フルスタックエンジニアとは~フリーランス・独立に必要なスキルは?

フルスタックエンジニアに必要なスキルとは

最近のIT業界トレンドの1つでもある、フルスタックエンジニア。まだ新しい概念で明確な定義のないフルスタックエンジニアですが、システム開発の設計から構築、運用まで全工程を1人でもできるオールラウンダーなITエンジニアを指し、マルチエンジニアや万能ITエンジニアと呼ばれることも。

システム開発期間の短期化や生産性向上などを目的に、大規模な開発チームより少数精鋭メンバーによるシステム開発の需要が増加、それに伴いフルスタックエンジニアの存在が注目されています。

またフルスタックエンジニアは案件を丸ごと請け負うフリーランスエンジニアにも向いており、フリーランスで収入を得たいエンジニアであれば、フルスタックエンジニアを目指すことで独立後に受注可能な仕事が増えそうです。

この記事では幅広い能力や開発経験が求められるITエンジニア・フルスタックエンジニアとはどんな存在なのか、必要なスキルや資格、年収や仕事内容、フルスタックエンジニアになる方法を紹介します。

フルスタックエンジニアとは?必要なスキルや求められる開発経験

フルスタックエンジニアとは、具体的にどんな能力や働き方を指すでしょうか。必要なスキルや求められる開発経験と合わせて詳しく紹介します。

フルスタックエンジニアとはシステム開発の全工程に対応可能なITエンジニア

フルスタックエンジニア(Full-Stack Engineer)とは、要件分析から設計・構築、実装、運用などシステム開発の全工程に対応可能なITエンジニア

新しい概念で明確な定義はまだなく、同じフルスタックエンジニアの求人でも案件により仕事内容にばらつきもありますが、システム開発工程をすべて1人で行うと言うより、少数チームで複数の工程や影響範囲をカバーしつつ開発を進める能力のあるITエンジニアをフルスタックエンジニアと呼ぶことが多いようです。

フルスタックエンジニアはシステム構築から運用まで幅広く精通

一般的なシステム開発では、システムエンジニアがスケジュール管理などマネジメントを行うものの、各工程や機能別に担当者が分かれる場合も。また保守・運用はお客様自身や別会社が担当する場合もあり、運用効率を意識したシステム設計でないことが時に問題となります。

一方、フルスタックエンジニアはシステムの要件定義、構築、運用まで全工程を担当可能な存在であり、開発段階から運用を考慮したシステム設計が求められます。当然、開発面のITスキルや技術力に加え、保守運用や管理などに幅広く精通した知識・実務経験が必要です。

WEBサイトのフロントエンドからインフラまで幅広い専門性が必要な職種

フルスタックエンジニア職種に必要なのはIT技術やシステム開発に関する幅広い専門性やスキル。例えば、WEBサイトの開発ではユーザー側のフロントエンド、各種処理を実行するサーバーサイド、データを保存・管理するデータベース、それらを支えるインフラや考慮すべきセキュリティなど、検討範囲は多岐に渡ります。

このような開発を少人数で行うフルスタックエンジニアには、WEBサイトやシステム開発に関する幅広い知識が必要です。また、これらの専門知識やスキルは一朝一夕では身につかず実務経験も必要なため、フルスタックエンジニアはプログラミングスクールを出てすぐになれるものでもありません

例として、フルスタックエンジニアに求められる専門性やスキルには以下のようなものが挙げられます。

プログラミング言語についてのスキルやプログラマーとしての業務経験

フルスタックエンジニアに必須のスキルや経験にまず挙げられるのがプログラミング。得意なプログラミング言語やその業務経験だけでなく、複数のプログラミング言語に対応可能なスキルが求められます。フロントエンドの開発ではJavaやPHP、Rubyなどのプログラミング言語のほか、HTML、CSS、JavaScriptの知識も必須。WordPressなどコンテンツマネジメントシステムの使用経験もあればなお良いでしょう。またバックエンドサイドではデータベース設計やデータの管理、SQLの知識・スキルも必要です。

独学やプログラミングスクールを活用、利用可能なプログラミング言語を増やし、開発経験を積むことはフルスタックエンジニアを目指す方におすすめです。

AWSやAzureなどクラウドサービスの利用経験や知識

最近、コスト削減やセキュリティの観点から利用企業が多いクラウドサービス。当然、フルスタックエンジニアにもその知識や利用経験が求められます。代表的なサービスはAWS(Amazon Web Service)や、MicrosoftのAzure。これらのクラウドサービスの設計・構築・運用経験があれば、対応可能な仕事や顧客への提案の幅が広がり、フルスタックエンジニアとしての人材価値も高まります。

