クラウドワークスとランサーズの違い~特徴を徹底比較

クラウドワークスとランサーズの違い

クラウドソーシングは比較的簡単に在宅ワークの仕事などが見つかるサービスで、副業初心者や専門スキルなしで稼げる案件も多く、フリーランスや副業で稼ぎたい人から人気のサービス。利用企業からもオンラインで比較的安い金額で仕事を依頼・発注できると評判です。

中でも人気のクラウドソーシングサービスは、案件数・利用企業数・登録者数が業界No.1のクラウドワークスと、サービス歴が業界最長で利用者の満足度が高いランサーズ。どちらのクラウドソーシングサービスで仕事を探すのがおすすめか、比較で迷う方も多いようです。

このページでは人気のクラウドソーシングサービス、クラウドワークスとランサーズの違いを案件数や報酬、手数料などで徹底比較。併せて、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスで見つかる仕事の内容や2つのサービスの評判・口コミも紹介します。

クラウドワークスとランサーズを比較すると特徴に違いがある一方、「両方に登録して併用中」との口コミも多いのが実際。より多くの副業の仕事を確認したい場合、両方のサービスへの登録がおすすめです!

クラウドワークスやランサーズなどクラウドソーシングサービスの人気理由

クラウドワークスやランサーズなどクラウドソーシングサービスが人気の理由の1つが、副業可能な企業の増加や、それに伴う働き方の変化。副業で収入アップを目指す方や、残業が減った分の時間でお金を稼ぎたい方から、在宅ワークの仕事探しにクラウドソーシングサービスが便利と口コミで評判です。

またクラウドソーシングサービスは副業を探す会社員だけでなく、在宅ワークを探す主婦、仕事の実績を増やしたいフリーランスのITエンジニアやWEBデザイナー、ライターなど多くの方が利用、比較的簡単に在宅ワークの仕事を探せるサービスとしても人気です。

以下、クラウドワークスとランサーズの違いを比較する前に、クラウドソーシングサービスの利用メリットやおすすめ理由、各運営会社の概要を紹介します。

クラウドワークスもランサーズも副業案件を受発注できるクラウドソーシングサービス

クラウドワークスもランサーズも、副業案件を受発注できるクラウドソーシングサービスの点は共通で、受注者側からは空き時間にお金を稼げる仕事が見つかる、またフリーランスで活躍中の方からは他のエージェントにない小規模案件や単発案件が見つかると口コミで評判のサービス。

発注側のクライアント企業からも低コストで優秀な人材に仕事を依頼・発注できると評判のサービスで、個人・企業ともに利用が急増しているのがクラウドワークスやランサーズなどクラウドソーシングサービスの特徴です。

ライティングやデザイン、調査・リサーチ、翻訳など幅広い仕事

クラウドソーシングサービスでは、ライティングやデザイン、調査・リサーチ、翻訳など幅広い仕事内容の募集があるのも特徴で、クラウドワークスとランサーズでは案件内容にやや違いがあるものの募集職種が幅広い点は共通です。

従来、ライティングならライターが、翻訳なら翻訳家が請け負うものでしたが、クラウドワークスやランサーズなどのサービスでは専門外でも得意な人が副業として仕事で稼ぐなど、転職せずに稼げる点がメリット。またアンケートやデータ入力など特別な知識やスキルが不要で在宅でできる副業の仕事があるのもクラウドワークスやランサーズの特徴です。

隙間時間にできる主婦や初心者向けの仕事から高い報酬のフリーランス向け案件も

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスは職種だけでなく案件難易度が幅広い点も特徴で、主婦や副業初心者が隙間時間にできる仕事から、フリーランスのエンジニアやライター向けの高額報酬案件も。

例えば在宅で働きたい主婦向けの簡単な調査やアンケート回答の仕事から、実績を増やしたいフリーランス初心者向けのライティングの仕事や、ロゴ・バナーのデザイン作成などの仕事が良い評判。またフリーランスエンジニアとして活躍中の方向けの高単価案件では、プロジェクト単位で100万円以上の高額報酬案件もあり、特にランサーズはWEB系の開発案件探しにも利用できると口コミでも良い評判です。

専門スキルがない人や副業初心者でも在宅ワークで稼げる案件が多い

今は専門スキルや知識がなくても、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスを使って実績を積み、スキルを高める方法もおすすめで、例えばライターとして仕事をしたい場合、最初は安い単価の案件で経験を積み、スキルアップも可能。

