AIプログラミングとは~AIプログラマーになるには?

AIプログラミングとは

スマホの音声アシスト、画像認識、各種ロボットなど、人工知能(AI)技術を利用したサービスが増えつつある今、時代は機械学習や深層学習(ディープラーニング)、ビックデータの普及などAIの実用化が進む「第3次AIブーム」。今後もさらに広い分野、各業界でAI技術の活用が見込まれ、その開発を担う人材・AIプログラマーの需要はますます高まると考えられます。

このページではAIのプログラミング開発で求められるAIプログラマーになるには何が必要か、エンジニアに求められるITスキルや知識について徹底解説します。

AI(人工知能)プログラミングとは?

人工知能(Artificial Intelligence / AI)とは認識、思考、学習など、人間に近い知能を再現するコンピューター・システム。機械学習モデルの構築や、AIプログラムの修正など、AI開発に携わる業務ではプログラミングスキルが必要ですが、数学的処理も必要なAI分野で使用されるプログラミング言語は何でしょうか?

AIプログラミング主に使用される言語はPython

AI開発で使用される主なプログラミング言語はPython、Java、CやC++、R言語などがありますが、人工知能分野で最も使われているのがPythonです。

Pythonは数値計算、科学技術計算に強いオープンソースのプログラミング言語で、コードの読みやすさや書きやすさを重視して設計された言語。どのプログラマーが書いても同じようなコードとなり、開発しやすい点がメリット。

機械学習や深層学習(ディープラーニング)では、エンジニア以外にプログラミング経験が少ない数学の専門家がAI開発に携わることも多いため、シンプルで未経験者でも学習しやすいPythonがAI開発で人気となったとも言われます。

加えてPythonには、数学関連、画像・音声・動画処理、自然言語処理、WEB開発やデータベースなど各分野で利用できる「ライブラリ」(コードをまとめたプログラム)が多数公開されています。また開発に役立つフレームワークも多く、AIプログラミングで活用されています。

Pythonでは、高度な数値計算処理が必要な機械学習や深層学習用のライブラリやフレームワークも充実しており、プログラマーは複雑なコードを一から書かずに、高いレベルの処理ができるシステムを効率良く構築できます。これがAIプログラミングでPythonが重用されている最大の理由です。

AIプログラミングは機械学習やビッグデータ分析に必要

ビッグデータを収集し、機械学習や統計学を用いたデータの分析結果から課題解決の提案などを行うデータサイエンス分野では、データ収集環境の構築や分析にプログラミング作業が必要で、その業務にもPythonが活用されます。

具体的にAI開発やデータ分析で利用されるPythonのライブラリの一例を挙げると、機械学習ライブラリではscikit-learnやgenismが代表的。データ分析では数値計算を行うNumPy、データ分析の前処理で活用されるPandas、データをグラフで可視化するmatplotlibなどがよく使われ、AIエンジニア・プログラマーになるためには、このようなライブラリの学習・使用経験が重要です。

AIプログラマーとはどんな仕事?~具体的な求人内容や年収

機械学習に関わるAIプログラマー・AIエンジニアの業務としては、Pythonなどのプログラミング言語を用いてAIのシステム開発や実装、数学的理論に基づいたビッグデータの分析、人工知能が学習しやすいデータを与えAIに処理・学習させることなどが挙げられます。

このようなAIプログラマー業務で、具体的な仕事内容や企業の求人内容、就職・転職時にどんな技術やスキルが求められるか、またAIプログラマーの収入・年収はどれくらいかを解説します。

企業が求める人材は、機械学習やデータ分析の知識があるプログラマー

AIプログラマー関連の求人では、AIエンジニア・機械学習エンジニア・データサイエンティスト・データエンジニアなど呼び方の違う職種がありますが、システムの設計・実装などAIモデルのプログラミング開発や、機械学習・深層学習用のデータセット作成が主の職種と、データ分析、課題解決やプログラムの改善の提案を行う職種に分けられます。

実際にWEBサイトで人工知能・AI関連の求人情報を見ると、どの職種・仕事内容でも求められるのはプログラミングスキル。特にPythonが使える技術は必須で、機械学習のライブラリやフレームワークの経験も問われます。またPythonと合わせてR言語、Java、C++などプログラミング言語の知識を持つ人材を求める会社も目に付きます。

プログラミングの他、大量データの分析経験や機械学習、深層学習の理解、モデル構築や実装経験を持つエンジニアを求める求人も多く、また仕事内容によってはデータベースの知識、Linux・UNIX上でのシステム開発経験、統計など数学知識や数理的・論理的思考力など、専門知識や技術を持つ人材を求める企業も。

