受託開発と自社開発~ITエンジニアへのメリット・デメリット

受託開発と自社開発

システム開発には顧客から依頼されて行う受託開発や、企画から自社で行う自社開発があります。ネット上では「ITエンジニアにメリットが多いのは自社開発」との口コミや評判も多く、未経験からのITエンジニア転職でも「自社開発を選ぶべき?」と考える方も多い様子。

受託開発と自社開発でプログラミングやシステムの開発や運用の点では同じ仕事ですが、キャリア面ではメリットやデメリットが違い、収入や働き方、身につくスキルも違います。また自身のエンジニア経験やレベル次第でもどちらがおすすめかが違い、単純にメリット・デメリットだけで選ぶのもおすすめできません

このページでは受託開発と自社開発について、特徴や違い、ITエンジニアにとってのメリット・デメリットについて徹底解説します。

受託開発と自社開発の違い~それぞれの定義や特徴

受託開発と自社開発のメリット・デメリットの比較の前に、それぞれの定義や特徴の違いをまとめて紹介します。

受託開発とは企業から依頼・発注を受けてシステムを開発・納品すること

受注開発とは、企業から案件の依頼・発注を受けてシステムを開発・納品することで、顧客の要望をヒアリング・要件定義し、顧客の要件に合ったシステムを開発することです。また顧客から発注を受けた企業が、別会社のエンジニアに下請け発注する場合も受託開発の一部です。

大企業のシステム開発部門が子会社化したような場合を除き、通常複数の企業から仕事を受注するため、売上が安定しやすいのが受託開発の特徴で自社開発との違い。また納期までに完成品を納品すればサービスの成功にかかわらず費用を回収できる点も受託開発のメリットです。

受託開発とSES契約や客先常駐の違いは?

依頼された案件に対応する点で受託開発と似ているのがSESや客先常駐。顧客の企業にエンジニアが常駐、プロジェクトや依頼内容に基づき開発やシステムの保守・運用を行うのがSES契約ですが、契約内容は労働力の提供で、成果物の提供でない点が受託開発との違いです。SESの客先常駐エンジニアは、契約次第でシステムの完成を待たずにプロジェクトから離れる場合もあります。

一方、受託開発でも顧客の企業内に常駐して作業する場合がありますが、あくまで請け負った開発を実施するためで顧客からの指示は受けません。SES契約と違い、納期までに成果物を納品するのが受託開発の仕事です。

自社開発とは自社の会社内でWEBサービスなどを企画・開発すること

受託開発の依頼主が社外なのに対し、自分の会社内の依頼・要件をもとに開発を行うのが自社開発。通常はWEBサービスや商品を企画する部門が要件を決め、エンジニアがシステムとして具現化、自社サービスとしてリリースします。

自由なアイデアでWEBサービスやアプリなどを構築し、リリース予定日はあっても比較的柔軟なスケジュールで開発が行える点などが自社開発の特徴であり、メリット。また納品後は顧客の依頼がなければ手を加えられない受託開発と違い、サービスをユーザーの声に合わせて都度エンジニアが改善できる点も特徴です。

自社開発のサービスや商品が成功すれば会社の業績が上がり、給与や待遇向上に繋がるため、働きがいがあるとのWEBエンジニアの口コミや評判も多い一方、自社開発で失敗すると開発コストを回収できない点がデメリットで、売上への責任が受託開発よりも大きいのが特徴です。

実務経験豊富なIT・WEBエンジニアの転職先として自社開発企業は人気

実務経験豊富なIT・WEBエンジニアは転職先として自社開発企業を選ぶことも多く、人気があります。口コミや評判を確認すると、自分の考えたサービスを形にできる、成否が直接エンジニア自身に影響するため働きがいがある仕事である点が自社開発の人気理由です。

自社開発がWEBエンジニアのゴールのような考え方もありますが、メリットだけでなくデメリットもあり、自分が会社に何を求めるか次第で自社開発と受託開発のどちらがおすすめかが違います。例えば、自社開発企業は会社規模が小さい場合も多いのがデメリットで、企業の安定性や福利厚生面では、受託開発が中心のSIerの方がメリットが大きい場合も。

また新卒や実務経験が少ないITエンジニアは採用を受け付けない自社開発会社もあり、経験次第では自社開発を選択肢にできない点も注意が必要です。特にITエンジニア未経験で異業種からの転職の場合、初めから自社開発企業を狙わず、受託開発などで実務経験を積むことを優先した転職活動がおすすめです。