副業初心者でもクラウドワークスやランサーズのサービスで実績を積めば受注可能な案件の単価も上がり、在宅ワークだけで十分な報酬を稼げるようになったとの口コミが多い点も人気理由です。

経験豊富なITエンジニア向けのプログラミングやアプリ開発などの仕事内容も

またクラウドワークス・ランサーズともにWEBやIT案件にも強く、経験豊富なITエンジニア向けの案件募集が多い点も魅力。WEBサービス開発、プログラミング、システム構築、スマホアプリやソーシャルゲーム開発案件など、フリーランスのITエンジニアやデザイナーにも案件探しの良いツールである点がクラウドソーシングサービスの人気理由であり、おすすめ理由です。

発注・クライアント側のメリットは外注先を探す手間なく安い単価で仕事を依頼できる点

クラウドソーシングサービスは副業の仕事を探す側だけでなく、発注・クライアント側にも比較的安い単価で仕事を依頼できる点がメリット。従来は外注先を探し、複数の見積もりを比較、商談に時間や手間がかかったものが、オンラインで簡単に発注できると依頼企業側からも良い評判で人気です。

クラウドソーシングサービスの利用で高いスキルのある個人に依頼でき、企業への外注より低コストで発注可能な点がメリットで、オンラインで簡単にコンペも開催でき、多くのアイデアやデザインから選べる点もクラウドソーシングサービスの発注側のメリットです。

クラウドワークスとランサーズの違い~どちらがおすすめか徹底比較

オンラインで手軽に案件を受発注できるクラウドソーシングサービスの中で、口コミで評判の良いクラウドワークスとランサーズ。違いを徹底比較し、どちらがおすすめか解説します。まずは各サービスの運営会社の違いを紹介します。

クラウドワークスとは(運営会社:株式会社クラウドワークス/CrowdWorks, Inc.)

クラウドワークス(CrowdWorks)のロゴ)クラウドワークスは株式会社クラウドワークス(CrowdWorks, Inc.)が運営するクラウドソーシングサービスで、2012年にサービス開始。現在は国内シェア・取引数・ユーザー数No.1(2018年10月~2019年10月実績)、全国70万社が利用し、ユーザー数は300万人以上と実績、人気ともに業界トップクラスです。

クラウドワークスではデータ入力やライティング、事務代行から、高単価の業務システム開発まで200種類以上の幅広い分野の仕事が見つかり、WEBデザインから、ホームページ作成・WEBサービスの開発案件などのIT・WEB関連の仕事が多いのも特徴。

またアンケート回答や入力作業など、専門知識やスキルなしでも副業可能な初心者向け案件も多く、受注者の層が厚い点もランサーズとの違いであり、クラウドワークスの特徴。クラウドワークスで実績を積み、フリーランスとして独立する方も多く、副業で収入と経験、実績を積みたい人に登録がおすすめのクラウドソーシングサービスです。

\副業で稼ぐなら、まずクラウドワークスに登録/

クラウドワークスの無料登録は公式サイトへ

※クラウドワークスへの登録は無料で、誰でも簡単に募集中の仕事内容を確認できます。

ランサーズとは(運営会社:ランサーズ株式会社/Lancers,Inc.)

ランサーズ(Lancers)のロゴランサーズは、ランサーズ株式会社(LANCERS, INC.)が2008年から運営する業界最長の運営歴のクラウドソーシングサービス。満足度・リピート率・運用歴No.1(ランサーズ・2018年実績)、ベンチャーから大企業まで40万社以上の利用実績があるクラウドワークスに次ぐ規模の人気サービスです。

在宅可能なリモートワークや単発案件から長期の仕事など、副業にとどまらずフリーランスワーカーに満足度の高い案件が多いのがランサーズの特徴で、実績や評価を基にランク認定するシステムを導入、認定ランサーは有利に案件受注できる点も利用メリットです。

ランサーズ公式サイトの案件数は少ない一方、スキルや経験の該当者のみに公開される非公開案件が多く、実際は常時約210万件の仕事数(ランサーズ公式サイトより)。仕事の種類別の相場単価や24時間365日のサポート、福利厚生など、受注者向けのサポートも充実し、クラウドワークスと同時に登録したいクラウドソーシングサービスです。

