30代のIT転職成功事例集~未経験からエンジニアになるには?

30代未経験からのITエンジニア転職成功事例集

「今の仕事をいつまで続けられるか不安」「手に職が欲しい」などの理由で、30代から未経験でもIT業界転職やエンジニア転職に挑戦する方が増えており、実際に転職に成功、ITエンジニアとして新しいキャリアを始めている方もいます。

今回、当サイト・IT転職でイイミライが30代・未経験からのITエンジニア転職について調査したところ、日本国内のITエンジニア不足や、プログラミングスクールなどの学習環境の増加を背景に、30代・未経験でも十分ITエンジニア転職に成功可能な状況と分かりました。

このページでは、当サイトが30代・未経験からITエンジニア転職に成功された方にインタビュー、成功事例集として紹介するとともに、30代のプログラミング・IT業界実務の未経験者がエンジニアになる方法を紹介します。

成功事例①:30代で広告営業からIT業界のWEBエンジニアに転職

最初に当サイト・IT転職でイイミライ編集部がインタビューしたAさんは、約10年間の求人広告営業としてのキャリアの後、30代・未経験から自社開発企業のWEBエンジニアとして転職に成功。どのようにAさんがITエンジニア転職を成功させたか、以下で紹介します。

30代、実務未経験からITエンジニア転職を目指した理由

大学は理系の情報系学部でC言語のプログラミングを学んでいましたが、社会人ではビジネスを学びたいと考え、新卒で求人広告代理店に入社。以来、10年以上、営業としてのキャリアがあるのですが、やはりモノづくりの方が自分には楽しいのではと思い、プログラミングの世界に戻ることを決意しました。

プログラミングの基礎知識はあったものの、ITエンジニアの仕事内容は詳しく分からず、30代・実務未経験でどこまで通用するかは不安でした。また地方在住で、ITエンジニアになるなら東京でないと仕事がないだろうと思っていました。引っ越し、初めての東京生活を含め、チャレンジできるのは30代になったばかりの今しかないと思って決断しました。

テックキャンプ・エンジニア転職を選んだ理由

テックキャンプ・エンジニア転職(旧テックエキスパート)
Aさんが利用したテックキャンプ・エンジニア転職

プログラミングスクール・テックキャンプの広告の「10週間でエンジニアになれる」というフレーズに惹かれ、受講を決めました。30代なのであまり時間をかけたくないと考え、ITエンジニアとして就職できるか、短期間でハッキリさせたかった自分にピッタリのスクールでした。

テックキャンプはオンライン受講ができるほか東京以外にも校舎があったのですが、卒業後のITエンジニア就職を考えたら東京が有利と考え、引っ越ししてテックキャンプに入学しました。

テックキャンプではRubyを1から学習、平日は教室で学習、週末は自宅で復習という毎日でしたが、学生時代にプログラミングを学んだ時よりも圧倒的に早く効率的にプログラミングを学べたという実感があります。カリキュラムやメンターさんの存在が大きく、お金を出して通った分、受講期間中は濃密な時間を過ごせました。

またテックキャンプでは最初に座学で学び、個人のWEBアプリ開発で学んだ知識を復習、さらに同期受講生とのチーム開発で自分の知識やスキルを応用するという進め方で、学習内容の定着が早いと感じました。

ITエンジニアとしての転職活動でやったことや結果は?

転職活動の初めに職務経歴書を作成するのですが、自分の場合はテックキャンプのキャリアアドバイザーに添削してもらえたのが良かったです。社会人経験はあるもののエンジニアとしての開発実務は未経験で、ITエンジニアを採用する企業の人事がどんな点を見るのか漠然としていましたが、キャリアアドバイザーのアドバイスで明確になり、応募書類の質を高めたのが最初にやったことで、その後の成功要因になりました。

転職活動中は、テックキャンプ経由の企業の紹介や応募のほか、自分でも複数の転職エージェントに登録・応募しましたが、応募書類の質が上がったおかげで、書類選考の通過率が高かったと感じます。最終的に自社でWEBサービスを開発する企業1社と受託開発のIT企業1社から内定を得られました。

結果、10週間の受講と1ヶ月半の転職活動で、前職の退職から4ヶ月で30代・未経験からのITエンジニア転職を実現できたので、テックキャンプを選んで良かったと思います。

30代、未経験からのITエンジニア転職を実現する方法とは?

