客先常駐エンジニア・SESとは~メリット・デメリットを徹底解説

客先常駐・SES~メリットとデメリット~

転職情報サイトなどでITエンジニアの求人でよく目にする「客先常駐」や「SES」。客先常駐エンジニアとは、お客様の企業に常駐、システム開発やインフラ運用などの業務に従事するエンジニアを指し、そのようなエンジニアの派遣サービスはSES(システムエンジニアリングサービス)などと呼ばれます。

特にIT業界未経験者がITエンジニアを目指す場合、比較的転職に成功しやすいのが客先常住の働き方や、SESサービス提供会社への就職で、よく耳にするのが「客先常駐エンジニア」や「SES」といったキーワードです。

直接お客様の声を聞きながらエンジニアとして仕事ができるなどのメリットの一方、雇用形態や指揮命令系統などの問題点も指摘されるのが客先常駐やSESで、ネット上には客先常駐のメリットもあれば、ネガティブな口コミや評判も。

そこでこの記事では、客先常駐エンジニアやSESとは何なのか、仕事内容や働き方、そのメリットやデメリットを丁寧に解説、今後ITエンジニア転職を目指すIT業界未経験の方にも分かりやすく説明します!

客先常駐とは~ITエンジニアの働き方の1つ

ITエンジニアの働き方の1つである客先常駐とは、どんな働き方でしょうか?また通常のITエンジニアと仕事内容は違うのでしょうか。未経験からIT業界転職を希望する人の中にも定義や実態がよく分からないという方も。まず客先常駐やSESについての基礎知識を、働き方や雇用形態を中心に解説します。

SESサービスでは、お客様の会社に派遣されて客先常駐で働く

客先常駐とは、お客様の会社に派遣されて働くITエンジニアの働き方で、派遣エンジニア、客先常駐エンジニアと呼ばれることも。客先に座席があり、毎日通勤して仕事をしている場合は客先常駐と言えますが、同じ客先常駐エンジニアでも契約内容により雇用形態や指揮命令系統が違う点が、実態が分かりにくいとの評判や口コミの原因でもあります。

客先常駐エンジニアの働き方や雇用形態には以下のようなものがあります。

客先常駐の形態 具体的な働き方や雇用形態
SES(システムエンジニアリングサービス)エンジニア 常駐先の企業がSES提供会社と契約、SES提供会社と雇用関係にあるエンジニアが派遣される形態で、エンジニアへの指示命令はSES提供会社が担う
派遣エンジニア 常駐先の企業が派遣会社と契約、派遣会社の登録エンジニアが客先に派遣される形態でエンジニアへの指示命令は常駐先のクライアント企業が担う
請負契約 客先常駐する企業とエンジニア個人やエンジニアが所属する企業が成果物の完成を目的とした請負契約を締結、成果物の完成のためにエンジニアが客先常駐するケース。
フリーランスエンジニア フリーランスエンジニアが常駐先企業と業務委託契約を締結、契約内容に従って客先常駐となるケース。

各形態・契約の違いは、誰が雇用主かなど指揮・命令系統の違いや、対価が成果物か労働力かなどの違い。客先常駐と言う場合、実態がSES(システムエンジニアリングサービス)であることも多いため、客先常駐とSESを同義に捉える方もいますが、実際にはSES以外でも客先常駐のエンジニアがいます。

SES(システムエンジニアリングサービス)とは

SES(システムエンジニアリングサービス)とは、お客様先にITエンジニアを派遣、常駐でシステム開発やインフラ開発・運用を行うサービスを指し、労働力の提供が主なサービス内容で、成果物が対価でない点が請負契約との違いです。また客先の指示が可能な派遣契約と比較して、SESの場合はクライアント企業に指示の権限がない点が違います。

SESの客先常駐エンジニアは、実際には顧客の指示や命令を受けてしまう場合もあり、契約内容と実態が異なるなどグレーな働き方と指摘する口コミもあります。

客先常駐の形態~SES契約・業務請負型・特定派遣型の違い

エンジニアが所属する企業と常駐先となる顧客企業の契約形態により、客先常駐にはいくつかの形態がありますが、混同しがちなSES契約や業務請負型、派遣契約(特定派遣型)の違いは以下の表の通りです。

