未経験からのネットワークエンジニア転職~おすすめの成功方法

未経験からのネットワークエンジニア転職

ITエンジニアにはプログラマーやSE(システムエンジニア)だけでなく、ネットワークやサーバーを運用・管理するインフラ関連の仕事に携わるエンジニアも多数います。中でもネットワークのスペシャリスト、ネットワークエンジニアは未経験者からの転職成功事例も多く、転職業界でも注目のIT職種。

ネットワークはIT社会における重要なインフラの1つですが、IT業界全体の人手不足もあり、実務経験無しでも基礎知識さえあれば未経験歓迎の求人募集を行う会社も多く、教育研修制度の整った会社の場合は知識さえ問わない場合も。

このページではIT業界未経験の転職希望者でネットワークエンジニアに興味がある方を対象にネットワークエンジニアの仕事内容や求められるスキル・資格、給与・年収、転職成功事例をまとめました。合わせて未経験からのネットワークエンジニア転職でおすすめのITスクールや転職エージェントを紹介します。

未経験でも転職可能?ネットワークエンジニアの仕事とは

ネットワークエンジニアは、ITエンジニアの中でもインフラ・ネットワークを専門にするエンジニアで、ネットワークエンジニアの仕事は、設計・構築と運用・保守の大きく2つに分けられます。まず、未経験でも転職可能なネットワークエンジニアの仕事内容や給与・年収、求められるスキルや資格などを紹介します。

インフラ設計・構築~経験が重視されるネットワークエンジニア業務

ネットワークエンジニアの主要業務の1つ、ITインフラの設計・構築。クライアント企業の要件を分析してインフラを設計、ネットワーク機器の選定や設定・構築、運用設計などが具体的な仕事に含まれます。インフラ設計や構築にはネットワークエンジニアとしての豊富な経験が必要で、未経験の場合は資料作成や簡単な設定などの仕事で経験を積む必要があります。

以下、一般的なインフラ設計・構築の流れに沿ってネットワークエンジニアの仕事を確認します。
 

  1. 要件分析・定義
  2. インフラ設計
  3. ネットワーク機器の選定・発注
  4. 各機器をテスト環境下で設定・構築
  5. 実環境で機器を構築・テスト
  6. 運用・保守

ネットワークエンジニアなどインフラ系エンジニアの業務で重要なのはスイッチやルーターなどハードウェアの選定。クライアント企業の要件を満たすネットワーク機器選びには知識と経験が必要な上、IT機器は入れ替わりが早く、機器のアップデートやサポート終了などの考慮も必要で、仕様確認も含めベンダーとのコミュニケーションも重要です。

各ネットワーク機器は納品前にテスト環境を構築し、必要な設定やソフトウェア、パッチ等のアップデートなどを行います。この過程でケーブルの長さや本数、電源数量などの過不足が発覚することもあり、ネットワークエンジニアの経験でプロジェクトの成否が変わることもあります。

実環境の構築は企業の業務に影響がないよう夜間や休日の場合もあり、また力作業の場面では未経験者も含めてチーム全員で助け合う場面も。ネットワークエンジニア自身がかかわる構築作業は半日から数日の場合がほとんどですが、プロジェクト全体では配線など大規模工事が必要で数ヶ月かかる場合もあります。

運用・保守~未経験者・初心者向けのネットワークエンジニア業務

ネットワークエンジニア業務の中でインフラの設計・構築では経験が重視されるのに対し、未経験者・初心者向けの仕事がネットワークの運用・保守です。ネットワークの運用・保守業務とは具体的には以下のような仕事です。

  • リモートでのネットワーク環境の監視
  • 定期的な現場訪問による機器の状態確認
  • ソフトウェアやBIOSのアップデート
  • データバックアップの監視
  • ヘルプデスク業務

ネットワークエンジニアの保守・運用業務はリモート対応でき、マニュアル化された仕事が多いのが特徴。研修・指導を受けながら業務を覚えられるため、ネットワークエンジニアの求人募集で未経験歓迎とある場合は保守・運用業務から担当する場合がほとんどです。