自分も含めて同期の受講生には30代の未経験者が多く、全員が何らかの形でITエンジニア転職に成功、現在ITエンジニアとして働いてます。ネットの口コミなどで「30代・未経験でITエンジニア転職なんて甘い!」との厳しい言葉もありますが、もちろん簡単でないものの、終わってみると十分現実的な選択肢だと思います。

良いスクールに入り、良いカリキュラムやサポートの下で、スキルを習得すれば採用してくれるIT・WEB系企業はありそうです。なので、30代・未経験のITエンジニア転職で重要なのはチャレンジすると決めること、成功すると信じて本気で学習することではないでしょうか?

Aさんが転職に成功した「テックキャンプ・エンジニア転職」の評判・おすすめ理由を徹底解説!

成功事例②:30代で転職を決意!未経験からJavaエンジニアへ

続いて当サイト・IT転職でイイミライ編集部がインタビューしたBさん。未経験からプログラミングを独学で学び、金融業界からIT業界への転職に成功しました。Bさんの転職成功事例を以下で紹介します。

30代で金融業界から未経験のIT転職を目指した理由

新卒で地方の金融機関に就職、約10年間、金融業界で働きました。地元では比較的安定した仕事で、人から羨ましがられることもある会社ですが、仕事は単調で、続けていればそれなりの収入はある一方、このままのキャリアで良いのかという疑問が常に自分にありました。

30代になって子供もでき、家族との時間も大切だと思い始め、在宅の仕事や、週3日~4日の勤務で現在と同程度の収入を得られる仕事はないかと考え、ITエンジニアへの転職に行き着きました。

未経験からの転職活動でやったことは?

いま考えると甘い考えですが、無料の学習サイト・progateでプログラミングを学習し、自分でWEBサイトを作れるようになった段階で転職サイトや転職エージェントに登録を始めました。当然、企業からのオファーはほぼ無く、応募しても書類選考で全滅。ただ並行してプログラミング学習は進め、自分でポートフォリオ用のWEBサイトの作成を行ってました。

その段階で転職エージェント(マイナビエージェントIT)経由でSES企業からオファーがあり、選考を進めるうちにトントン拍子で内定が決まりました。ただし実務未経験の上にプログラミングスクールに通った経験も無かったため、内定から入社までの1ヶ月間に、Javaのプログラミングをスクールで事前に勉強するのが採用の条件でした。

プログラミングスクール・侍エンジニア塾を選んだ理由

侍エンジニア塾
Bさんが利用したプログラミングスクール・侍エンジニア塾

内定先の会社からおすすめされたのが一番の理由ですが、侍エンジニア塾というプログラミングスクールに通いました。マンツーマンレッスンで学べるスクールで、内定先からはJavaサーブレットについて学び、JSPでカスタマー向けのWEBサイトを自作するという課題が与えられました。

progateで基礎は学習したものの、実践のプログラミングは分からない点も多く、侍エンジニア塾のメンターにかなり助けられました。独学で勉強した気になってましたが、そのままエンジニアの現場に出てたら本当に悲惨でした…

この1ヶ月のプログラミング学習期間のおかげでJavaエンジニアとしての仕事のイメージがつき、基礎が身についたと感じます。その後、無事にSES企業に入社、Java案件にアサインされ、ITエンジニアとしてキャリアを開始できました。

30代、未経験からのITエンジニア転職を実現する方法とは?

