フリーランスエンジニアになるには?必要条件や仕事獲得方法

フリーランスエンジニアになるには?

ITエンジニアの働き方として注目されるフリーランス。従来から個人で仕事を請負ったり、少数精鋭のベンチャー企業として独立するITエンジニアもいましたが、最近はインターネットの普及で在宅やリモートで働く人も増加。フリーランスエンジニア向けの案件紹介・エージェントサービスも増え、転職でなくフリーランスエンジニアとして会社に所属せず働くことを選ぶ人が増えています。

2019年7月、内閣府は就業者の約3%に当たる300万人超がフリーランスとして働いていると公表(ITエンジニアだけでなく他職種も含む)、フリーランス協会発表のフリーランス白書2019で主な収入源の職種がIT・エンジニア系と回答した割合22.2%と合わせて考えると、約60万人以上がIT関連のフリーランスエンジニアとして働いているとも推測できます。

このページではフリーランスエンジニアになるには何が必要が、条件や働き方、仕事の獲得方法からフリーランスエージェントの利用について徹底調査、同時にフリーランスエンジニアのメリットやデメリット、実態を確認、より良い条件で働く方法を解説します。

目次

フリーランスエンジニアになるには?必要な条件や働き方

フリーエンジニア、ITフリーランスなどとも呼ばれるフリーランスエンジニア。基本は会社に所属しない働き方をするITエンジニアを指します。事務や営業など他職種と比較して独立しやすい職種・ITエンジニア、フリーランスエンジニアになるには何が必要か、また成功に必要な条件を確認します。

フリーランスエンジニアとは独立し個人事業主として働くこと

フリーランスエンジニアとは独立し個人事業主として働くエンジニアで、会社に縛られず自由な時間に好きな場所で働けるイメージが強く、フリーランスエンジニアに憧れるITエンジニアも多い様子。

企業に常駐する案件でない限り、長時間の通勤などが不要な在宅での仕事を選ぶフリーランスエンジニアも多く、集中して開発したいプログラマーからは時間を気にせずプログラミングに注力でき効率が良いとの声もあります。

ただし、フリーランスエンジニアは自分で仕事を見つけなければ収入がありません。フリーランスエンジニアとしての独立前に、必要なスキルや案件の獲得方法、フリーランスエージェントの活用方法など十分に調べることがおすすめです。

仕事獲得には豊富なIT業界経験やWEBサービスの開発経験などが必要

WEB上には未経験でもフリーランスエンジニアになれるとの記事もありますが、仕事を依頼する企業が期待するのはプロのITエンジニア。顧客から直接仕事を受ける場合も、フリーランスエージェントを利用する場合も、経験豊富なフリーランスエンジニアが有利で、会社員エンジニアよりも高いITスキルや豊富な開発経験が重視されるとも言えます。

フリーランスエンジニア向け案件はインフラ設計などのサーバーサイドより、ソフトウェアやアプリ開発が多く、独立・フリーランスエンジニアを目指す場合、プログラマーやSE(システムエンジニア)経験が必要。最近はWEBサービスの開発経験があるエンジニアの需要が高く、WEBエンジニアであればフリーランスエージェントからの紹介案件も多い傾向です。

フリーランスエンジニアを目指すならプログラミング言語の学習やスキルが必要

フリーランスエンジニアを目指すなら、プログラマーやシステムエンジニア、WEBエンジニア経験に加え、得意なプログラミング言語があることも強みです。特にWEBサービス開発で使用される下記プログラミング言語で経験豊富なフリーランスエンジニアは受注可能な案件の幅が広がります。

  • HTML、CSS
  • Javascript
  • PHP
  • Java
  • Ruby

WEB系の開発案件、サイト構築にHTML、CSS、Javascriptの知識は不可欠で、フリーランスエンジニアであれば、それに加えてどのプログラミング言語ができるかが問われます。例えば、Word Press案件で必要なプログラミング言語PHPは独学でも学習可能で、フリーランスエンジニアとして独立する前に習得したいプログラミング言語の1つです。

また応用性や汎用性の高いJavaの開発経験があるフリーランスエンジニアは対応できる案件数が多く有利。また日本のWEBサービス会社で利用が多いRubyは、Ruby on Railとセットでの習得がおすすめのプログラミング言語です。