なお、ネットワークエンジニアのヘルプデスク業務には、ネットワーク以外のトラブル対応も含まれ、PCの不具合やメール送受信トラブル、ウイルス対応、プリンター出力や、ユーザーアカウント追加など幅広い対応が必要で、社内SE業務と重なる部分もあります。

その他のハードウェア関連IT職種~インフラエンジニアとサーバーエンジニア

ネットワークエンジニア以外にもインフラを担当するインフラエンジニア、サーバースペシャリストのサーバーエンジニアなどのハードウェア関連のIT職種があります。規模の大きい会社では担当が明確に分かれている場合もありますが、中小規模企業の場合、特にサーバーエンジニアとネットワークエンジニアを厳密に分けていない場合も多くあります。

一方、取得すべき資格はネットワークエンジニアとサーバーエンジニアでは異なります。ネットワークエンジニアの場合はCISCO関連の資格などネットワーク機器に関する資格の取得がおすすめで、サーバーエンジニアであればMCPなどサーバーOSに関する資格がおすすめ。未経験者でも、専門性の高い資格を取得をすれば、転職の際に有利です。

ネットワークエンジニアに求められるスキルやおすすめの資格

未経験からでも転職可能なネットワークエンジニアの仕事ですが、ネットワークに関する基礎知識以外に必要なスキルやおすすめの資格を紹介します。

未経験からのネットワークエンジニア転職でおすすめの資格

未経験者のネットワークエンジニア転職でおすすめの資格の1つが、国家資格の基本情報技術者試験。ITの基礎知識が網羅された試験で、受験勉強の過程で学ぶ内容は実際のネットワークエンジニアの仕事現場でも無駄になりません。ただし合格率は20%台、試験も年2回のみのため十分に準備して臨みたい試験です。

またネットワークエンジニアの場合、ベンダーが提供する資格も豊富。中でもCISCO(シスコ)の技術者認定資格は代表的なネットワーク資格で、エントリーレベルからアーキテクトまでの5段階があり、アソシエイトレベルのCCNAがあると未経験でも転職に有利です。独学では難しいもののITスクールなどを利用すれば短期間で取得可能で、ネットワークエンジニア転職を希望する人はスクールを利用した取得がおすすめです。

国家資格のネットワークスペシャリストや応用情報技術者試験、シスコの上位資格は難易度が高く、実務経験なしでは合格は難関なため、未経験者の場合はネットワークエンジニアとして経験を積んでからの取得がおすすめです。

最新知識・情報に敏感、勉強好きな人はネットワークエンジニア向け

どのIT職種も資格取得はおすすめですが、特にネットワークエンジニアは上記のようにベンダー資格も多く、上位資格を取得すれば転職に有利で年収アップも可能。勉強好きな人はネットワークエンジニアに向いています。

またネットワーク機器を管理するソフトウェア、特にセキュリティ情報は日々情報が更新されるため、ネットワークエンジニアは最新情報や知識に敏感なことも必要。こうした最新情報は通常英語で発信されることも多く、ネットワークエンジニアの資格以外では英語力も大きな強みになります。

さらにネットワークエンジニアの設計・構築の仕事では、ユーザーやベンダー担当者と直接接する機会も多く、高いコミュニケーション能力も求められます。

ネットワークエンジニアの平均年収比較~他のIT系職種との比較

ネットワークエンジニアの平均年収は他のIT系職種と比較して高いでしょうか?以下、経済産業省による「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」(2017年8月)から、ITエンジニアの職種別の給与・年収の比較結果を紹介します。

職種 平均年収
高度SE・ITエンジニア(基盤設計・ITアーキテクト) 778.2万円
IT技術スペシャリスト(データベース・ネットワーク・セキュリティなど) 758.2万円
SE・プログラマ(システム開発・実装) 593.7万円
IT保守(システムの保守・サポート) 592.2万円
参考:全業種平均(賃金構造基本統計調査より) 460.6万円

