクナビNEXTのGood Agent Ranking2018年度上半期)、業界出身のコンサルタントによるマッチングが強みの転職エージェント・WORKPORT(ワークポート)。ワークポートでは転職コンシェルジュと呼ばれるコンサルタントのきめ細やかなカウンセリングとサポートが口コミでも評判です。

ワークポートは現在、総合転職サービスとして様々な職種を扱っていますが、もとはIT系専門の転職エージェント。現在もITエンジニアやWEBデザイナーなどIT系職種やゲーム業界の案件が数多くあり、また保有求人情報の70~95%が非公開案件と、ワークポートでしか見つからない求人も多数です。

ワークポートは全国14か所、海外2か所に拠点を持ち、広範囲でサービス展開。名古屋や大阪はもちろん、仙台や広島、福岡で転職したいITエンジニアにもおすすめの転職エージェントです。

ワークポート(WORKPORT)のおすすめ理由と評判・口コミ

マイナビエージェントIT~20代若手エンジニア転職に強い総合転職サービス

マイナビエージェントIT

20代に信頼される転職エージェントNo.1、マイナビエージェント(楽天リサーチ2018年1月調査)。営業職や事務職なども扱う総合転職サービスですが、IT・通信業界、インターネット・ゲームの転職にも強いと評判です。特にIT転職専門のマイナビエージェントITには、システムエンジニア(SE)やプログラマーが高年収を狙える大手企業求人も。

マイナビエージェントITはキャリアカウンセリングや応募書類の添削など、転職支援サポートも充実。全国でサービスを展開し求人案件数が多いことに加え、第二新卒や女性の転職に力を入れているのも特徴です。特に20代若手エンジニアの転職であればマイナビエージェントITの登録がおすすめです。

マイナビエージェントITの特徴や評判

リクルートエージェント~転職支援実績No.1、業界最大級の非公開求人を持つ

リクルートエージェントのおすすめ理由

リクルートエージェントは、人材・メディアサービスで知名度の高いリクルートの転職エージェント。転職支援実績No.1、業界最大20万件以上の非公開求人数(2018年3月期時点で転職支援実績累計45万名以上、リクルート調べ)と名実ともに最大手転職エージェントと言えるのがリクルートエージェントです。

職種に合わせ業界に精通した経験豊富なアドバイザーのマッチング、提出書類の添削、面接対策と転職サポートも充実。IT業界に特化したサイトも用意し、SEなどIT求人案件も公開非公開合わせて約86,000件と豊富(2020年7月現在の公式サイト情報)な点もメリット。

地方都市、第二新卒、外資系・グローバルでの転職など中小規模の転職エージェントで取り扱いが少ない求人が見つかるのも大手のリクルートエージェントならではの魅力で、豊富な求人数の中から転職活動をしたいITエンジニア、WEBエンジニア、クリエーターはリクルートエージェントの利用をおすすめします。

リクルートエージェントの口コミ・評判のまとめ

特徴的なサービスで評判のおすすめ転職エージェント

先に紹介した6社以外に特徴的なサービスで評判のおすすめエージェントを紹介します。ITエンジニアとして転職するには実務経験の足りない新卒や第二新卒、未経験者や、地方での転職活動に強みを持つ転職エージェントです。

社内SE転職ナビ~業界最大級、社内SE特化の転職エージェント

社内SE転職ナビ

社内SE転職ナビは名前の通り社内SEに転職したいエンジニアに特化した転職エージェント。今の働き方を変えたいSE(システムエンジニア)に口コミで評判です。SEには社内SEの他、派遣エンジニア、一人常駐といった働き方も多く、残業が多いのに収入が低い、契約単位で生活が不安定と不満を多く持つエンジニアも少なくありません。

社内SE転職ナビのアンケート結果、転職理由の1位は労働時間と給料のバランスの改善。SEの中でも比較的安定した働き方のできる社内SEへの転職をめざすのが社内SE転職ナビです。転職支援実績約15,000名、紹介可能企業約4,000社、有効求人数約6,500件と実績も豊富(2018年12月時点、公式サイトより)。

社内SE転職ナビは社内SEに特化して転職活動をするITエンジニアは必ず登録したいおすすめの転職エージェントです。

社内SE転職ナビはおすすめ転職エージェントかを徹底解説

ポテパンキャリア~第二新卒や未経験でもプログラミングスクール経由で転職をサポート

求人数も多く、高年収も狙えるITエンジニア。新卒や第二新卒、プログラミング未経験でもITエンジニアやWEBエンジニアに転職したいと考える人は多いです。これまで紹介した転職エージェントは若いエンジニア向け求人があっても、未経験者は対象外がほとんど。新卒や第二新卒でも専門学校でプログラミングを学んだなど、基礎があることが前提です。

ポテパンキャリアは20代専門のエンジニア転職エージェントで、転職サポート付きプログラミングスクール・ポテパンキャンプも運営、未経験でもスクールを終了すればIT転職が可能です。

ポテパンキャリアは現在のトレンド、WEB業界に強いのも特徴。プログラミング未経験者はもちろん、WEB業界に転職したい若手ITエンジニアにも登録をおすすめします。

ポテパンキャンプ(POTEPAN CAMP)の評判やおすすめ理由

doda(デューダ)~転職情報最大手、スカウトサービスや全国的に求人が豊富

Doda(デューダ)はネット全盛期前から求人情報誌で名をはせた総合転職情報サービス大手。現在はオンラインで求人情報を掲載するほか、専門スタッフによるエージェントサービス、スカウトサービスなど幅広い転職支援を行っています。

大手エージェントであるデューダのサイト掲載求人数はITエンジニアだけで約17,000件、エージェントサービスの持つ非公開求人は他職種含め10万件を超えます(2020年7月時点、公式サイトより)。

デューダの豊富な求人は全国をカバー。名古屋を含む愛知県、大阪・京都など関西圏、福岡を中心とした九州など東京以外で転職を希望するITエンジニアや地元に戻りたいUターン転職希望者は登録して損のないおすすめ転職サービスです。

他のおすすめ転職エージェント情報は、当サイト・IT転職でイイミライのIT・WEB業界転職エージェントおすすめランキングをご確認ください!