フリーランスエンジニアとしての成功には、これらのプログラミング言語を習得した上で、最も得意・経験のある言語をスキルとして言える状態が条件。またWEBサービス開発ではデータベース知識も必要で、MySQLなどのデータベース関連知識も望まれます。WEB系プログラミング言語を習得済みのフリーランスエンジニアなら、PythonなどAI開発や人工知能で利用されるプログラミング言語を学習、複数の言語習得もおすすめです。

フリーランスエンジニアは在宅など自由な場所で働く場合と企業常駐の働き方も

フリーランスエンジニアの働き方は、場所に縛られず在宅など自由な場所で働く場合以外に、会社員エンジニアのように企業に常駐する働き方もあります。

エンジニアが選ぶIT専門フリーランスエージェントサービス1位のMidworks(ミッドワークス)のWEBサイトで案件を検索すると、紹介案件の9割が週5日勤務。一方、2019年のベストベンチャー100に選ばれたIT Pro Partners(ITプロパートナーズ)は週2日からの案件が充実など、各フリーランスエージェントで特徴が違います。

案件数では完全な在宅案件よりも週2日や3日企業に出社する案件が多く、特に大企業のシステム開発や大規模開発はセキュリティ面から週5日の常駐型がほとんど。一方、中には副業としてできる案件もあり、フリーランスエンジニアとして独立前や独立直後の場合は副業案件で実績を積む方法もおすすめです。

案件獲得方法は自分で受注か、エージェントを利用しての紹介

安定した収入のあるフリーランスエンジニアになるには、重要なのが案件の獲得方法。自由な働き方に加え、会社員エンジニアと同等か、それ以上の年収を目指す場合は継続的な案件獲得が必要です。

フリーランスエンジニアの案件獲得方法は、自分で営業・受注するか、エージェントを利用して紹介してもらうかの2つです。

自分で受注する場合、知人の紹介や会社員エンジニア時代の取引先企業に営業する方法があり、フリーランスエンジニアの中には知人の紹介を繋げて案件を確保する人や、TwitterやFacebook、ブログなどソーシャルメディアを利用し案件獲得するエンジニアも。

フリーランスエンジニア自身が営業する場合は新規開拓と既存顧客サポートを効率良くできるかがポイントで、営業に時間がかかるほど開発の作業時間が減ります。常時仕事が欲しい場合や営業が苦手なエンジニアはITエンジニア専門のフリーランスエージェントの利用が効率的でおすすめです。

案件探しでフリーランスエージェントの利用をおすすめする理由

フリーランスエージェントを利用するメリットの1つは営業代行です。エージェント登録時にコンサルタントと面接し、自分の経験やスキルを伝えれば条件に合うフリーランスエンジニア向けの案件紹介がある上、WEBサイトで仕事の検索も可能。開発に集中したい場合や安定した案件を確保したいフリーランスエンジニアには特におすすめ。

さらにフリーランスエージェントのおすすめ理由が契約・請求処理の代行。新規案件の契約手続きもフリーランスエンジニアに代わりエージェントが代行、案件終了後の請求書発行や回収の手間もかかりません。請求処理や入金督促で悩むフリーランスエンジニアの口コミも多く、会計事務の代行は大きなメリットです。

また、福利厚生サービスの提供など各フリーランスエージェントで独自のサービス提供もあり、フリーランスエンジニア各自が必要とするサービスのあるエージェントを選ぶのがおすすめです。

フリーランスエンジニアにおすすめ!当サイトの厳選エージェント3社

フリーランスとして独立?それとも転職?~メリット・デメリット比較

場所や時間に縛られない自由な働き方もできるフリーランスエンジニアですが、メリットだけでなくデメリットも。会社を辞めて独立する前に、フリーランスエンジニアになるメリットとデメリットを理解しておくことが大切です。

フリーランスエンジニアのメリットは、働く場所や時間が会社に縛られない、自分次第で年収アップが可能やりたい仕事を選べるなど。一方、正社員と比較したデメリットは収入が不安定、社会的信用が得にくい、公私の区別をつけづらい、技術力・スキル向上の機会が減るなどが挙げられます。