種類 エンジニアの所属する会社と顧客間の契約 エンジニアに対する指揮命令系統 対価
業務請負型 SES契約 エンジニアと雇用関係にある会社(SES会社) 労働力
業務請負型 請負契約 エンジニアと雇用関係にある会社 成果物
特定派遣型 特定派遣契約 客先(顧客) 労働力

どれも客先常駐というエンジニアの働き方は共通ですが、契約内容により上記の違いがあります。また成果物が規定される請負契約と違い、労働力が対価であるSES契約では、常駐先の顧客の指示で動くことも実際は多く、この点が契約内容に反する実態として問題視される場合もあります。

一方、フリーランスエンジニアが個別に業務委託契約を締結する場合はプロジェクトの性質や契約内容次第。在宅やリモートワークの働き方で成果物が求められたり、客先常駐で労働力の提供が求められる場合もあります。

同じエンジニアの仕事でも社内SEや自社サービス開発とは違う

客先常駐エンジニアは派遣先でシステム開発や運用、また社内ネットワークやインフラの管理などを担当しますが、社内SEや自社サービス開発にかかわるエンジニアと比較して仕事内容は同じでしょうか?何か違いがあるのでしょうか?

例えば、社内SEの場合はシステム開発やインフラ運用だけでなく自社内のIT関連のトラブル対応も重要な業務の1つで、仕事の範囲が明確に定まっていない場合も。比較して、SESの客先常駐エンジニアの場合は、契約内容に基づく特定の業務に対応するのみ。

システム開発業務のSES契約であれば、客先常駐中に社内のインフラ・ネットワークの保守・運用をサポートする必要はありません。派遣エンジニアの場合、常駐先企業の担当者の指示命令下のため社内SEに近い仕事が必要な場合もありますが、SESの場合は原則その必要がありません。

自分の担当業務や仕事内容が明確な点は、SESの客先常駐エンジニアのメリットです。

客先常駐は辛い?ネガティブな評判や口コミが多い理由

インターネットで客先常駐について検索すると、ネガティブな評判や口コミも目立ちます。代表的なものは「仕事がきつい、給料が安い、将来性がない」などで、客先常駐は辛いとのイメージも。特に経験豊富なITエンジニアほど客先常駐に否定的な傾向もあります。

客先常駐にネガティブな口コミが多い理由の1つに契約内容と実態が一致しないとの声もありますが、一番は継続的なスキルアップの難しさ。エンジニア不足が原因で実務経験が少ないまま客先常駐となり苦労したとのITエンジニアの声もあります。

以下、客先常駐やSESの具体的なメリットやデメリットを詳しく紹介します。

客先常駐やSESで注意が必要なデメリット

まずは客先常駐やSESで働く場合に注意が必要な点や、デメリットを確認します。

業務内容が開発より作業中心でスキル・年収アップが難しい

客先常駐やSES契約では規定しやすい業務内容の場合が多く、作業中心でスキルアップが難しい場合も。システム開発プロジェクトでも主要メンバーでなく短期要員で最後まで開発に関われない場合や、テストなどの単純作業が中心の場合もある点がデメリットです。

作業中心の客先常駐とは言え、初めての経験であれば学びも多いのですが、継続しても大幅なスキルアップは難しいもの。また短期で仕事が変わる場合もあり、長期視点のスキル・キャリアアップが難しく、年収アップも難しい場合も。客先常駐は給料が安いとの評判や口コミに繋がる原因です。

作業中心で、未経験でもITエンジニアとして働きやすい仕事も

客先常駐エンジニアの業務のデメリットは言い換えればマニュアル化しやすい仕事。このため未経験者がITエンジニアになる場合も客先常駐やSESは転職に成功しやすい点はメリットです。