ネットワークエンジニアなどインフラ系のエンジニアでも、システム開発に直接携わるシステムエンジニア(SE)でも、全体設計や構築など上流に関われる経験やスキルあると平均年収は高くなります。一方、システム開発や実装に携わるSEやプログラマなどのIT職種と、保守・運用に関わるネットワークエンジニアなどの職種の間では大きな平均年収の差は無さそうです。

ただし、ネットワークエンジニアなどインフラエンジニアの場合は、IT技術スペシャリストとして各分野で高い専門性を身につけるほど高い年収を得られるのが特徴です。

なお、ネットワークエンジニアやSE上記の・プログラマも含めIT系職種全般の共通点は、他の職種と比較して給与が高い点。全業種の平均年収約460万円と比較してIT職種の平均年収は100万円以上高い場合もあり、この点も未経験からIT転職を目指す方が多い理由の1つです。特にネットワークエンジニアの場合、未経験者が転職しやすい運用・保守業務でも他職種と比較して平均年収は高いため、資格を取得してでも転職する価値は高いです。

ネットワークエンジニアの残業時間や労働時間は?

ネットワークエンジニアの残業時間や労働時間は、設計・構築系と保守・運用でも違いがありあす。設計・構築業務の場合はプロジェクトの納期が決められているため、納期を守るための残業、休日出勤も珍しくありません。

一方、保守・運用業務の場合はサポート対象企業の就業時間に連動したり、時間制の交代勤務が採用されている場合が多く、設計・構築よりも残業は少ない傾向です。残業、休日出勤はトラブル対応など緊急性が高い対応に限定されますが、企業規模が小さく人手が足りない会社では残業時間が多いこともあります。

労働環境次第で残業時間が変わるため、未経験からの転職では職場環境の詳細が確認できる転職エージェント利用がおすすめで、ネットワークエンジニアの場合はデータセンターなど24時間体制の現場もあり、事前の情報収集が重要です。

増加が期待される女性ネットワークエンジニア

経済産業省による「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」(2016年6月)ではIT関連産業の女性比率は24.1%と、全体の4分の1が女性。とは言え、ネットワークエンジニアはプログラマーやWEBデザイナーと比較し、女性比率は多くないようです

ネットワークエンジニアの設計・構築業務では機器の設置などの力作業や夜間作業・休日勤務もあり女性の場合はやや難しい仕事の面もありますが、運用・保守などメンテナンス業務は顧客対応やきめ細かな配慮が必要な作業も多く、女性ならではの対応が期待できる場面もあり、今後はIT人材不足の解消のためにも、女性ネットワークエンジニアの増加が期待されます。

正社員、派遣、常駐~ネットワークエンジニアの働き方

IT業種の中でもプログラマーやSEでは企業に派遣・常住するエンジニアも多いのですが、これはネットワークエンジニアの場合も当てはまります。企業に常駐してネットワークの運用・保守担当のエンジニアとして派遣される仕事あり、高単価で短期間で業務経験を積めることから根強い人気があります。

企業常駐の運用・保守業務はマニュアルがあるルーティン業務も多く、ネットワークエンジニアとして実務未経験者や初心者も採用も多いのが特徴。一方、派遣の働き方の場合は契約・プロジェクト終了時に次の派遣先が決まらないと収入が不安定な場合もあり、未経験の場合はまず派遣でネットワークエンジニアとして経験を積み、将来的には正社員での転職を目指すのもおすすめです。

社内SEとネットワークエンジニア

IT職種の中でも人気の高い社内SE(企業の情報システム部門などで働く正社員のシステムエンジニア)は社内システムの構築のほか、サポートデスクの役目もあり、ネットワークエンジニアの仕事と重なる点もあります。