以下、正社員転職の場合との比較で、フリーランスエンジニアのメリット・デメリットを詳しく確認します。

在宅など場所や時間が束縛されず自由な働き方も可能な点はメリット

フリーランスエンジニアの第一のメリットが場所や時間が制限されない点。正社員なら毎朝決まった時間の通勤・出社が必要ですが、フリーランスエンジニアになり在宅で仕事できれば、場所や時間に縛られず自由な働き方が可能です。

実際にエージェントから紹介されるフリーランスエンジニア案件は、完全に在宅よりも週2~3回のオフィス出社案件が多いものの、会社に所属する社員ではないため、事前にラッシュ時間を避けた通勤・出社時間などの交渉も可能です。

また残業時間を気にせず開発に集中できるのもフリーランスエンジニアならではのメリット。柔軟に働きたいITエンジニアであれば、正社員転職よりもフリーランスエンジニアになるのがおすすめです。

案件内容次第で正社員転職の場合より年収アップも可能

会社員エンジニアの場合、複数のプログラム言語を使いこなし勤続年数が長くなっても、会社規定で年収に上限がある場合も。いくらスキルを上げても先輩の年収を超えられないなどモチベーションの維持が難しい場合もありそうです。

ITエンジニアの場合、正社員転職でもスキルや経験次第で現職より年収アップ可能な場合も多いですが、案件単位ではフリーランスエンジニアの方が高単価で受注できることもあり、特に経験豊富なエンジニアほど高報酬の傾向。例えば、ギークスジョブが提供する「市場価値診断」などのサービスを利用、フリーランスエンジニアとしての自分の価値の確認もおすすめです。

逆にフリーランスエンジニアの収入減の原因の1つが、仕事の獲得のために安い見積もりを出してしまうこと。相場と自分の価値を把握した上での案件受注が大切ですが、見積もりが苦手なエンジニアはフリーランスエージェントを利用、営業にかかわる事務を代行してもらうのがおすすめです。

正社員転職より不安定な収入や案件の依頼がデメリット

フリーランスの最大のデメリットは収入の不安定さ。会社員エンジニアの場合、仕事次第で残業代は変動しても毎月の最低収入は確保される一方、フリーランスエンジニアの場合は仕事の依頼がなければ無収入。安定した収入であれば正社員転職がおすすめです。


特に紹介で仕事を得るフリーランスエンジニアは、仕事が多い時ほど営業の時間が確保できず、月ごとの収入差が大きくなりがち。個人的に仕事を請けることをきっかけにフリーランスになったエンジニアも、最初は継続して仕事があったのに時間とともに仕事の依頼が減ったという失敗談が少なくありません。

フリーランスエンジニアで安定した収入を確保したい場合もおすすめの方法はフリーランスエージェントの活用。複数のエージェントへの登録で希望条件の案件が見つかる可能性も上がり、個人で仕事も受けつつ、フリーランスエージェントとも連絡を取るなど、二重の対策で収入の不安定さを回避できます。エージェントサービス以外ではSNSを活用して案件を獲得するフリーランスエンジニアも増加しています。

収入が不安定なフリーランスエンジニアの悩みは信用低下

エンジニアに限らず多くのフリーランスや自営業者の悩みが信用力の低下。年収が不安定なため新規ローンの契約や、クレジットカード作成が難しい点がデメリットで、フリーランスエンジニアになる前に複数枚のクレジットカードを作成するなど事前の対応がおすすめです。

特に家や車など高額商品の購入を検討している場合は、フリーランスエンジニアよりも正社員転職がおすすめです。

新しいIT技術の習得やスキルアップは自分でやる必要がある

また多くのフリーランスエンジニアがデメリットとするのが教育機会の喪失。正社員の場合は会社が資格取得を奨励する場合もある一方、フリーランスエンジニアは自分で意識しなければIT技術を学ぶ時間が確保できず、資格取得の経費や学習環境も得にくいからです。

特にIT企業の多くはベンダーのライセンス契約で資格保持者を一定数確保する必要もあり、資格取得支援に積極的。こうした会社環境に慣れたITエンジニアの場合はフリーランスエンジニアにデメリットを感じることも多く、会社を利用してスキルアップしたいと考えるエンジニアは正社員転職がおすすめです。