受託開発エンジニアのメリット・デメリット

受託開発と自社開発の定義や違いが確認できたところで、次に受託開発エンジニアのメリットやデメリットをまとめて紹介します。

顧客の要件に合ったシステム設計が必要で新たなスキル習得も必要

受託開発エンジニアの1つ目のメリットは、多様なスキルや技術の習得が可能な点。顧客の依頼で行う受託開発では、要件に合ったシステム設計が必要で、プロジェクトによりエンジニアに要求されるスキルや技術が違う場合も。

顧客の要件を満たすためにIT関連の最新情報や技術トレンド、新たなプログラミング言語スキルやWEBサービスの仕組みなどを学び続ける必要もあり、新たなスキルや技術を習得しやすい点が受託開発の大きなメリット。逆に1つの技術を追求することが難しく、特定の技術のスペシャリストになりにくい点がデメリットと言えます。

大手Sierならプログラミング学習の補助など利用可能な教育研修制度も多い

受託開発を下請けで受注する小規模のシステム会社もありますが、大企業のシステム開発子会社や大手SIer(システムインテグレーター)など規模が大きく社員数の多い受託開発企業も。

受託開発を行う大手SIerでは従業員向けの資格取得助成制度やプログラミング学習の補助など利用可能な教育研修制度が充実している点がメリットで、新卒採用だけでなく若手エンジニアの中途採用に積極的な会社も多く、未経験からITエンジニアを目指す人の転職先としてもおすすめです。

自社開発と比較して確実に売上を回収できる点も受託開発のメリット

受託開発は納期までにシステムやサービスを納品できれば確実に売上を回収できる点がメリットで、比較して自社開発の場合はサービスが失敗すると費用を回収できない場合もある点がデメリットです。このため自社開発がメインの会社でも、起業直後のスタートアップ企業では受託開発を行う会社も。

一方、自社開発ではサービスが成功すれば会社の業績やエンジニアの給与に反映されますが、受託開発したサービスが成功しても売上に変化がない点はデメリット。売上は安定するものの、受注金額以上の収益は期待できないのが受託開発の特徴でありデメリットです。

案件により仕様やスケジュールの要求が厳しい場合もある点がデメリット

受託開発のデメリットで、受託開発のITエンジニアの悩みが厳しい納期などのスケジュール。顧客としては要件を満たす製品のプログラム開発にかかる工数に加え、サービスがいつリリースできるかも重要で、案件により仕様の要件やスケジュールの要求が厳しい場合もあり、受注時点で残業や休日出勤が確定してしまう場合も。

受託開発は最終決定権が顧客側にあり、ITエンジニアはスケジュール面で無理を強いられやすい点がデメリットで、自社内で納期を調整できる自社開発との大きな違いです。

「きつい」「つらい」など受託開発の仕事のデメリットとされる原因が納期

受託開発の仕事は「きつい」「つらい」などの口コミもあり、最もデメリットとして挙げられるのが納期やスケジュールの問題。受託開発エンジニアが自社開発企業に転職した理由に「納期の要求がつらかった」との声もあります。一方、IT業界全体での改善や法改正が進み、以前と比較すると無理な納期を一方的に強いられるケースは減ってきています。

自社開発エンジニアのメリット・デメリット

特に実務経験豊富で技術力のあるWEBエンジニアから、受託開発より人気の自社開発エンジニア。以下、受託開発と比較したメリット・デメリットをまとめて紹介します。

自社サービスのため受託開発と比較して仕事への愛着や働きがいも

自社開発は企画・提案から自社で行うため、プロジェクトに自分の意見も反映されやすく、仕事への愛着がわき、働きがいも感じやすいとのWEBエンジニアが多い点がメリット。自分のサービス開発のためなら残業や休日出勤も苦ではないとのWEBエンジニアの口コミもあります。

WEBサービスやアプリのリリース後、ユーザーの声が直接届く点も手ごたえや働きがいを感じやすい理由で、必要に応じてサービスを継続的に改善・向上可能な点も自社開発の特徴・メリットです。

社内のシステム開発で納期やスケジュールを調整しやすい点もメリット

受託開発では厳しい納期が時にデメリットになるのに対し、自社開発はスケジュールを調整しやすい点もメリット。サービスのリリース予定日が設定されていても、開発途中の問題や大きな仕様変更が発生した場合、自社内で比較的柔軟に変更可能な点がメリットです。