一方、短期間で常駐先の担当者が入れ替わったり、客先のサポートが無いなど、未経験者には厳しい環境の場合も。ITエンジニア未経験で客先常駐エンジニアを目指す場合、事前に常駐先の職場情報の十分な確認がおすすめです。

自分の所属会社への帰属意識が高まりにくい点はデメリット

客先常駐で働き始めると自社への出社は無くなり、所属会社への帰属意識が高まりにくい点はデメリット。また普段は自分の所属先を意識しない人でも、昇給や待遇など自身の収入の決定権は自社の上司や人事。常駐先・客先で成果を上げてお客様に感謝されても、自社の上司はその場にいない場合が多く、評価や年収アップに繋がりにくい構造は客先常駐やSESのデメリットです。

客先常駐の現場に技術面の相談が可能な相手がいない場合も

SESなどでの客先常駐の場合、常駐先の現場の顧客にとってエンジニアはプロのITエンジニアであり、常駐先にITに詳しい社員がいない場合もあります。このため客先常駐エンジニアは技術面で不明点があっても相談相手がおらず、問題解決に時間がかかるなどのストレスも。特にエンジニア未経験から客先常駐として採用された場合、マニュアル以外の対応が必要な場合に自力で解決しなければならない点がデメリットです。

このため常にIT技術の勉強を続ける努力はもちろん、お客様とのコミュニケーションを大切にし、困った時に質問できる関係性を作るのも客先常駐エンジニアに必要なスキル。また、ネットワークなどインフラ系の技術資料は英語の場合も多く、英語での情報収集方法の勉強もおすすめです。

キャリアアップが難しく、年齢とともに仕事の紹介が減る傾向

作業中心の客先常駐エンジニアの仕事は給料が低い場合もあり、条件に合う業務経験の少ない若手のITエンジニアが派遣される場合も多いのが実状。必然的に年齢とともに派遣先の紹介が減る傾向に注意が必要です。

客先常駐は長期視点でのスキル・キャリアアップが難しく、年齢的に長く続けることが難しい働き方。IT業界未経験者が実務経験を積む目的にはおすすめですが、長く客先常駐で働くよりは、資格取得や技術・スキルの習得で次のキャリアを目指すことが大切です。客先常駐エンジニアとして実務経験を積んだ後は社内SEなどへの転職の検討がおすすめです。

客先常駐エンジニアやSESのメリット

以上、客先常駐やSESのデメリットをいくつかあげましたが、逆にメリットも多数あります。以下、代表的な客先常駐エンジニアのメリットを紹介します。

複数の業界の会社や大手企業、プロジェクト案件を経験できる

客先常駐やSESのメリットはITエンジニアとして短期間で複数の業界の会社や、異なるシステム開発プロジェクトの案件や仕事を経験できる点。社内SEや自社システム開発のエンジニアの場合は。同じ環境、同じ開発言語を使い続ける場合が多く、スキルアップのメリットの反面、他の技術や会社のシステムを知る機会は多くありません。

客先常駐やSESであれば、正社員での就職難易度の高い大手企業での仕事やプロジェクト案件を経験できる場合もある点がメリットで、業界によりシステム開発の要件が異なり、将来的に独立・フリーランスエンジニアを目指す場合などは特に複数の会社や開発現場を経験できる客先常駐はおすすめのステップです。派遣先の客先での人脈次第で、フリーランスとしての案件獲得に繋がる可能性もあります。

正社員のITエンジニアとして顧客に採用される場合も

常駐先の顧客企業でエンジニア人材が不足した場合、客先常駐エンジニアの中から正社員に採用される場合もあります。もちろん客先常駐中の働きぶりや成果次第ですが、常駐先の企業で正社員のITエンジニアが必要になった際、人柄や能力を把握済みの常駐エンジニアが優先的に採用試験を受けられる場合もあります。