実際はITサービスにも流行があり、プログラム言語の需要も変わるため、フリーランスエンジニアこそ学習時間確保が大切。フリーランスエージェントには、こうしたトレンドの最新情報を提供したり、福利厚生プログラムの一環でITスクールの授業料金の割引なども提供、フリーランスエンジニアの学習機会にデメリットを感じる場合はこうしたフリーランスエージェントの利用もおすすめです。

ITエンジニア向けのおすすめフリーランスエージェント3社

ここまで紹介した通り、ITエンジニアとして独立を目指すなら、フリーランスエージェントの登録がおすすめですが、エージェント利用の利点はフリーランス向けの案件紹介だけではありません。

多くのフリーランスエージェントはWEB開発などの案件紹介と同時に、依頼元の企業から発注代金を受け取り、手数料・マージンを差し引いてエンジニアに支払います。つまりエージェントは企業からの集金・回収も代行します。

フリーランスエンジニアは案件獲得(営業)のほか、依頼主企業が見積もり通りの金額を払ってくれない、入金が遅いなど集金関連の悩みも少なくなく、また企業への請求処理も手間。フリーランスエンジニアが抱える問題を解決するのがフリーランスエージェントで、登録しない手はありません。

福利厚生プログラムが充実したエージェントもあり、良いエージェント選びはフリーランスのデメリット軽減になります。ここでは現役のITフリーランスエンジニアに評判の良いフリーランスエージェントを3社紹介します。

フリーランスエンジニア向けの保障制度が充実!Midworks(ミッドワークス)

Midworks(ミッドワークス)

豊富な案件数や正社員並みの保障制度がフリーランスエンジニアから高い評判のエージェントがMidworks(ミッドワークス)。WEBで簡単に登録、その後カウンセリング面談などのエージェントサービスを利用できます。

Midworksの保障は、給与保証(対象者限定)、確定申告のサポート、受注期間中の保険料半額負担、福利厚生サービス・リロクラブの利用可能などがあり、フリーランスエンジニアのデメリットの多くが解消されます。

Midworksは「幸せに働くエンジニアを増やし、社会貢献する」が会社のビジョンで、登録者の満足度が高い点も納得。会員登録は無料で、フリーランスエンジニアとして独立に興味がある方には、サポートの充実したMidworksのコンサルタントへの相談がおすすめです!

Midworks(ミッドワークス)の特徴や評判・口コミはこちら

週2日など副業求人も多いエージェント・ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズ

週2~3日の仕事数がフリーランスエージェント随一なのが、ITプロパートナーズ。フリーランスエンジニアとして本格的に稼働中の方や、副業で利用したいITエンジニアにおすすめのサービス。

ITプロパートナーズのメリットは、高単価でトレンドも意識した魅力的な案件が多いこと。2,000社を超える利用企業にはCookpad(クックパッド)などの有名企業も多く、収入だけでなくキャリアアップも可能です。

ITプロパートナーズは、副業や在宅勤務、最新技術を活かした仕事をしたいフリーランスエンジニアにおすすめのフリーランスエージェント。各地で無料相談会も開催しているので、フリーランスエンジニアになりたい人は一度参加してみましょう!

ITプロパートナーズの特徴や評判・口コミはこちら

大手企業を含む最大級の仕事数!ギークスジョブ(geechs job)

ギークスジョブ(geechs job)

リクルートやGMO、バンダイナムコなど大企業の依頼案件もあるフリーランスエージェントがギークスジョブ(geechs job)。フリーランスエージェントの中でも最大級の仕事数で、キャリアアップにつながる案件も多数あります。

魅力的な案件に加え、ギークスジョブが提供するフリーランス向け福利厚生プログラム「フリノベ」も利用可能で、フリーランスに欠かせない確定申告のサポートやヘルスケアなどの優待、オンライン学習サービスの割引利用などでスキルアップも可能です。

利用企業の属性から常駐案件が多いですが、個人での営業では得られない案件ばかりなのがギークスジョブの特徴。登録者も経験年数の長いフリーランスエンジニアが中心で、自分のスキルに自信があるフリーランスエンジニアは、ぜひ登録したいエージェントです。

ギークスジョブは、フリーランスエンジニアの価値が報酬額でわかる「市場価値診断」も公式サイトで無料提供。サービスの利用登録も簡単にできるので、フリーランスエンジニアにおすすめのサービスです!