自社開発はリリースまでのスピード感も大切

自社開発はシステム開発のスケジュールを自社で管理できるとは言え、時間をかけて開発できるわけではありません。受託開発では売上計上のために納品するのと同様、自社開発はサービスを公開し、利用者を集めなければコストを回収できません。

部分的にサービスをリリースし、ユーザーの声を聞きながら都度修正、バージョンアップする場合も多く、スピード感では受託開発よりも自社開発のほうが開発期間が短い場合も珍しくありません。

自分のスキルや能力が低いと貢献できず、そもそも採用されない

自社開発では企画・提案から開発、サービスリリース後の保守や改善まで、少数精鋭で取り組む場合も多く、全員がフルスタックエンジニアのような幅広いスキルや技術力を要求され、自社開発企業への転職では即戦力で活躍できるWEBエンジニアが採用される傾向です。

プログラミングスクール卒業直後や、実務経験がなくスキルや能力が低いシステムエンジニア(SE)やプログラマーはそもそも採用されない可能性もあり、自社開発エンジニアを希望する場合も受託開発で十分な経験を積んだ後の転職がおすすめです。

同じ技術やプログラミング言語でキャリアアップしづらい点も自社開発のデメリット

自社開発は自由なアイデアでWEBサービスやアプリを開発できるのと同時に、売上とコストに対しての責任が大きい点が受託開発との違い。また一度成功すれば、そのサービスが主事業となり同じ技術やプログラミング言語を利用したシステムにかかわり続けることが必要です。

自社開発企業でも、1つの会社に長くいると新たなプログラミングスキルなどを習得しづらいとのITエンジニアの口コミもあり、キャリアアップしづらい点がデメリット。特に仕事を通して成長したいと考えるシステムエンジニア(SE)やプログラマーにとって注意が必要な点です。

自社開発企業はスタートアップの場合も多く、教育研修制度がない場合も

また受託開発企業と違い、自社開発企業の場合はスタートアップの場合も多く、教育研修制度がない、または不十分な会社も多い点がデメリット。このため実務経験が少ないWEBエンジニアは自社開発企業に採用されにくい傾向もあります。

自社開発・受託開発に関わらず、エンジニアは入社後も自分で技術を学び続ける姿勢が必要ですが、教育支援を会社に期待する場合は大手SIerなど規模の大きな受託開発企業への転職がおすすめです。

受託開発と自社開発の比較まとめ~どちらがおすすめ?

受託開発と自社開発について、ITエンジニアの視点から特徴や違い、メリット・デメリットを比較しましたが、このページの内容のまとめが下記の比較表。単純にどちらが優れているかよりも、ITエンジニアが企業に求めるものやスキル、経験次第でおすすめが違います。

種類 受託開発 自社開発
求人内容 実務未経験者も採用 経験豊富な即戦力人材が中心
納期スケジュール 顧客要件次第で厳しい場合もある点がデメリット 柔軟な点がメリットだが、スピード感も必要
教育制度 研修・資格取得支援がある場合が多い点がメリット 不十分な場合も多い点がデメリット
会社のタイプ 大手SIerなど規模が大きい会社も多い 比較的小規模のスタートアップ企業が多い
その他 売上・利益が比較的安定 自社開発の商品・サービスが成功しないと経営が厳しい場合も

新卒・若手プログラマーは受託開発で実務経験を積み、自社開発企業への転職がおすすめ

受託開発は大手SIerなども多く、新卒や若手エンジニアの中途採用も積極的。プログラミングスクール卒業直後の実務経験がないプログラマーでも比較的転職しやすい会社もあります。仕事の実務経験を積みながらスキルアップしたり、研修や資格取得制度を活用したい場合は、受託開発中心の企業からキャリアを開始するのがおすすめです。

自社開発は比較的自由で柔軟な開発が可能で、サービスが成功した場合に直接恩恵があるメリットの一方、必要とされるのは即戦力のエンジニア。経験やスキルが十分でないプログラマーは受託開発のシステム会社で仕事の経験を積み、自社開発を手掛けるスタートアップ企業への転職を目指すのがおすすめのキャリアステップです。

他のIT転職のおすすめ情報は、当サイト「IT転職でイイミライ~おすすめエージェント&スクール比較」でご確認ください!