フリーランスを目指す場合と同様、常駐中の人間関係次第で将来のキャリアステップに繋がる点が客先常駐やSESのメリットの1つです。

IT業界未経験者でも採用されやすい点がメリット

デメリットでも紹介しましたが、客先常駐の仕事は作業中心の場合も多く、IT業界未経験者でも採用されやすい点は、未経験からIT業界転職を目指す方にとってメリット。転職保証付きのプログラミングスクールで学習後、まず客先常駐案件やSESからITエンジニアとしてのキャリアを開始する方も多くいます。

ただし、エンジニア業務未経験での客先常駐のため、になり、客先に相談相手がいるか、自社のサポートは十分かなど客先での仕事環境について十分な情報収集がおすすめ。客先常駐エンジニアの入れ替わり頻度などからも現場の状況は予想できるので、派遣前にできるだけ情報を集めることが大切です。

正社員と比較して客先常駐は残業が少ない傾向もメリット

客先常駐は請負契約でない限り、労働力を時間単位で提供する契約の場合が多く、費用面から客先常駐エンジニアは正社員と比較して残業が少なめに制限される傾向も。開発プロジェクトの納期間近など特定の条件でなければ定時に帰宅できる職場もあります。

子供の送り迎えなどで残業を避けたい女性エンジニア、資格取得を目指して勉強時間を確保したいエンジニアなど、必要な期間だけでも客先常駐で働くのもおすすめ。ただし派遣先の会社で事情が異なり、残業が多い職場もあるため、残業を希望しない場合は事前に伝えることが必要です。

企業側から見た客先常駐エンジニアのメリット

ITエンジニアにはメリットとデメリットがそれぞれある客先常駐ですが、常駐先の企業にとってのメリットは何でしょう?そもそも客先常駐が必要な理由の1つは、IT業界の人材不足。プロジェクト遂行のため短期的にエンジニアが必要な場合など、客先常駐エンジニアを求める企業は多くあります。

また客先オフィス内で作業する客先常駐エンジニアは情報セキュリティ面や開発環境の統一の面も企業側にとってのメリット。プログラムの修正依頼などを対面でできるコミュニケーションの取りやすさも客先常駐エンジニアが人気の理由で、今後もSESや客先常駐エンジニアへのニーズは高いと見込まれます。

まとめ:未経験のITエンジニア転職で成功しやすい客先常駐やSES

IT業界未経験でも転職に成功しやすい特定派遣やSESなどで働く客先常駐エンジニアは、他業種からITエンジニアとしてのキャリアをスタートしたい方に重要な選択肢の1つ。幅広い会社や開発プロジェクト、システム運用を経験でき、短期間で客先に人脈づくりができる点もメリットで、将来フリーランスとして独立を考える人にも客先常駐やSESはおすすめのステップの1つです。

同時に会社組織への帰属意識が持ちにくく、自分の所属への不安感や、客先によっては孤独を感じるとの客先常駐エンジニアの口コミもあり、常駐先で新しい人との人間関係を築くのが苦手な人には辛い働き方とも言えます。

客先常駐エンジニアは、そのデメリットを十分に理解した上で、メリットを活かせる積極性のある人におすすめの働き方です。

経験後に転職エージェントを活用、社内SEや自社サービス開発企業へ

客先常駐エンジニアはITエンジニアとしての実務経験を積む上では重要なステップであると同時に、ある程度の実務を経験後はスキルアップや年収アップしづらい点がデメリットで、客先常駐エンジニアとして数年働いた後は社内SEや自社サービス開発企業へ転職がおすすめです。

また仕事をしながら、効率的にITエンジニアが転職活動をすすめるにはIT業界専門の転職エージェントの活用がおすすめ。IT業界特化型のエージェントは客先常駐で身に付けたスキルのアピールや、キャリアアップを実現できる求人の紹介などで転職活動をサポートします。

客先常駐・SESから社内SEへの転職でおすすめの「社内SE転職ナビ」

デメリットにとらわれ過ぎず、将来的に社内SEやフリーランスエンジニアを目指すためのキャリアパスの1つのステップとして、客先常駐エンジニアやSESは上手な活用がおすすめの働き方。特にIT業界未経験からエンジニア転職に成功したい方にはおすすめです!