私の場合は順番が前後しましたが、転職活動前にしっかりプログラミングスクールで学習することが、エンジニア転職成功で最短の方法だと思います。独学ではなく、メンターとプログラミングについて会話することで、ITエンジニアとしての仕事をイメージでき、転職活動も上手く進むと思います。

ただ自分のような30代、未経験でもオファーが来るほど、ITエンジニアの求人は豊富。仕事を選ばなければ30代・未経験でもITエンジニアに転職できる人は多いのでは?と思います。自分も今の選択肢はSES企業のみですが、実務経験を積んで自社開発企業や社内SEを目指し、その後は在宅で働けるフルスタックエンジニアを目指そうと、金融機関勤務の頃よりもキャリアの夢が広がってます

Bさんが利用したプログラミングスクール「侍エンジニア塾」の評判・おすすめ理由を徹底解説!

成功事例③:販売員が30歳を過ぎてからプログラミング学習を開始

30歳を過ぎてからプログラミング学習を始め、半年でITエンジニア転職に成功したCさんは元販売員。完全にIT業界未経験のキャリアからどのように転職活動を進めたのでしょうか?当サイト・IT転職でイイミライ編集部がインタビューしました。

30歳を過ぎてからITエンジニア転職を目指した理由

これからの世の中、ITスキルが無いままで良いのかと気になっていて、ある日、やらないで後悔するよりはやってダメなら諦められると思ったのがきっかけでした。30歳を過ぎ、結婚もしていたのですが、家族も転職を応援してくれるとのことで決断できました。

さすがに販売の仕事を続けながらのプログラミング学習は時間的に難しく、退職して逃げ場を無くし、プログラミング習得に集中しました。ただ会社の有給を使い切って失業保険を受給し始めた頃は、ITエンジニアとして転職できなかったらどうしようと不安でした…。

テックブーストを選んだ理由

tech boost(テックブースト)
Cさんが利用したtech boost(テックブースト)

東京都内在住で教室でもオンラインでも学べるのが決め手でした。初めてのプログラミング学習で、オンラインだけで全て自分でできるか自信が無く、渋谷に教室のあるテックブーストを選びましたが、結果的に教室のあるプログラミングスクールを選んで正解でした。他の受講生の頑張る姿でやる気が出たり、自分も頑張ろうという気持ちになれたのが良かった理由です。

もちろんメンターに直接質問できるのもメリットで、プログラムのエラーをなかなか自分で解決できず、メンターにかなり助けられました。独学では途中で挫折していたと思います。メンタリングでも毎回アドバイスや励ましがあり、おかげで学習やITエンジニア転職に向けたのモチベーションを維持できました。

転職活動でやったことは?

プログラミングスクールのキャリアカウンセリングも受けつつ進めましたが、まずWantedlyのプロフィール登録など、複数の転職サイトや転職エージェントに登録しました。書類選考は50社くらい、ほとんど落ちて面接に進めたのは5社のみ。ただそこから2社の内定(自社開発1社、受託開発1社)が決まりました。

どちらも30代、実務未経験者の採用実績があり、入社前後の研修も用意されている安心できる会社でした。最終的に、やはり自分のサービスと呼べるものを作りたく自社開発企業を自分のITエンジニアとしてのキャリアの1社目に選びました。

30代、未経験からのITエンジニア転職を実現する方法とは?

前職を退職後、1日7~8時間はプログラミングを勉強しました。ITエンジニアになるための勉強は、時間をかけた分だけ書けるコードが増えたり、知識が増えます。時間をかけた分の努力は絶対に裏切らないので、本気でスキル習得と向き合うことが転職成功に必要だと思います。

あとエンジニア転職を目指してプログラミングスクールに通ったのは正解でした。独学のプログラミング学習は挫折率が高いと聞きますが、本当だと思います。自分もプログラミングスクールのメンターさんの励ましがなければ、挫折してました。

一方でプログラミングスクールの勉強だけに頼らないことも重要です。スクールの勉強はWEBアプリのプログラミング中心なので、サーバー構築やインフラは別途独学(paiza、udemyなど)で学びました。転職活動では、その独学で学ぶ姿勢も評価されたと思います。エンジニア転職後も、絶えずスキルアップのための学習が必要だと聞いていたので。

Twitterなどで同じ30代・未経験からITエンジニア転職に成功した人を口コミを見て、必ず自分も成功できると言い聞かせて活動しました。こんな私でもITエンジニアになれたので、誰にでもチャンスはあるはずです!