ギークスジョブの特徴や評判・口コミはこちら

未経験からフリーランスエンジニアになるには、プログラミングスクールへ

以上、ITエンジニアがフリーランスとして独立する方法やおすすめのエージェントを紹介しました。一方、プログラミング未経験者でもフリーランスエンジニアになれるでしょうか?フリーランスは高いスキルや経験が必要ですが、実践的な学習内容のプログラミングスクールを受講、フリーランスエンジニアを目指せる方法があります。

以下、未経験からフリーランスエンジニアになるには、どんなプログラミングスクールがおすすめかを紹介します。

即戦力のフリーランスエンジニアになるには、侍エンジニア塾がおすすめ

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾は、短期間で即戦力レベルのスキルが身につくと評判のプログラミングスクール。オリジナルのWEBサービス開発を目標とした現役ITエンジニアによるマンツーマンレッスンで、最短1ヶ月で実践的なプログラミングスキルが習得可能です。

侍エンジニア塾にはスタンダードコース、AIコース、転職コースがあり、JavaやRubyなどのプログラミングを実務レベルで習得可能。未経験からフリーランスエンジニアになるには、スタンダードコースを3ヶ月~6ヶ月など、ある程度の期間でじっくり学ぶのがおすすめです。

通学だけでなくオンライン受講も可能で、現在仕事をしている方や地方在住者でもレッスンが受けやすいのもおすすめ理由。未経験からフリーランスエンジニアになりたい人はまずは無料体験レッスンがおすすめです!

ポートフォリオ重視だから、スクール終了後すぐにフリーランスとして活躍できる

数あるプログラミングスクールの中で、未経験からフリーランスエンジニアになれるとして侍エンジニア塾をおすすめする理由は、実践重視のカリキュラム。侍エンジニア塾では基礎も学びつつ、実際のWEBシステム開発を重視、自分の開発したいものを講師と一緒に作ります。

侍エンジニア塾では要件定義を含めて自分だけのオリジナルアプリを開発するので、実践力が身につく上、スクール終了時にはポートフォリオとして企業に提出できるレベルの成果物も。卒業後すぐにフリーランスとして仕事の依頼を受注する人もおり、口コミでも評判の高いおすすめのプログラミングスクールです。

侍エンジニア塾のおすすめ理由や評判・口コミ

フリーランスのWEBデザイナーになるには、デジハリLIGがおすすめ

デジタルハリウッド STUDIO by LIG

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG(デジハリLIG)は多数のWEBデザイナー・クリエーターを輩出するデジタルハリウッド株式会社と、WEB制作会社LIGが業務提携してできたWEBクリエーター・デザイナー養成スクール。クリエイティブでより実践的なレッスンで、終了後にフリーランスクリエーターとして活躍する人も多い、評判のスクールです。

教室でのマンツーマンレッスンとオンライン教材の組み合わせによる指導や、現役のプロによるクラス制授業も受講可能なのがデジハリLIGの特徴。実践的なデザイン・制作スキルに加え、人脈作りや実際の制作現場を見られるのもおすすめポイントです。

卒業後の就職・転職・独立サポートも充実

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGのメリットの1つが卒業後の充実したキャリアサポート。キャリアカウンセラーによる個別転職相談に加え、クリエイターズオーディションと呼ばれる直接IT・WEB業界の採用担当者にアピールできる場や、運営会社LIGへの就職も。

デジハリLIGのWEBデザイナー専攻コースは6ヶ月でWEBクリエーターに必要なスキルを基礎から最新技術までを習得可能で、未経験からWEBデザイナーになるにはおすすめのコース。フリーランスのWEBデザイナーになりたい方で、上野や池袋の教室に通える方に、デジハリLIGはおすすめのスクール。まずは無料の個別説明会に参加、実際に教室の様子を見てみましょう!

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGのおすすめ理由や評判・口コミ