クラウドソーシングサービスの先駆けのランサーズは、案件だけでなく安心してオンラインで働ける制度にも注力。請求書作成やクレジットカード作成、確定拠出年金など会社員並みの福利厚生も利用可能で、条件を満たせば福利厚生サービス・Lancersクラブオフも。在宅ワークで働きたいフリーランスITエンジニア、WEBデザイナーに登録がおすすめのサービスです。
\クラウドワークスと併用がおすすめ!/

ランサーズの無料登録は公式サイトへ

案件の提案・受注方法や流れの比較ではほぼ同じで違いなし

クラウドワークスとランサーズの比較で案件の提案・受注方法や流れはほぼ同じで大きな違いはありません。募集中の仕事に応募、依頼者は応募者のプロフィール情報を参考に依頼先を決め、条件がまとまれば契約成立で、案件の種類により応募段階で提案や作品提出、条件交渉が入る場合もあります。

またクラウドソーシングサービスの特徴でありメリットが、依頼者と受注者で直接報酬の受け渡しをせず、クラウドワークスやランサーズが仲介する点。案件開始時に依頼者はクラウドソーシングサービス会社に仮払いをし、案件終了時に手数料を引いた金額が受注者に支払われ、報酬の不払いが無い点が安心です。

クラウドワークス、ランサーズのどちらも案件終了後は受注者・発注者双方の評価が実績になり、評価が高いほど新規案件の応募で有利に。発注側のサイトを比較すると、ランサーズは評価の高い受注者を積極的に紹介する点が違いで、認定ランサーになれば案件獲得で優位です。

クラウドソーシングサービスを副業や隙間時間の有効活用として利用する場合、初心者でも案件を獲得しやすいクラウドワークスがおすすめですが、本格的にフリーランスとして案件の実績を積みたい場合は、長く続けるほど有利なランサーズがおすすめの点が違いです。

以下、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスで発注・依頼される仕事の形式の種類や違いを紹介します。

制作物のコンペ方式~デザイン系の仕事に多い形式

クラウドワークスやランサーズで、ロゴやキャラクターデザインなどデザイン案件で採用されることの多いコンペ方式は、制作物・作品を提出して仕事に応募する形式。審査が入るため落選の場合は作品が無駄になる反面、採用されれば高額報酬だけでなく、デザイナーとしての実績になるメリットの大きい方式です。

コンペ方式では募集概要に従って作品を制作、作品データに提案メッセージを添えて応募し、案件によっては複数作品を提出可能な場合もあります。募集期間終了後、発注側のクライアントが選考し、採用された場合は最終調整を行ってデータを納品。発注者の検収が完了すれば報酬確定です。

プロジェクト方式~案件の見積もりを作成、獲得できるかは提案内容や実績次第

クラウドワークスやランサーズのプロジェクト方式の仕事は、システム開発、スマホアプリ開発やライティングなど制作物の検収が必要な案件に採用される形式で、募集案件の依頼内容に対して見積もりを作成して提案・応募するのが一般的。案件獲得の成否は提案内容や実績次第で経験豊富なフリーランスに人気の高い方式です。

プロジェクト方式の報酬は実際の稼働時間で支払う時間単価や契約時に金額を決める固定報酬があり、固定報酬でも段階的に支払うマイルストーン払いも可能。個人で仕事を受注すると納品完了まで入金されない場合も多く、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスを使うメリットの1つです。

タスク方式~副業初心者でも可能な簡単な仕事・業務内容が多い

IT技術やデザインスキルのある方向けのコンペ方式やプロジェクト方式と比較して、特別な知識・スキルなしで在宅ワークの仕事ができるタスク方式の案件は、特に副業初心者に人気。アンケートやデータ入力、商品・サービスのレビューなど簡単な業務内容の仕事が多く、隙間時間で副業をしたい方におすすめ!