社内SEの仕事は企業の社内IT全体のサポートとして、ソフトウェアやPC、サーバー、プリンターなどハードウェアの管理や、メール送受信のトラブル対応、ネットワークの保守・運用など、開発の仕事にとどまりません。これらの仕事はネットワークエンジニアの運用・保守の仕事に近く、社内SEはネットワークエンジニアの転職先としても人気です。

未経験者のネットワークエンジニア転職後のキャリアとしては、経験を積んだ後に上級ネットワークエンジニアとして収入アップを狙ったり、働きやすい職場環境に正社員の社内SEとして転職するパターンもおすすめです。

IT業界未経験からのネットワークエンジニア転職・成功事例

全くの異業種から、IT業界未経験でもネットワークエンジニアに転職成功した事例が数多くあります。ITスクールなどで知識やスキルを習得し、ネットワークエンジニア転職を成功させた事例をいくつか紹介します。

ネットワークの知識ゼロで、接客業からネットワークエンジニアに転職成功

接客業の仕事からネットワークエンジニアとして転職を成功させたAさんは、ネットワークエンジニアを養成するITスクールに入ってスキルを習得、最初はネットワーク用語も分からない未経験の状態から、2ヶ月でネットワークの基礎を学び転職に成功しました。

IT業界未経験から、ITスクールの就職支援サービス、面談・面接指導のおかげでネットワークエンジニア転職に成功したと語るAさんですが、現在はネットワーク機器や回線状況の保守・管理を担当、転職による年収増加で生活に余裕ができたことが大きな変化だと言います。

小売店販売員から短期間でネットワークエンジニアの資格取得、転職に成功

小売店販売員としての将来性に不安を感じ、IT職種への転職を目指し、30代でITスクール入学を決めたBさんは、ネットワーク知識のない未経験でしたが、短期間でCCNAの資格取得に成功。ITスクールで集中的に学習した結果、最初はまったく内容が分からなかったCCNAの試験問題も理解できるようになり、ネットワークエンジニアとして、ネットワーク・サーバーの構築、運用保守を行う企業への転職に成功しました。

ITスクールの利用メリットは現役エンジニアによる丁寧な学習指導や、未経験でも短期間で資格取得できるサポート体制、転職成功のための履歴書作成や面接対策などのサポートで、学歴や経歴がなく、30代でもやる気があればネットワークエンジニア転職ができるという成功事例です。

ネットワークエンジニアは勉強すれば確実に知識とスキルが身につきます。未経験だから、IT知識がないからと諦めず、やる気さえあれば未経験でもITスクールの就職支援でネットワークエンジニア転職が可能。まずは無料相談から一歩踏み出してみるのがおすすめです!

未経験からのネットワークエンジニア転職を支援!おすすめの成功方法

上記のような成功事例から、未経験でもネットワークエンジニア転職できることが分かりました。以下、ITスクールやIT専門転職エージェントを利用、未経験からネットワークエンジニア転職に成功するおすすめの方法を紹介します。

転職サポート付きITスクールに通う

未経験からネットワークエンジニア転職を成功させるおすすめ方法は、転職サポート付きITスクールの利用。ネットワークを学ぶには現役エンジニアから学ぶ方法が一番で、独学よりも通学型ITスクールを利用すれば、短期間で効率的にネットワークの基礎知識を習得可能です。

資格取得と転職サポートが無料!ネットビジョンアカデミー

ネットワークエンジニア養成スクール・ネットビジョンアカデミー

一般的なプログラミングスクールと比較して多くないネットワークエンジニア養成スクールですが、その中で短期間で資格習得・転職が可能と評判なのがネットビジョンアカデミー。ネットビジョンアカデミー公式サイトによると就職率98%、CCNA合格率95%と高い実績が特徴で、最短2ヶ月で未経験からネットワークエンジニアに転職成功が可能です。

ネットアカデミーの特徴は1ヶ月でネットワークエンジニアの基礎となる資格CCNAを取得し、短期間での転職をサポートするすべてのサービスが無料の点。また、地方からの参加者向けにシェアハウスも無料で提供、未経験でも東京のIT企業にネットワークエンジニアとして転職したい人におすすめです。

現役エンジニアによるネットワークエンジニアの資格・CCNA取得のための授業は、未経験や文系出身でも理解できると口コミでも良い評判。東京にある校舎に通学でき、CCNA取得後にネットビジョンアカデミーが紹介する企業に就職可能で、ネットワークエンジニア転職を目指す方はまずは無料説明会への参加がおすすめです!