モバイルサービスやモバイルアプリケーションの開発経験やスキル

フルスタックエンジニアが習得すべきIT技術として欠かせないのがモバイルサービスやモバイルアプリケーションの開発経験やスキル。最近のWEBサービス開発ではスマホなどモバイル向けのアプリケーション開発が欠かせず、当然ながらフルスタックエンジニアにもモバイル向けの開発経験やスキルが求められます。

スマホアプリ開発用のプログラミング言語としてはAndroid向けのJavaや、iOS向けのSwiftなどのスキルや開発経験を身につけたいもの。またモバイルアプリケーションの開発は比較的規模が小さく、マルチに対応可能なフルスタックエンジニアを必要とする求人も多いのが特徴です。

システムエンジニア(SE)やプログラマーのマネジメントスキルも

フルスタックエンジニアとはシステム開発の全工程に精通したリーダー的な職種であり、開発プロジェクトの規模によってはメンバーとなるシステムエンジニア(SE)やプログラマーのマネジメントスキルも求められます。逆にマネジメントスキルも高いフルスタックエンジニアであれば、大規模WEBサービスの構築・運用案件なども受注しやすいと言えます。

フルスタックエンジニアが必要とされる仕事や求人内容

以上、フルスタックエンジニアに求められる能力やスキルを確認しましたが、実際にはどんな案件でフルスタックエンジニアが求められるのでしょうか?以下、フルスタックエンジニアの具体的な仕事内容や求人内容を紹介します。

フルスタックエンジニアを必要とする企業が増えた理由

近年、フルスタックエンジニアを必要とする企業が増えています。その理由の1つが、システム開発期間の短期化や効率化。WEBサービスの開発期間を短くしてビジネスの成長スピードを高めるには、一人で効率よく複数の開発工程を担えるフルスタックエンジニアが有効です。

また、コスト削減のために海外にシステム開発を外注するオフショア開発の利用が進み、従来の日本国内のシステム開発では費用対効果が見合わないのが現状。つまり、日本国内のエンジニアは海外オフショアとの競争に勝つた付加価値を高める必要があり、幅広い知識やスキルを持つ生産性の高いフルスタックエンジニアが求められているのです。

フルスタックエンジニアの具体的な仕事内容や求人・年収例

次にフルスタックエンジニアの具体的な仕事内容を、求人情報から確認します。ITエンジニア専門の転職エージェント・レバテックキャリアの求人・転職情報を確認すると2020年10月現在、200件以上のフルスタックエンジニア関連求人が見つかります。

フルスタックエンジニアの求人案件には、スタートアップ企業で自分で手を動かしてサービス開発を進めることを求められる案件や、比較的規模の大きな企業で開発チームのリーダーとしてマネジメントも求められる求人などがあります。

フルスタックエンジニアの募集例:スタートアップのBtoCサービスの開発

仕事内容 ・BtoCサービスの新規機能開発や既存機能の改善
・少人数の組織でスピーディに開発を進められる環境
年収 400~900万円
必須条件 ・WEB・モバイルアプリケーションの開発経験やフロントエンドの開発経験
・クラウドサービスの構築・運用経験
・バックエンドの開発経験

フルスタックエンジニアの募集例:大手企業での開発リーダーポジション

仕事内容 ・10名~20名のエンジニア組織でのリーダー業務
・自身でも開発を進めながら、メンバーと対話しつつプロジェクトを進める
年収 550~700万円
必須条件 ・WEBアプリケーションの開発・運用経験(3年以上)
・開発メンバーのマネジメント経験
・コミュニケーション能力

フルスタックエンジニアの募集案件では、実際には募集企業のサービスで利用されているプログラミング言語やツールの実務経験が必須条件に含まれ、求められる要件が幅広いのが特徴。また年収は経験により幅があるため、一概にフルスタックエンジニアの平均年収は算出できませんが、開発メンバーとしての採用よりもリーダーポジションの方が年収が高い傾向はあります。

フルスタックエンジニアであればまず、自分も手を動かせる比較的規模の小さい組織で働きたいか、もしくはマネジメントもできる大企業で勤務したいかを決めると、確認すべき求人内容が明確になります。

フルスタックエンジニアを目指すには?