タスク方式の仕事は一般的に報酬が安い一方、クラウドソーシングサービスのWEBサイト上の入力だけで完結する仕事も多く、初心者で副業で稼ぐ方法が分からない人や、在宅ワークを探す主婦におすすめの仕事が見つかります。

クラウドワークスとランサーズの募集案件数や報酬単価の違い

どちらも登録がおすすめですが、IT、WEB、デザイン系の案件数の比較でクラウドワークスとランサーズに違いはあるでしょうか?下記比較表ではクラウドワークスが圧倒的に多く見える一方、ランサーズのWEBサイトでは非公開案件も含めて約210万件とあり、公式サイトでは見られない募集案件も多いようです。

またランサーズの非公開案件はスキルや実績が該当する受注者のみにメールで紹介される場合が多く、初心者や実績が少ない場合は募集対象外。実務未経験者や初心者の場合、まずは案件数の多いクラウドワークスで実績を増やし、経験豊富なフリーランスのITエンジニア・デザイナーなら両方のクラウドソーシングサービスの登録がおすすめです。

サービス名 クラウドワークス ランサーズ
案件数(全体) 349,851件 3,556件 ※非公開案件含まず
システム開発 9,434件 1,274件
ホームページ、WEBデザイン 10,615件 1,337件
デザイン(ロゴ、イラスト、カタログ等) 23,879件 304件

※数字は2021年9月現在。

クラウドワークスとランサーズの報酬単価を比較すると、例として企業ホームページの制作ではどちらも30万円~50万円が多く、両サイトで募集中の案件も。またランディングページ制作もどちらも同等の5万円~10万円で、システム開発、ホームページ・WEBデザイン案件は単価の違いは大きくありません

一方、クラウドワークスとランサーズで報酬単価に違いがあるのがデザイン案件。ロゴ作成では、クラウドワークスは5千円~5万円、中心価格帯が2万円程度と比較して、ランサーズは2万円~10万円、中心価格帯が5万円とやや高め。フリーランスのWEBデザイナーや高額報酬のデザイン案件を狙う方はランサーズがおすすめです。

クラウドワークスとランサーズのシステム手数料や振込手数料の違い

クラウドワークスとランサーズのシステム手数料や振込手数料を比較すると、料金体系はほぼ同じですが、振込手数料にやや違いがあります。

システム手数料の違い

サービス名 クラウドワークス ランサーズ
タスク形式 20% 設定なし
10万円以下の案件 20% 20%
10万円~20万円 10% 10%
20万円以上 5% 5%

振込手数料の違い

サービス名 クラウドワークス ランサーズ
楽天銀行 100円 110円
その他銀行 500円 550円

振込手数料は、クラウドワークスでは消費税が内税、ランサーズは外税の違いがありますが、支払いサイトはどちらも15日締月末振込と、末締め翌15日振込の月2回。サービスの口座残高が1,000円以下の場合は繰越になる点も同じです。

一方、クラウドワークスは振込日以前に出金をリクエストできるクイック出金サービス、出金のタイミングを随時出金・5万円以上・キャリーオーバーと選択可能な点が違いであり特徴。報酬の受取方法を自由に選択したい方はランサーズよりもクラウドワークスがおすすめです。

クラウドワークスとランサーズの利用者による評判や口コミの違い

続けて、クラウドワークスとランサーズの利用者による評判や口コミから、2つのクラウドソーシングサイトの違いを比較・確認します。

クラウドワークスの口コミ・評判 ランサーズの口コミ・評判
・案件数が多い
・比較的簡単なタスク方式の案件もあり、初心者や主婦・学生でも案件獲得できる
・システムが使いやすい
・フリーランスの案件探しや実績作りに使える
・魅力的な仕事内容の募集案件が多い

クラウドワークスの評判・口コミ~比較的簡単な案件が多く初心者向け

クラウドワークスは特別なスキルなしでもできる比較的簡単な仕事や、副業・フリーランス経験が少ない初心者でも獲得できる案件が多い点がおすすめと口コミで評判で、学生、主婦、副業の会社員、フリーランスと利用者が幅広い点も特徴です。

ランサーズの評判・口コミ~自分のスキルを活かして稼ぎたい人向け

ランサーズではフリーランスとして独立前の実績作りや、すでにフリーランスのエンジニアやデザイナー、ライターとして活躍中の方が営業ツールとして案件受注に利用するとの口コミの評判が多いのが特徴で、クラウドワークスと比較して自分のスキルを活かして副業報酬を稼ぎたい人向けのサービスです。

またクラウドワークスとランサーズを併用中との口コミの評判も多く、特にフリーランスで安定的に案件を確保したい場合、クラウドワークスとランサーズのどちらも登録がおすすめです!