AIプログラマーやAIエンジニアになるには、Pythonなどのプログラミングスキルに加え、数学知識やAI関連の実務経験などプラスアルファのスキルやアピールポイントがあると就職・転職活動がスムーズに進みそうです。

AIプログラマーはIT業界の他のエンジニアと比較して需要・年収が高い

人材需要が高く、また高いレベルのスキルが必要とされるAIプログラマーですが、IT業界の他のエンジニアと比較して平均年収が高い点は魅力の1つ。

ITエンジニア対象の日経xTECHの調査「開発言語別・技術者年収ランキング」(2019年11月)では、AI開発の標準言語・Pythonを使うエンジニアの平均年収は608万円で上位。全業種の平均年収約430万円(国税庁・民間給与実態統計調査)と比較しても、Pythonエンジニアの年収は高額と言えます。

日経XTECH年収調査

人材不足のITエンジニアの中でも、Pythonが使えるAIプログラマーは少なく人材価値が高いのが現状。特に開発難易度が高く専門知識や技術が必要とされる人工知能・機械学習分野の求人で、Pythonプログラマーに高額年収が提示されるようです。

AIプログラマーになるには?~必要なスキルやおすすめの転職方法

ではAIエンジニア・プログラマーになるには、具体的にどうすれば良いでしょうか?必要なスキルや、就職・転職でおすすめの方法を以下で紹介します。

プログラミングスクールなどでPython・ライブラリのスキル習得が必要

AIプログラマーになるには、人工知能の機械学習やデータ分析で使われるPythonのプログラミングスキルは必須で、まずは無料のプログラミング学習サイトやプログラミングスクールを利用、Pythonプログラミングのスキル習得がおすすめ。

AI開発では機械学習で使われるPythonのライブラリ(scikit-learn、Pandas、genismなど)やディープラーニング向けのフレームワーク(TensorFlowなど)の知識も求められ、AIプログラマーになるにはこれらの学習も必要です。

AIプログラミングの環境構築用のライブラリやツールがパッケージとなったPythonディストリビューションのAnaconda、機械学習でよく使われるPython対応のツールJupyter Notebookに慣れておくこともおすすめで、またPythonに加えJavaやJC言語、データサイエンスで使用されるR言語も習得すれば人工知能分野でエンジニアとしての転職機会が広がります。

機械学習などAI開発で必要な専門技術を理解する

必須のPythonプログラミングのほか、AIプログラマー・AIエンジニアに必要とされる専門技術や知識は以下の通りです。

機械学習・深層学習(ディープラーニング)の専門知識

現在のAIプログラミング・AI開発で欠かせないのは機械学習や深層学習(ディープラーニング)の知識。使用する学習モデルや学習に用いるデータの選定などの専門知識が必要です。

データ解析技術、データベース設計の経験や知識

人工知能を活用するビッグデータ解析では、データ収集・データ準備・データ解析方法に関する技術的知識や、データベース設計、MySQL・NoSQLなどのデータベース管理システムの運用技術も実務経験として身につけておくと良いでしょう。

線形代数、微分、統計・確率の数学的知識

AIプログラミングは線形代数、微分、統計確率の知識を前提とした技術で、AI開発のアルゴリズム設計や、AIにどのようなデータを与えるかの判断に、数学的知識を求める会社もあります。

転職エージェントで未経験OKのAIエンジニア求人情報を探す

Pythonのプログラミングスキルが習得できれば、次はAIプログラマーとしての転職先探し。プログラミングスクールなどでプログラミング未経験からPythonの習得も可能ですが、転職時は実務未経験の状態。効率よく転職活動を進める方法として、未経験OKのAIエンジニア求人情報を多く持つ転職エージェントの利用がおすすめです。

人材不足のAIエンジニア転職では、未経験OKでポテンシャル重視の求人もあり、採用後の社内研修などでAIエンジニアとして育成してくれる企業もあります。大手転職エージェントはそのような求人案件も保有、希望条件が合えばエージェントから紹介してもらえます。

またAIエンジニアの主な就職先はIT業界の企業が中心ですが、メーカー、エンターテインメント、不動産などIT業界以外の企業でもAIプログラマーの人材需要があります。その点でも各業界企業と繋がりがあり、求人案件数の多い大手転職エージェントや、AI領域に強いITエンジニア専門転職エージェントの登録・活用がおすすめです。

転職エージェントは業界知識や転職サポート経験が豊富で、未経験者でもAIプログラマーとしての転職成功を目指すアドバイスがもらえ、全てのサービスを無料で利用できます。

カウンセリングや面接対策などサポート充実のリクルートエージェント

リクルートエージェントのおすすめ理由

リクルートエージェントは求人情報数、転職支援実績ともに業界トップクラスの総合転職エージェント。日本全国で多岐にわたる業種・職種の求人案件を保有、ITエンジニアやプログラマーの求人も豊富です。ITエンジニア専門転職エージェントにも劣らず、AIプログラマーを含むIT関連の転職にも強いと評判です。