年収アップや、ITエンジニアとしての付加価値を高めたいなどの理由で、フルスタックエンジニアを目指す人は何から始めるべきでしょうか。以下、将来的にフルスタックエンジニアになるための具体的な方法を紹介します。

複数のプログラミング言語の習得などでスキルアップ

フルスタックエンジニアを目指すならまず、使用可能なプログラミング言語を増やすことがおすすめ。WEBエンジニアであれば基本のHTML、CSS、JavaScriptに加え、RubyやPHP、Java、Python、Swiftなど、日本国内企業で使用頻度の高いプログラミング言語を中心に業務で使用できるレベルのスキルを習得すれば、応募可能な求人の幅が広がります

もちろん独学での学習も可能ですが、コードキャンプ(CodeCamp)やテックアカデミー(TechAcademy)などのオンラインプログラミングスクールでは、複数言語をまとめて習得できる「受講し放題」プランなどを提供、フルスタックエンジニアを目指したスキルアップにおすすめです。

IT業界全体の動きや最新の技術トレンドなどを自分で情報収集

フルスタックエンジニアは技術やスキルだけでなく、お客様の要望に合うシステムの提案スキルも求められ、IT業界全体の動きや技術トレンドなどの最新情報、セキュリティ関連の最新情報なども常に自分で情報収集しておく必要があります。

特にフリーランスで仕事をするフルスタックエンジニアであれば押さえておきたいのがセキュリティ関連の最新情報で、知らないことで問題を引き起こしてしまう場合も。IT情報サイトのニュースレターの活用や、フリーランスエージェントが開催するセミナーや勉強会などの利用がおすすめです。

フルスタックのITエンジニアに必要な英語力

英語力は転職や年収アップに有利とされますが、フルスタックのITエンジニアの場合はどうでしょうか?以下、2つの理由からフルスタックエンジニアも必ず英語力を身に付けるべきと考えます。

1つ目の理由は情報収集。IT関連の最新ニュースは海外発の場合が多く、最新情報を得るには英語力が必要です。プログラム言語やネットワーク機器も海外メーカーが中心で、ドキュメントも英語の場合がほとんど。

2つ目の理由は、IT人材不足の影響で将来的に外国人労働者と海外への外注(オフショア開発)が増える可能性がある点。英語が使えれば、オフショア先の企業のマネジメントも可能など、フルスタックエンジニアとしての仕事の幅がさらに広がりそうです。

転職やフリーランス案件を通じて複数のシステム開発を担当

フルスタックエンジニアを目指すならば、業務経験を積むことも非常に重要。1つの会社で同じ技術やシステム開発を長期で経験することも重要ですが、さまざまな開発案件や環境を経験できるよう積極的な転職やフリーランス案件の受注もおすすめです。フリーランスとは言え、週2-3日稼働の副業案件も多く、幅広い専門性や実務経験を身につけるのにおすすめの方法です。

フルスタックエンジニアに必要な資格、おすすめの資格は?

フルスタックエンジニアになるために必須の資格はありませんが、システムエンジニア・プログラマーとしてのスキルの証明には基本情報技術者試験や、ネットワークエンジニアとしての知識の証明のにはシスコ技術者認定(CCNAなど)などの資格取得は有効で、フルスタックエンジニアとしての転職活動やフリーランスの案件受注に有利でしょう。また未経験の領域があれば、資格取得を通して基礎勉強を始めるのもおすすめです。

一方、フルスタックエンジニアに求められるのは豊富な実務経験。ある程度の知識を学んだ後は、資格取得よりも実際に環境構築やプログラム開発で実績を増やす方が早道かもしれません。

まとめ:フルスタックエンジニアは独立・フリーランスへのキャリアパス

フルスタックエンジニアは幅広い知識やスキル、実務経験が求められるマルチな能力を持つITエンジニア。プログラマーやネットワークエンジニアなどの専門職が中心だったIT業界では新しい職種であり、働き方とも言えます。

同時に、従来からフリーランスとして活躍するエンジニアも開発工程のすべてを1人で受け持つことが多く、フルスタックエンジニアに求められる能力やスキルに近いものがあります。独立しフリーランスになりたいITエンジニアは、まずはフルスタックエンジニアを目指して幅広い知識や経験の習得がおすすめです。

他のIT転職のおすすめ情報は、当サイト「IT転職でイイミライ~おすすめエージェント&スクール比較」でご確認ください!