\両方の登録・併用がおすすめ!/

クラウドワークスの無料登録は公式サイトへ

ランサーズの無料登録は公式サイトへ

※クラウドワークス・ランサーズともに登録は無料で、誰でも簡単に募集中の仕事内容を確認できます。

結論・まとめ:どちらも登録無料なので両方併用がおすすめ

以上、クラウドソーシングで人気の2つのサービス、クラウドワークスとランサーズの違いを、特徴やシステム手数料、案件数や口コミなどで比較・解説しました。クラウドワークスとランサーズの違いをまとめると以下の通りですが、どちらも無料サービスなので両方に登録して実際の案件内容を確認、併用がおすすめです。

クラウドワークスとランサーズの募集案件数や単価の比較

  • クラウドワークス…募集案件数は多いが、単価の安い案件も多い
  • ランサーズ…非公開案件が多く経験や実績があると高額報酬も

初心者や実績・スキルが少ない方は、幅広い案件から自分に参画可能な案件が見つかるクラウドワークスがおすすめ。比較して、すでにフリーランスの方や、将来のフリーランス・独立のために実績を積みたい方は、高いスキルや実績が豊富なほど案件獲得に有利なランサーズおすすめです。

またデザイナーやWEBデザイナーは、案件数の多いクラウドワークスはもちろん、高単価のデザイン案件も多いランサーズは、必ず登録したいクラウドソーシングサービスです。

クラウドワークスとランサーズのシステム手数料や出金システムの比較

  • クラウドワークス…出金タイミングを自分で指定可能
  • ランサーズ…システム手数料はクラウドワークスと比較して違いなし

クラウドワークスとランサーズのシステム手数料設定は同じで違いがなく、出金時の振込手数料もほぼ同等ですが、クラウドワークスはクイック出金や、出金タイミングを一定額以上まで繰り延べなど自分で変更可能な点がメリット。振込手数料を抑えるためまとめて出金したい人にはクラウドワークスがおすすめです。

まとめると初心者の副業探しにはクラウドワークスがおすすめですが、フリーランスのITエンジニアやWEBデザイナーが継続して案件を獲得したい場合、ランサーズの登録・併用がおすすめで、実際に両方で案件を受注、自分にとって使いやすいサービスを選ぶのがおすすめです。

副業案件でお金を稼ぐために登録がおすすめの他サービス

以上、クラウドワークスとランサーズの違いを紹介しましたが、ともに人気のクラウドソーシングサービスでユーザー数も多いため、案件受注の競争率が高い場合も。安定的に仕事を獲得、副業でお金を稼ぐには、クラウドワークスやランサーズ以外の他の副業案件紹介サービスの登録・併用もおすすめです。

Workship(ワークシップ)~エージェントの案件紹介サポートも

Workship(ワークシップ)

週1~3日勤務など副業向きの求人案件が豊富と口コミで良い評判のサービスがWorkship(ワークシップ)。大手企業の副業案件もあり、スキルアップやキャリアアップに繋がる点も人気の理由で、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスとの併用をおすすめする口コミも多くあります。

自分で案件を探し、クライアント企業に直接アプローチする点はクラウドソーシングと同じですが、エージェントに案件紹介などを相談可能なサービスも提供している点がクラウドワークスやランサーズとの違い。フリーランスのエンジニアやデザイナーはもちろん、マーケティングやライティングの副業も豊富で、高額報酬の副業案件を探す方に登録がおすすめのサービスです。

\副業で稼ぐならこちらも登録がおすすめ!/

Workship(ワークシップ)の特徴や評判・口コミのまとめ

クラウドテック~クラウドワークスのエージェントサービス

クラウドテック

クラウドテックは、クラウドワークスを運営する株式会社クラウドワークスによる、ITエンジニア・WEBデザイナー向けのフリーランスエージェントサービス。リモートワークや週3~4日稼働など副業向けの案件が豊富な点が特徴です。

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングとの違いは、求人紹介や企業との面談調整・条件交渉を代行するエージェントサービスの有無。自分のスキルでどんな副業案件が可能か、副業のプロに相談したい場合のおすすめはクラウドワークスやランサーズよりもクラウドテック。

フリーランスのエンジニアやデザイナーの方は、同じIDでアカウントを作成可能なクラウドワークスとクラウドテックの両方への登録がおすすめです!

\フリーランスのエンジニア・デザイナー向け!/

クラウドテックの評判・口コミ~クラウドワークスとの違い

他のおすすめフリーランスエージェント情報は、別記事「フリーランスエージェントのおすすめ徹底比較」をご確認ください!