ネットビジョンアカデミーのおすすめ理由や評判・口コミ

未経験歓迎求人を探すには大手・IT専門転職エージェントの利用がおすすめ

未経験歓迎のネットワークエンジニア求人も多いとは言え、確実な転職成功にはIT系の求人が多く、応募書類の添削や面接対策など転職サポートが充実した、IT専門転職エージェントや大手転職エージェントの利用がおすすめです。以下、ネットワークエンジニア転職におすすめの転職エージェントを紹介します。

IT専門転職エージェントのレバテックキャリアなら手厚い転職支援サービスも

レバテックキャリア

IT転職エージェント大手のレバテックキャリアは、ネットワークエンジニアなどITエンジニア職種の求人案件に特化した転職エージェントで、求人案件数は業界トップクラス。未経験も応募可能な求人や、公式サイトには掲載されていない非公開案件も豊富で、キャリア相談や面接対策などの転職支援サービスも充実。サービスはすべて無料のため、未経験でも応募可能な社内SEやネットワークエンジニアの求人が無いか、気軽に相談してみるのもおすすめです。

また拠点が東京のみのIT専門転職エージェントが多い中、レバテックキャリアは横浜、大阪、福岡にもオフィスがあり、広いエリアのITエンジニア求人情報をカバーしている点も強み。東京以外の地域でネットワークエンジニア転職を希望する場合はレバテックキャリアへの相談がおすすめです。

レバテックキャリアの利用メリット・デメリットと評判まとめ

未経験OK求人も!大手転職エージェント・リクルートエージェント

リクルートエージェントのおすすめ理由

IT専門の転職エージェントでなくても、求人数豊富な大手転職エージェントであれば未経験OKの求人も多数見つかります。例えば、おすすめは大手転職エージェントのリクルートエージェント。公開中のIT求人だけでも3万件以上で、20代の場合も第二新卒歓迎案件も豊富で、最低限の知識があれば応募可能な案件が見つかります。

リクルートエージェントを利用するメリットは、対象地域が広範囲なこと。IT企業は東京に集中していますが、インフラ系や社内SE求人は大阪、福岡、名古屋と言った都市圏にも多く、その他の地域でも見つかります。首都圏以外でネットワークエンジニア求人を探すならば、全国サービスを展開するリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントの利用メリットや評判・口コミ

転職エージェントを利用する際は、資格保有者が有利

ネットワークエンジニアの転職では、20代前半の第二新卒であれば全くの未経験可の求人がありますが、一般的には資格保有者が有利。WEBプログラマーであれば自作ページやサービスをポートフォリオとして見せることでスキルや能力を示せますが、ネットワークエンジニアの知識の証明には資格が一番簡単です。

シスコ技術者認定試験のCCNAは上位資格に比べ比較的短期間で取得が可能。スクールも多くあり、転職活動前に取得をしておくことがネットワークエンジニア転職成功の秘訣です。

まとめ:未経験からネットワークエンジニア転職を成功させるために

未経験からネットワークエンジニア転職を成功させる方法を、ネットワークエンジニアの仕事内容、年収など待遇、スキルや資格、おすすめのITスクールや転職エージェントの利用方法と合わせて紹介しました。ネットワークエンジニアは正しく勉強すれば確実にスキルアップでき、未経験から転職が可能なIT職種です。資格を取得すれば転職成功の確率も高くできます。

転職支援付きITスクールやIT専門転職エージェントをうまく利用し、短期間でネットワークエンジニア転職を目指しませんか?まずは無料相談などで第一歩を踏み出してみるのがおすすめです!