Cさんが転職に成功した「テックブースト(tech boost)」の評判・おすすめ理由を徹底解説!

まとめ:30代・未経験からのITエンジニア転職の成功方法

以上が当サイト・IT転職でイイミライ編集部がインタビューした、3名の30代・未経験からの転職成功事例でした。これら3名の共通点や他の調査結果も踏まえ、30代・未経験からのITエンジニア転職の成功に必要な方法をまとめとして紹介します。

未経験者向けの転職サポートが十分なプログラミングスクールを利用

今回紹介した30代の未経験者は、転職サポートが十分なプログラミングスクールを利用してエンジニア転職を実現されました。30代・未経験からのIT転職の成功におすすめの方法の1つがプログラミングスクールの利用であり、かつ未経験者向けの転職サポートの内容でスクールを選ぶのがおすすめです。

短期間でエンジニア・プログラマー転職に必要なシステム開発スキルを習得

30代の転職者へのインタビューでの共通点が「あまり時間をかけたくなかった」との声。独学でプログラミングを学ぶのと比較して、プログラミングスクールには短期間で効率的にシステム開発スキルを習得できるカリキュラムがある上、未経験者を積極的に採用する企業の情報や面接対策などのサポートも十分。

30代・未経験者のIT転職成功実績が豊富で、未経験者を積極的に採用する企業と繋がりのあるスクールを選ぶことが、短時間で確実なITエンジニアやプログラマーとしての転職におすすめの方法です。

まずITエンジニアとしてキャリアを開始、開発業務経験を積む

また30代で未経験からIT転職を実現した方の共通点が、「転職の希望条件にこだわりすぎず、エンジニアとしてキャリアを開始することを重視」していた点。会社の事業内容や年収など、できれば希望に合う仕事が良いものの、こだわりすぎると転職活動が進みづらくなります。

30代でIT転職に成功された方は、「まず現場に出て、開発業務経験を積むのが重要」と考えて転職先を決めており、まずはITエンジニアになることを最優先に考えることがおすすめです。

1年以上勤務すれば、希望の企業・年収での転職可能性が上がる

と言うのも、採用された企業でエンジニアやプログラマーとして1年以上勤務すれば、転職市場では未経験者でなくなります。つまり開発業務経験を積んだ1年後には、希望の企業や希望の年収などで転職できる可能性が今より上がるのです。

先々のキャリアを考え、まずはITエンジニアとして現場で仕事をすることを最優先にすれば、30代・未経験者でも自然と転職成功の可能性が高まります。

未経験歓迎求人の多い、大手IT転職エージェントを利用する方法も

もちろんプログラミングスクールなどを利用せず、未経験歓迎の求人募集を見つけて自分で応募する方法もあります。この場合は、リクルートエージェントレバテックキャリアなどIT業界に強い大手の転職エージェントの利用がおすすめで、未経験歓迎のエンジニア求人が多く、30代・未経験者向けのサポートやノウハウが充実している場合もあります。

未経験OKとは言え、30代であれば事前に資格取得などがおすすめ

とは言え、大手のIT転職エージェントを利用しても30代・未経験のITエンジニア転職は簡単ではありません。未経験OKの求人でも、他の応募者に経験者がいれば採用されない可能性も高いからです。このため、30代で実務経験はなくても事前にエンジニア関連の資格取得やそのための勉強などの準備がおすすめです。

例えば、システムエンジニアやプログラマーなどの職種を目指す場合、おすすめの資格試験は基本情報技術者試験。またプロジェクトマネージャー試験、システムアーキテクト試験、ベンダー資格であるオラクルマスターやCCNAなどの資格取得も有効です。

ただし独学での勉強には時間がかかるという場合、やはりプログラミングスクールを利用する方法がおすすめです。いずれにせよ、30代・未経験でもIT転職に成功している方は多く、無理と諦める必要は絶対にありません。成功可能性の高い方法を選べば、短期間でエンジニアやプログラマーになれるはずです!