実際にリクルートエージェントのWEBサイトで求人情報を見てみると、実務未経験OKのAIエンジニアの求人を複数確認できます(2020年4月現在)。

リクルートエージェントでは、豊富な転職ノウハウを活かした就職・転職サポートを無料で受けられる点もおすすめ。カウンセリングではキャリアアドバイザーがキャリアプランを提案、AIエンジニア転職の相談も可能です。

受講者の満足度が高く評判の面接力向上セミナーや、大手企業などで採用を長年経験した担当者の模擬面接も提供、書類選考通過の可能性を高める応募書類の添削も無料対応。経験豊富なキャリアアドバイザーが、AIエンジニアとしての自己PR方法などもアドバイスしてくれるなど、リクルートエージェントは充実のキャリアサポートが評判です。

未経験求人も多い点がおすすめ!リクルートエージェントの口コミ・評判

転職支援のあるAIプログラミングスクールを選ぶ方法もおすすめ

また未経験からのAIエンジニア転職の方法としては、プログラミングスクールでのPythonやAI関連コースの受講もおすすめ。独学でのプログラミング学習は理解に時間がかかったり、特にプログラマー未経験者は挫折するケースも多いため、確実にAIプログラマーになるにはスクールの受講がおすすめの方法です。

当サイトおすすめのプログラミングスクールではAIの専門家や現役エンジニア、データサイエンティストがメンターとなり受講生を指導、実務レベルのスキルが身につくのが特徴。AIプログラマー転職を考慮した実践的なカリキュラムや教材などの充実した学習環境もメリットで、中でもおすすめがメンターに就職・転職相談が可能なプログラミングスクールや、卒業生に就職・転職支援サービスを無料提供するプログラミングスクール。

これらのスクールを選べばAIプログラマーとしての実務が未経験でも転職成功の可能性が高まります。プログラミングスクールを選ぶ際には、AIエンジニア求人の紹介や、転職サポートがあるかどうか、事前に調べておきましょう。

AIプログラミング特化!Aidemy(アイデミー)Premium Planがおすすめ

Aidemy Premium Plan(アイデミープレミアムプラン)

Aidemy(アイデミー)はPythonを使った人工知能(AI)開発に特化した日本で数少ないオンラインのプログラミングスクール。AIプログラマーとしての転職・就職を視野に本気でAI・Pythonを学びたい人におすすめです。

Aidemyでは人工知能が学べる20種類以上の有料コースがすべて受け放題のAidemy Premium Plan(アイデミープレミアムプラン)を提供、Pythonプログラミング未経験者でも最短3ヶ月で、機械学習やディープラーニングを用いたWEBサービス・AIアプリ開発やデータ分析を実装レベルで実践的に学べます。

特におすすめが学習目的別に分かれた「AIアプリ開発コース」「データ解析コース」「自然言語処理コース」などのパッケージ受講。コースを自分でカスタマイズするオーダーメイド受講も可能です。

Aidemy Premium Planはオンライン受講型のAIプログラミング学習サービスですが、AI・Pythonプログラミングに精通したメンターによるビデオチャットでのメンタリング(週2回)や、24時間以内に必ず回答があるチャットでの学習サポート、添削課題のコードレビューなどが充実。またメンターにAIエンジニアとしての転職相談もでき、学習から就職・転職までの幅広いサポートが魅力です。

AI・Pythonプログラミングにおすすめ!アイデミープレミアムプラン(Aidemy Premium Plan)

プログラミングスクールの転職保証コースを経て、まずITエンジニアの経験・キャリアを積む

AIエンジニア転職では未経験でも採用可能な求人はある一方、プログラミング実務経験がある方が人材価値は高く、断然需要も高まります。実際、WEBサイトの求人情報を見ると、AIプログラマー求人ではPython以外にJavaやSQLなどのプログラミングスキルやエンジニア経験を問う会社が少なくありません。

多少遠回りでも確実にAIプログラマーになるには、まず他の言語でITエンジニア・プログラマーとしての経験・キャリアを積み、その後にAIエンジニア転職にチャレンジする方法もおすすめです。

未経験の場合は、プログラミングスクールの転職保証コースでJavaなどのプログラミング言語を学び、未経験でも転職しやすいプログラマーやSEを目指し、エンジニアとしての経験・キャリアを積みましょう。プログラミングスクールの転職保証コースは実質無料で受講できたり、転職支援や求人情報の紹介があり、将来AIエンジニアを目指す場合におすすめの方法の1つです。